第33回社会人野球日本選手権大会

第33回社会人野球日本選手権大会(だい33かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2006年11月18日から11月26日まで大阪ドームで開かれた社会人野球日本選手権大会である。

概要編集

  • この大会から、日本選手権改革の一環としてその年の都市対抗クラブ選手権の優勝チームが推薦出場することとなった。よって出場チーム数が28チームに増加。それぞれ推薦出場の第1号となったTDK和歌山箕島球友会はいずれも初戦でホンダに敗れた。また、NOMOベースボールクラブが近畿予選を勝ち上がって本戦初出場し、前年の都市対抗・クラブ選手権に続き史上初の3大大会出場を果たした。近畿地区からクラブチームが本戦に出場するのは史上初。
  • この大会をもって活動休止を発表していたNTT北海道は2回戦で敗退し、50年の活動に幕を下ろした。また、一光も翌年で活動を停止したため最後の日本選手権出場となった。
  • 大会は富士重工業のディフェンスが全試合で2失点以下・無失策と際立った安定感を見せ、16年ぶりの出場を2度目の優勝につなげた。MVPはベテラン投手・阿部次男が獲得した。

予選編集

出場チーム編集

代表枠 チーム 出場回数
都市対抗野球優勝 TDK 3年ぶり7回目
クラブ選手権優勝 和歌山箕島球友会 初出場
北海道 NTT北海道 6年ぶり7回目
東北 七十七銀行 3年連続4回目
東北 JR東日本東北 6年連続12回目
北信越 NTT信越硬式野球クラブ 6年ぶり11回目
関東 富士重工業 16年ぶり9回目
関東 JFE東日本 10年ぶり3回目
関東 ホンダ 2年連続12回目
関東 新日本石油ENEOS 2年連続13回目
関東 東芝 7年連続20回目
関東 鷺宮製作所 3年連続6回目
東海 トヨタ自動車 4年連続7回目
東海 東邦ガス 初出場
代表枠 チーム 出場回数
東海 西濃運輸 3年ぶり12回目
東海 一光 3年ぶり3回目
近畿 日本生命 7年連続25回目
近畿 松下電器 13年連続28回目
近畿 大阪ガス 6年連続13回目
近畿 デュプロ 3年連続4回目
近畿 NOMOベースボールクラブ 初出場
近畿 三菱重工神戸 5年連続16回目
近畿 NTT西日本 8年連続11回目
中国 伯和ビクトリーズ 2年連続2回目
中国 倉敷オーシャンズ 5年ぶり5回目
四国 JR四国 4年連続8回目
九州 ホンダ熊本 9年ぶり9回目
九州 日産自動車九州 5年ぶり8回目

大会編集

1回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌山箕島球友会 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ホンダ 0 3 0 0 1 1 0 1 X 6

勝:大田 敗:森田 本:佐伯(ホンダ)

  • 第2試合(11月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JFE東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 1 2 X 3

勝:佐竹 敗:中嵜

  • 第3試合(11月18日)-延長15回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
日産自動車九州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:井上 敗:松田

  • 第4試合(11月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 5 0 0 0 4 0 1 0 10
鷺宮製作所 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:下敷領 敗:岡崎 本:澄川(日生)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3
一光 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

勝:岩井 敗:野崎

  • 第6試合(11月19日)-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
倉敷オーシャンズ 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 1 4
NTT西日本 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 3

勝:岡 敗:糸川 本:小坂(NTT西)、森拓(倉敷)

  • 第7試合(11月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
伯和ビクトリーズ 2 0 0 0 0 0 0 0 1x 3

勝:石渡 敗:磯村

1 2 3 4 5 6 7
富士重工業 2 0 4 0 2 0 3 11
NTT信越硬式野球クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:小出 敗:渡辺

  • 第9試合(11月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 1 0 0 1 0 2 0 0 4
西濃運輸 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3

勝:山本隆之 敗:佐伯

  • 第10試合(11月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東邦ガス 0 0 0 1 0 0 0 4 0 5
NTT北海道 0 0 1 1 1 3 0 2 X 8

勝:森広 敗:菊地 本:前田(東邦)

  • 第11試合(11月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NOMOベースボールクラブ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
ホンダ熊本 0 0 0 0 2 0 0 3 X 5

勝:小山 敗:藤江 本:北村(NOMO)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 0 0 0 1 1 2 0 0 6 10
JR東日本東北 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:廣瀬 敗:攝津 本:坂下、池辺(以上ENEOS)

2回戦編集

  • 第1試合(11月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ホンダ 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3
TDK 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:坂本 敗:野田 本:岩下(TDK)

  • 第2試合(11月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車九州 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
トヨタ自動車 0 1 0 3 0 0 0 0 X 4

勝:佐竹 敗:永富 本:保良(トヨタ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR四国 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
日本生命 1 2 0 0 0 0 0 0 X 3

勝:下敷領 敗:上田

  • 第4試合(11月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
七十七銀行 0 0 1 2 0 1 0 0 0 4
倉敷オーシャンズ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2

勝:奥山 敗:岡 本:八嶋(七十七銀)

  • 第5試合(11月22日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
デュプロ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伯和ビクトリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1

勝:石渡 敗:矢田

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
松下電器 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:阿部 敗:田中稔

  • 第7試合(11月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北海道 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ホンダ熊本 1 1 0 0 0 0 0 0 X 2

勝:小山 敗:森広

  • 第8試合(11月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 0 2 0 0 0 5 0 0 0 7
大阪ガス 1 0 0 0 1 2 1 0 0 5

勝:廣瀬 敗:坂本 本:池辺、柳田(以上ENEOS)、平山(大ガス)

準々決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ホンダ 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:坂本 敗:服部

  • 第2試合(11月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 1 0 1 1 0 0 1 0 2 6
七十七銀行 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:土井 敗:加賀谷

  • 第3試合(11月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
伯和ビクトリーズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
富士重工業 1 4 0 0 0 2 0 0 X 7

勝:小出 敗:石丸

  • 第4試合(11月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
ホンダ熊本 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:田澤 敗:玉城 本:坂下(ENEOS)

準決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ホンダ 2 0 0 0 0 0 1 3 0 6
日本生命 1 0 1 1 4 0 1 0 X 8

勝:下敷領 敗:田中

  • 第2試合(11月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本石油ENEOS 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
富士重工業 1 0 0 0 2 0 0 0 X 3

勝:阿部 敗:廣瀬 本:岩本(ENEOS)

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
富士重工業 0 2 2 0 0 0 0 0 X 4

勝:平井 敗:国安
(富士重工業は25年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等編集

  • 最高殊勲選手賞 阿部次男(投手:富士重工業)
  • 敢闘賞 下敷領悠太(投手:日本生命)
  • 打撃賞 林稔幸(外野手:富士重工業)
  • 首位打者賞 衣川隆夫(外野手:ホンダ) 9打数5安打 .556
  • 大会優秀選手
    • 投手
    阿部次男(富士重工業)
    小出琢磨(富士重工業)
    平井英一(富士重工業)
    下敷領悠太(日本生命)
    土井善和(日本生命)
    廣瀬繁(新日本石油ENEOS)
    坂本保(ホンダ)
    石渡大介(伯和ビクトリーズ)
    • 捕手
    松尾貢史(富士重工業)
    山岡剛(新日本石油ENEOS)
    • 一塁手
    下野敦司(日本生命)
    • 二塁手
    冨村優希(富士重工業)
    • 三塁手
    澄川昌也(日本生命)
    • 遊撃手
    鬼崎裕司(富士重工業)
    田中啓嗣(日本生命)
    • 外野手
    岩元信明(富士重工業)
    林稔幸(富士重工業)
    阿部浩二(日本生命)
    佐々木正嗣(日本生命)
    池辺啓二(新日本石油ENEOS)
    保良久生(トヨタ自動車)
    船尾隆広(NTT北海道)
    • 指名打者
    衣川隆夫(ホンダ)

同大会の記録編集

  • 毎回安打
日本生命が1回戦・対鷺宮製作所戦で達成。