メインメニューを開く

第38回都市対抗野球大会(だい38かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1967年7月27日から8月8日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

目次

概要編集

  • 初出場4チームを含む31チームが本大会に出場。本来10日間の予定だったが、相次いで雷雨による中断、ノーゲームに加え、再試合が3試合も発生したことから、大会期間は13日間に延びた。[1]
  • この大会を制したのは横浜市日本石油。優勝回数を史上最多の5回とした(従来は東京倶楽部と全鐘紡が4回優勝していた)。優勝の立役者は前回大会で小野賞を獲得した高卒2年目の平松政次投手。5連投し、決勝では完封勝利に加えてホームランも放ち、橋戸賞を獲得した。
  • 一方準優勝に終わったのが浜松市日本楽器。2回目の出場ながら、1回戦と準決勝で引き分け再試合となり、決勝戦を含めると実に7試合、74イニングを後楽園で戦ったことになる。[2] 最後は平松投手の前に完封負けを喫したが、粘り強い試合運びで小野賞を獲得した。

出場チーム編集

大会編集

1回戦編集

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 1 0 0 1 0 2 0 0 0 4
熊谷組 1 3 0 0 1 0 0 0 X 5

勝:大櫃 敗:平山 本:後2(熊谷組)、東田(西濃)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
立正佼成会 1 0 1 5 0 0 1 2 0 10
三菱重工神戸 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:若生 敗:磯野 本:太田、金、前田(以上立正)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 2 0 0 0 0 0 2 0 4
電電中国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:村井 敗:井名

  • 第4試合-延長14回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
日本楽器 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 4
電電近畿 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4

本:大戸、海老原(以上近畿)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
クラレ岡山 0 0 1 2 0 0 0 1 X 4

勝:山南 敗:河本

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 1 0 1 0 0 0 0 1 2 5
松下電器 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:田中 敗:清沢

  • 第4試合再試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
日本楽器 0 0 0 0 0 2 0 1 2 3 8
電電近畿 1 0 0 0 1 3 0 0 0 0 5

勝:仲子 敗:佐藤 本:橋本(近畿)、川島、山田(以上日楽)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
北海道拓殖銀行 0 6 0 0 0 0 0 0 X 6

勝:長縄 敗:川島

  • 第8試合-規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9
サッポロビール 0 4 0 0 0 0 0 2 0 6
電電東海 0 2 0 1 0 0 0 0 3 6
  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 1 1 1 0 0 0 3
富士鉄室蘭 0 0 0 0 0 4 2 1 X 7

勝:真崎 敗:清水 本:田村(室蘭)

  • 第8試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
サッポロビール 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
電電東海 0 1 2 0 0 0 0 0 X 3

勝:篠田 敗:安藤 本:前田(東海)

  • 第10試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
東洋レーヨン 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
河合楽器 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 1x 4

勝:広畑 敗:南山

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3
八幡製鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:平松 敗:後藤 本:渡辺(日石)
※日本石油・平松政次投手は大会2人目の毎回奪三振を達成

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
マツダオート 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
電電東京 1 0 0 0 2 0 0 0 X 3

勝:土屋 敗:紀藤

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄釜石 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:山田 敗:小弓場

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鉱業佐賀関 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3
電電東北 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2

勝:池田 敗:熊谷 本:出口、湯野(以上佐賀関)

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大倉工業 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3
日本コロムビア 0 0 0 1 0 0 2 0 1x 4

勝:佐伯 敗:太田

2回戦編集

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電気化学 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
クラレ岡山 0 0 0 0 3 0 0 0 X 3

勝:山南 敗:望月

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 2 0 1 0 1 0 4
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:松井 敗:林

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
立正佼成会 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
日本楽器 0 1 0 1 0 0 0 0 2x 4

勝:三田 敗:若生 本:東本(日楽)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北海道拓殖銀行 0 1 0 0 1 0 0 0 3 5
日本通運 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:野並 敗:田中 本:若松、鈴木、佐藤政(以上拓銀)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄室蘭 0 0 4 1 0 1 0 0 0 6
電電東海 0 0 0 2 2 0 1 0 0 5

勝:真崎 敗:篠田 本:西川(東海)、下井(室蘭)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
河合楽器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:平松 敗:里見

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄釜石 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電電東京 0 1 0 1 0 0 1 0 X 3

勝:土屋 敗:山田 本:谷本、五味(以上東京)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鉱業佐賀関 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
日本コロムビア 0 0 0 0 0 0 0 0 3x 3

勝:近藤重 敗:池田 本:湯野(佐賀関)、保垣(コロムビア)

準々決勝編集

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本楽器 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:仲子 敗:盛田

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 4 0 0 1 2 0 0 0 7
富士鉄室蘭 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:平松 敗:真崎 本:高梨(室蘭)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電東京 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
日本コロムビア 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:竹ノ下 敗:永淵

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 5 3 4 0 0 0 0 12
クラレ岡山 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:高橋 敗:松岡 本:村井(日立)

準決勝編集

  • 第1試合-延長13回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
日本楽器 0 0 1 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 4
日立製作所 0 0 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 4

本:山田、中野、川島(以上日楽)、高畠(日立)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電東京 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
日本石油 0 0 1 1 0 0 0 0 X 2

勝:平松 敗:土屋

  • 第1試合再試合[2]-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
日本楽器 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3
日立製作所 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:仲子 敗:松井 本:中野(日楽)

3位決定戦編集

  • 3位決定戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
電電東京 0 0 0 0 2 1 1 0 X 4

勝:土屋 敗:簾内 本:篠原、福岡、船田(以上東京)

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本楽器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本石油 1 1 2 0 0 2 0 0 X 6

勝:平松 敗:仲子 本:平松、枝松(以上日石)
(日本石油は5年ぶり5回目の優勝)

表彰選手等編集

  • 橋戸賞 平松政次投手(日本石油)
  • 久慈賞 中野孝征遊撃手(日本楽器)
  • 小野賞 浜松市・日本楽器チーム
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 日本楽器
    • 優秀賞 日立製作所
    • 敢闘賞 日本楽器
    • 特別賞 該当なし
    • 努力賞 北海道拓殖銀行

脚注編集

  1. ^ この影響で決勝戦が開催された8月8日に当初予定されていたプロ野球公式戦(巨人-広島)が中止になっている
  2. ^ a b これ以外に準決勝再試合6回裏攻撃中降雨のためノーゲームがある。