第30回全国高等学校野球選手権大会

第30回全国高等学校野球選手権大会(だい30かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1948年8月13日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

日本の旗 第30回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1948年8月13日 - 8月20日
出場校 23校
参加校数 1,256校
優勝校 小倉福岡、2年連続2回目)
試合数 22試合
選手宣誓 石川喜一郎(石巻
大会本塁打 4本塁打
 < 19471949 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

概要編集

学制改革により旧制中等学校新制高等学校となったことに合わせ、この大会より名称が「優勝野球大会」から「野球選手権大会」に改められた。また、これを記念した全国公募による新しい大会歌「栄冠は君に輝く」(作詞・加賀大介、作曲・古関裕而)が制定されている。

なお、今大会より地方大会の区分が変更されている(後述)[1]

今大会では前年の第29回大会で優勝した福岡県小倉中学校が学制改革により福岡県立小倉高等学校と名前を変え、史上5例目となる大会連覇を達成。のちに野球殿堂入りを果たす福嶋一雄が5試合をすべて完封し、優勝の立役者となった。福嶋の打ち立てた5試合45イニング連続無失点記録は戦前(1939年)の海草中嶋清一による記録と並ぶ大会記録となっている[2]

代表校編集

今大会では地方大会の区分が変更されている。四国が南北に分割されたほか、中国もそれまでの山陽・山陰から東西へ変更。さらに神奈川が南関東、愛知が東海、福岡が北九州からそれぞれ独立している[1]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 函館工 北海道 2年連続2回目
奥羽 青森 青森 9年ぶり2回目
東北 石巻 宮城 初出場
北関東 前橋 群馬 20年ぶり4回目
南関東 成田 千葉 3年連続3回目
東京 慶応 東京 2年連続12回目
神奈川 浅野 神奈川 10年ぶり3回目
山静 静岡一 静岡 16年ぶり8回目
愛知 享栄商 愛知 14年ぶり2回目
三岐 岐阜一 岐阜 初出場
信越 穂高農 長野 初出場
北陸 金沢一 石川 24年ぶり2回目
京津 西京商 京都 27年ぶり3回目
大阪 天王寺 大阪 初出場
兵庫 芦屋 兵庫 2年ぶり2回目
紀和 桐蔭 和歌山 2年ぶり18回目
東中国 関西 岡山 初出場
西中国 柳井 山口 22年ぶり3回目
北四国 丸亀 香川 初出場
南四国 高知商 高知 初出場
福岡 小倉 福岡 3年連続4回目
西九州 鹿島一 佐賀 初出場
東九州 大分二 大分 8年ぶり6回目

試合結果編集

1回戦編集

  • 関西 9 - 5 石巻
  • 桐蔭 6 - 4 芦屋
  • 西京商 12 - 5 金沢一
  • 小倉 1 - 0 丸亀
  • 函館工 5 - 3 前橋
  • 享栄商 2x - 1 浅野
  • 静岡一 6 - 3 成田

2回戦編集

  • 高知商 8 - 4 柳井
  • 西京商 10 - 0 慶応
  • 関西 4 - 2 天王寺
  • 桐蔭 5 - 2 青森
  • 小倉 12 - 0 大分二
  • 函館工 4 - 2 穂高農
  • 享栄商 11 - 0 鹿島一
  • 岐阜一 3 - 1 静岡一

準々決勝編集

  • 小倉 2 - 0 関西
  • 桐蔭 6 - 0 函館工
  • 岐阜一 8 - 6 高知商
  • 西京商 5 - 0 享栄商

準決勝編集

  • 小倉 4 - 0 岐阜一
  • 桐蔭 1 - 0 西京商

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
桐蔭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
小倉 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 3 0
  1. (桐) : 西村 - 広谷
  2. (小) : 福嶋 -
  3. 審判:球審…高瀬、塁審…伊達・牧野・布谷

大会本塁打編集

  • 第1号:沖田信雄(金沢一)
  • 第2号:佐藤巻一(函館工)
  • 第3号:種田吉富(西京商)
  • 第4号:西村修(桐蔭)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 第30回全国高校野球選手権大会”. バーチャル高校野球. 2019年11月29日閲覧。
  2. ^ 小倉高校野球部の歴史~甲子園球児が土を持ち帰るきっかけにも関係!?”. SPAIA (2017年3月29日). 2019年11月29日閲覧。

外部リンク編集