メインメニューを開く

第31回日本レコード大賞(だい31かいにほんレコードたいしょう)は、1989年平成元年)12月31日日本武道館で行われた、31回目の『日本レコード大賞』である。

第31回日本レコード大賞
受賞対象 音楽
開催日 1989年12月31日 (1989-12-31)
会場 日本武道館
日本の旗 日本
主催者 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
プレショー
司会者
板東英二
楠田枝里子
最新受賞者 Wink淋しい熱帯魚
テレビ/ラジオ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 日曜日18:30 - 20:54(JST
視聴率 14.0%
プロデュース 塩川和則
ディレクター 難波一弘(演出)
利根川展(舞台監督)

目次

概要編集

この回と次回の男性司会は、当時TBSテレビ番組『わいわいスポーツ塾』の司会を務め、また同じくTBSテレビ番組『日立 世界・ふしぎ発見!』と『クイズ!!ひらめきパスワード』(毎日放送制作)のレギュラー解答者を務めていた板東英二が担当、初の「プロ野球出身者」が担当する。また女性司会は、日本テレビアナウンサー出身の楠田枝里子が担当、「フリーアナウンサー」担当はNHK出身の高橋圭三森本毅郎に次いで3人目で、「女性」と「民放出身」は共に初となる。なお楠田は翌1990年より、フジテレビの歌謡祭番組『FNS歌謡祭』を2004年まで務め、日本2大歌謡祭番組の司会を担当する事となる。

第31回の大賞は、Winkの「淋しい熱帯魚」に決定した。Winkは初の受賞。女性アイドルデュオが受賞するのは、第20回ピンク・レディー以来11年ぶり。アイドル歌手の受賞は第27回(1985年)から5年連続。大賞を発表したプレゼンターは、少年隊東山紀之

美空ひばりの「川の流れのように」、前年からの2連覇を狙った光GENJIの「太陽がいっぱい」、年間ベスト10に3曲を送り込むなどブームとなったWinkの「淋しい熱帯魚」が三つ巴となり混戦になった。そんな中、当初マスコミの間では美空ひばりが有力視されたが、故人の歌手に大賞を与えることに前例がないことからまとまらず、最終的に多くの票がWinkに流れ、予想外の大差となった。大賞はWink、次点は美空ひばり、3位は光GENJI。

この年に亡くなった国民的人気歌手、美空ひばりには特別栄誉歌手賞が授与され、「美空ひばり賞」が新設された。

最優秀新人賞を受賞したマルシアには、故郷ブラジルから中継をつなぎ親族・友人が声援を送った。最優秀新人賞発表では、審査会場から開票を長峰由紀アナウンサーが実況した。

第32回(1990年)から「歌謡曲・演歌部門」・「ポップス・ロック部門」が創設されることになった。

視聴率は7.7P下落の14.0%に。21年ぶり10%台に転落。この年からNHK紅白歌合戦が午後9時から午後7時20分開始に繰り上げたため、時間帯が重なりその影響を大きく受ける。

TBSは「拡大紅白は今回限り」と認識していたため、この時のNHKの対応には目を瞑る姿勢を示した[1]

本年度より、山形県のTBS系列局としてこの年の10月に開局したテレビユー山形にもレコード大賞が生中継されるようになった。

司会編集

進行補佐

受賞作品・受賞者一覧編集

日本レコード大賞編集

特別栄誉歌手賞編集

最優秀歌唱賞編集

最優秀新人賞編集

アルバム大賞編集

  • 「CIRCUIT OF RAINBOW」

金賞(大賞ノミネート作品)編集

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)編集

優秀アルバム賞編集

アルバムニューアーティスト賞編集

作曲賞編集

  • 「川の流れのように」(歌・美空ひばり)
  • 「DIVE INTO YOUR BODY」(歌・TM NETWORK)、「ドリームラッシュ」(歌・宮沢りえ)

編曲賞編集

  • 「維新のおんな」(歌・松原のぶえ)

作詩賞編集

  • 「好色一代女」(歌・内田あかり)

企画賞編集

美空ひばり賞編集

日本作曲家協会特別功労賞編集

TV中継スタッフ編集

  • 構成:福岡秀広、原すすむ、加藤芳一
  • プロデューサー:塩川和則
  • 演出:難波一弘
  • 舞台監督:利根川展
  • 中継ディレクター:大崎幹
  • 音楽・指揮: 小野寺忠和
  • 演奏:高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル
  • コーラス:ルージュ
  • 踊り:花柳糸之社中、ダンシングクイーン
  • 振付:花柳糸之、三浦亨
  • 技術協力:SBC(長野中継)、CBC(三重中継)、MRT(鹿児島中継)、RKB(福岡中継)、TV RECORD(ブラジル中継)、千代田ビデオ赤坂豊川稲荷中継)
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注編集

  1. ^ 第41回NHK紅白歌合戦」の項を参照。

関連項目編集

外部リンク編集