第33回全国高等学校野球選手権大会

第33回全国高等学校野球選手権大会(だい33かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1951年8月12日から8月19日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

日本の旗 第33回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1951年8月12日 - 8月19日
出場校 23校
参加校数 1,633校
優勝校 平安京津京都、12年ぶり2回目)
試合数 22試合
選手宣誓 西山和良県和歌山商
始球式 中澤良夫日本高等学校野球連盟名誉会長)
大会本塁打 6本塁打
 < 19501952 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

概要編集

甲子園球場の内野ネット裏を中心に覆う「銀傘」が復活した。この大会から審判の新判定法が採用され、タイムボークをかける時の宣告は一人だけが合図するのではなく、四審全員で合図するようになった。

代表校編集

試合結果編集

1回戦編集

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月12日 第1試合 県和歌山商 3 - 1 桐生
第2試合 高知商 9 - 3 静岡城内
第3試合 下関西 4 - 0 大分城崎
8月13日 第1試合 平安 5 - 2 希望ヶ丘
第2試合 都島工 7 - 5 早稲田実
第3試合 芦屋 7 - 2 小倉
8月14日 第1試合 高松一 12 - 3 岡山東

2回戦編集

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月14日 第2試合 大垣北 1 - 0 北海
第3試合 県和歌山商 11 - 3 青森
8月15日 第1試合 敦賀 6 - 4 高知商
第2試合 熊谷 4 - 0 下関西
第3試合 平安 1 - 0 松商学園
8月16日 第1試合 都島工 3 - 2 豊橋商
第2試合 芦屋 5x - 4 長崎西
第3試合 高松一 2 - 0 福島商

準々決勝編集

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月17日 第1試合 県和歌山商 7 - 1 敦賀
第2試合 熊谷 2 - 0 大垣北 延長11回
第3試合 平安 2x - 1 都島工 延長10回
第4試合 高松一 6 - 2 芦屋

準決勝編集

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月18日 第1試合 熊谷 4 - 0 県和歌山商 熊谷の服部茂次無安打無得点試合
第2試合 平安 4 - 3 高松一

決勝編集

8月19日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
熊谷 0 1 2 0 0 0 0 1 0 4 6 1
平安 3 3 0 0 1 0 0 0 X 7 14 4
  1. (熊) : 服部 - 新井
  2. (平) : 清水宏 - 上市

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:内野雅史(希望ヶ丘)
  • 第2号:杉谷和男(芦屋)
  • 第3号:中西太(高松一)
2回戦
  • 第4号:富山孝夫(敦賀)
  • 第5号:今泉五次(豊橋商)
  • 第6号:中西太(高松一)

その他の主な出場選手編集


関連項目編集

外部リンク編集