メインメニューを開く

第34回スーパーボウル(だい34かいスーパーボウル、Super Bowl XXXIV)は2000年1月30日ジョージア州アトランタジョージア・ドームで行われた34回目のスーパーボウルNFCチャンピオンであるセントルイス・ラムズAFCチャンピオンであるテネシー・タイタンズの対戦。ラムズがタイタンズを23-16で破って、チーム創設以来初めてのスーパーボウル制覇を果たした。MVPはラムズのクォーターバックであるカート・ワーナーが受賞した。ワーナーはこの試合の2年前にラムズと契約するまで、アリーナフットボールリーグでプレーしながら、時給6ドル弱のアルバイト生活をしていたため、この活躍は多くの人々に感銘を与えた[1]

第34回スーパーボウル
Super Bowl XXXIV
1 2 3 4

StL 3 6 7 7

23
TEN 0 0 6 10

16
開催日 2000年1月30日
スタジアム ジョージア・ドーム
開催地 ジョージア州アトランタ
MVP カート・ワーナー, ラムズ
優勝予想 Rams by 7
国歌斉唱 フェイス・ヒル
コイントス 第4回スーパーボウル関係者:バド・グラントラマー・ハントボビー・ベルポール・クラウスウィリー・レニアーアラン・ペイジジャン・スティネールード
ハーフタイム フィル・コリンズ
クリスティーナ・アギレラ
エンリケ・イグレシアス
トニー・ブラクストン
エドワード・ジェームズ・オルモス
入場者数 72,625
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク ABC
実況と解説 アル・マイケルズブーマー・アサイアソン
視聴率 43.3 (全米)
占有率 63 (全米)
CM広告料
(30秒)
110万ドル
 < 第33回 スーパーボウル 第35回 > 

テレビ中継はABCが担当した。

背景編集

開催地決定まで編集

1996年10月31日、ニューオーリンズでのオーナー会議で第34回スーパーボウルをアトランタで開催することが決定された。アトランタの他には、マイアミ、タンパ、ロサンゼルスが候補に上っていた。オーナー会議では当初、第33回と第34回の2回分のみの開催地を決定する予定であったが、各候補地のプレゼンテーションが強力であったため、第35回の開催地もこれらの候補地から選定することとした。その結果、第33回がマイアミ、第34回がアトランタ、第35回がタンパに決定した[2][3]

スーパーボウルへの道編集

1999年NFLシーズンは9月12日に始まり、翌年の1月3日までレギュラーシーズンが行われた。 プレイオフは2000年1月8日から始まり、NFCは第1シードのラムズが順当にスーパーボウル進出を決め、AFCは第4シードのタイタンズがディヴィジョナルプレイオフで第2シードのコルツ、AFC決勝で第1シードのジャガーズをそれぞれ敵地で破り、スーパーボウル進出を決めた。

NFCチャンピオンシップ・ゲーム編集

NFCチャンピオンシップゲームセントルイストランス・ワールド・ドームで行われ、ラムズが11-6でタンパベイ・バッカニアーズを破り、初のカンファレンス優勝[4]とスーパーボウル進出を決めた。

AFCチャンピオンシップ・ゲーム編集

AFCチャンピオンシップゲームジャクソンビルオールテル・スタジアムで行われ、タイタンズが33-14でジャガーズを破り、初のカンファレンス優勝[5]とスーパーボウル進出を決めた。

試合経過編集

前半はラムズがジェフ・ウィルキンスの3本のFGで9-0とリードした。後半ワーナーからトリー・ホルトへの9ヤードのTDパスでラムズが16-0とリードを拡げた。タイタンズはエディ・ジョージが1ヤードのTDランをあげたが2ポイントコンバージョンに失敗、16-6となった。その後エディ・ジョージの2回目のTDランで16-13、アル・デルグレコの43ヤードのFGにより、残り時間2分12秒で16-16と同点になった。その直後のプレーでワーナーからアイザック・ブルースへの73ヤードのTDパスが決まり、23-16とラムズが再びリードした。

残り1分48秒でタイタンズに再び攻撃権が移ったがホールディングの反則により、自陣12ヤードからの攻撃となった。ここからタイタンズはボールを前進させ、残り6秒で敵陣10ヤードまで攻め込んだ。最後のプレーでスティーブ・マクネアからパスを受けたケビン・ダイソンがエンドゾーンを目指したが、ラムズのLBマイク・ジョーンズがタックル、ダイソンは懸命にエンドゾーンへ向けて手を伸ばしたが、エンドゾーンにわずか1ヤード届かず、ラムズが23-16で勝利した[1]

スターティングラインアップ編集

セントルイス・ラムズ ポジション テネシー・タイタンズ
オフェンス
トリー・ホルト
Torry Holt
WR ケビン・ダイソン
Kevin Dyson
オーランド・ペース
Orlando Pace
LT ブラッド・ホプキンス
Brad Hopkins
トム・ニュッテン
Tom Nütten
LG ブルース・マシューズ
Bruce Matthews
マイク・グルッタドーリア
Mike Gruttadauria
C ケビン・ロング
Kevin Long
アダム・ティマーマン
Adam Timmerman
RG ベンジ・オルソン
Benji Olson
フレッド・ミラー
Fred Miller
RT ジョン・ランヤン
Jon Runyan
ローランド・ウィリアムズ
Roland Williams
TE フランク・ワイチェク
Frank Wycheck
アイザック・ブルース
Isaac Bruce
WR アイザック・バード
Isaac Byrd
カート・ワーナー
Kurt Warner
QB スティーブ・マクネア
Steve McNair
マーシャル・フォーク
Marshall Faulk
RB エディ・ジョージ
Eddie George
ロバート・ホルコム
Robert Holcombe
FB-TE ジャッキー・ハリス
Jackie Harris
ディフェンス
ケビン・カーター
Kevin Carter
LE ジェヴォン・カース
Jevon Kearse
レイ・アグニュー
Ray Agnew
LDT ジョシュ・エバンズ
Josh Evans
デマルコ・ファー
D'Marco Farr
RDT ジェイソン・フィスク
Jason Fisk
グラント・ウィストロム
Grant Wistrom
RE ケニー・ホームズ
Kenny Holmes
マイク・ジョーンズ
Mike Jones
LOLB エディ・ロビンソン
Eddie Robinson
ロンドン・フレッチャー
London Fletcher
MLB バロン・ウォーサム
Barron Wortham
トッド・コリンズ
Todd Collins
ROLB ジョー・ボウデン
Joe Bowden
トッド・ライト
Todd Lyght
LCB デナード・ウォーカー
Denard Walker
デクスター・マクレオン
Dexter McCleon
RCB サマリ・ロール
Samari Rolle
ビリー・ジェンキンス
Billy Jenkins
SS ブレイン・ビショップ
Blaine Bishop
キース・ライル
Keith Lyle
FS アンソニー・ドーセット
Anthony Dorsett
スペシャルチーム
ジェフ・ウィルキンス
Jeff Wilkins
K アル・デル・グレコ
Al Del Greco
マイク・ホーラン
Mike Horan
P クレイグ・ヘントリッチ
Craig Hentrich
ヘッドコーチ
ディック・ヴァーミール
Dick Vermeil
ジェフ・フィッシャー
Jeff Fisher

トーナメント表編集

                                   
1月8日
フェデックスフィールド
  1月15日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
         
 6  ライオンズ  13
 3  レッドスキンズ  13
 3  レッドスキンズ  27     1月23日
トランス・ワールド・ドーム
 2  バッカニアーズ  14  
NFC
1月9日
HHHメトロドーム
 2  バッカニアーズ  6
1月16日
トランス・ワールド・ドーム
   1  ラムズ  11  
 5  カウボーイズ  10 NFC チャンピオンシップ
 4  バイキングス  37
 4  バイキングス  27   1月30日
ジョージア・ドーム
 1  ラムズ  49  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月8日
アデルフィア・コロシアム
 N1  ラムズ  23
1月16日
RCAドーム
   A4  タイタンズ  16
 5  ビルズ  16 第34回スーパーボウル
 4  タイタンズ  19
 4  タイタンズ  22     1月23日
オールテル・スタジアム
 2  コルツ  16  
AFC
1月9日
キングドーム
 4  タイタンズ  33
1月15日
オールテル・スタジアム
   1  ジャガーズ  14  
 6  ドルフィンズ  20 AFC チャンピオンシップ
 6  ドルフィンズ  7
 3  シーホークス  17  
 1  ジャガーズ  62  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、1999年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b スーパーボウルXXXIVは史上最高のスーパーボウルだったか?”. NFL JAPAN (2000年3月30日). 2012年10月20日閲覧。
  2. ^ “Florida's Super Bowls: Miami '99, Tampa '01 (part 1)”. The Orlando Sentinel: p. 27. (1996年11月1日). https://www.newspapers.com/clip/8409532// 2017年1月17日閲覧。  
  3. ^ “Florida's Super Bowls: Miami '99, Tampa '01 (part 2)”. The Orlando Sentinel: p. 31. (1996年11月1日). https://www.newspapers.com/clip/8409537// 2017年1月17日閲覧。  
  4. ^ AFL-NFL統合前に旧NFLで2度優勝
  5. ^ AFL-NFL統合前にAFLで2度優勝

外部リンク編集