第37回グラミー賞

第37回グラミー賞(37th Grammy Awards)は1995年3月1日ロサンゼルスシュライン・オーディトリアムで開催された。

概要編集

若手のシェリル・クロウとベテランのブルース・スプリングスティーンがそれぞれ3部門を獲得した。

主要部門受賞者編集

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門編集

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・ボーカル・コラボレーション
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ポップ・アルバム(再開)

トラディショナル・ポップ編集

最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス

ロック編集

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム(新設)

オルタナティヴ編集

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス

R&B編集

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム

ラップ編集

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)

カントリー編集

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス(改名)
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀カントリー・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム(クワイアもしくはコーラス)

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ編集

最優秀ジャズ・インストゥメンタル・ソロ
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス(新設)

ゴスペル編集

最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
最優秀ロック・ゴスペル・アルバム
  • 『Wake-Up Call』 - Petra
最優秀トラディショナル・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀サザン、カントリーもしくはブルーグラス・ゴスペル・アルバム
最優秀ゴスペル・アルバム(クワイアもしくはコーラス)
  • The Thompson Community Singers『Through God's Eyes』 - Milton Brunson(クワイア・ディレクター)
  • The Love Fellowship Crusade Choir『Live in Atlanta at Morehouse College』 - Hezekiah Walker(クワイア・ディレクター)

ラテン編集

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス
最優秀メキシカン-アメリカン/テハーノ・ミュージック・パフォーマンス

ブルース編集

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

フォーク編集

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ編集

最優秀ポルカ・アルバム

ワールドミュージック編集

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ編集

最優秀ミュージカル・アルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)

スポークン・ワード編集

最優秀スポークン・ワードもしくは非ミュージカル・アルバム
最優秀スポークン・コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー編集

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム

作曲・編曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀楽曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル作曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

パッケージングおよびノーツ編集

最優秀録音パッケージ
最優秀録音パッケージ(ボックスド)(新設)
最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル編集

最優秀ヒストリカル・アルバム

制作・エンジニアリング編集

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
クラシカル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
  • アンドリュー・コーネル

ミュージック・ビデオ編集

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞編集

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注編集

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年12月24日閲覧。

外部リンク編集