メインメニューを開く

第30回ベルリン国際映画祭は、1980年2月18日から同年2月29日まで開催された。

目次

概要編集

1980年からベルリン国際映画祭のディレクターとなったモーリッツ・デ・ハデルン英語版にとって最初の年は難しいものとなった。ソ連のアフガン侵攻を受けて西側諸国はモスクワオリンピックへの不参加を考慮している最中であり、反対にソ連や他の社会主義国は去年に続いて映画祭に参加しないのではないかとの見方もあったが、運営人の尽力によって最終的には社会主義国も参加することとなった。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。

題名
原題
監督 製作国
コンフィデンス/信頼
Bizalom
イシュトヴァン・サボー   ハンガリー
マイ・ワンダフル・ライフ
Chiedo asilo
マルコ・フェレーリ   イタリア  フランス
Der Preis fürs Überleben (The Price of Survival) Hans Noever   西ドイツ  フランス
ドイツ・青ざめた母
Deutschland bleiche Mutter
ヘルマ・サンダース=ブラームス   西ドイツ
ザ・コンダクター
Dyrygent
アンジェイ・ワイダ   ポーランド
Düsman ゼキ・ウクテン   トルコ
El Crimen de Cuenca ピラール・ミロ   スペイン
Heartland リチャード・ピアース   アメリカ合衆国
北の果てのバラード
Korpinpolska
マルック・レヘムスカッリオ   フィンランド  スウェーデン
SFデス・ブロードキャスト
La mort en direct
ベルトラン・タヴェルニエ   フランス  西ドイツ  イギリス
La Viuda de Montiel ミゲル・リッティン   メキシコ  コロンビア
  キューバ  ベネズエラ
二人の女
Le voyage en douce
ミシェル・ドヴィル   フランス
Les bons débarras フランシス・マンキーウィッツ   カナダ
Marigolds in August ロス・デヴィニッシュ   南アフリカ共和国
Marmeladupproret (Marmalade Revolution) エルランド・ヨセフソン   スウェーデン
モスクワは涙を信じない
Москва слезам не верит
ウラジーミル・メニショフ   ソビエト連邦
Palermo oder Wolfsburg ヴェルナー・シュレーター   西ドイツ
ルードボーイ
Rude Boy
デイヴィッド・ミンゲイ
ジャック・ハザン
  イギリス
ソロシンガー
Solo Sunny
コンラート・ヴォルフ
ヴォルフガング・コールハーゼ
  東ドイツ
Transit ダニエル・ヴァクスマン
ダニエル・ホロヴィッツ
  イスラエル

審査員編集

外部リンク編集