メインメニューを開く

第4飛行隊(だい4ひこうたい、JASDF 4th Tactical Fighter Squadron)は、かつて航空自衛隊中部航空方面隊第6航空団隷下にあった戦闘機部隊。第3飛行隊に続く、航空自衛隊2番目のF-86F戦闘飛行隊として1957年(昭和32年)に浜松基地で新編され、1975年(昭和50年)に閉隊されるまで千歳基地小松基地と渡り歩いた。

第4飛行隊
創設 1957年2月1日
廃止 1975年6月30日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 石川県小松基地
編成地 静岡県浜松基地
通称号/略称 4SQ
上級単位 第6航空団
最終上級単位 中部航空方面隊
テンプレートを表示

目次

概要編集

第4飛行隊はF-86F戦闘機を運用する飛行隊として、1957年(昭和32年)2月1日に、静岡県浜松基地第2航空団隷下として新編された。同年9月2日には第2航空団の北海道千歳基地への移駐に伴い、第3飛行隊とともに千歳基地へ移動し、1958年(昭和33年)4月28日から対領空侵犯措置任務を開始した[1]

第4飛行隊は石川県小松基地で第6航空団が新編されることに伴って小松基地へ移動することとなり、1961年(昭和36年)5月17日に臨時小松派遣隊として先遣隊を送り出し、同年7月15日に部隊移動を完了した[1]

1973年(昭和48年)2月17日から10月29日までの間、小松基地の滑走路工事のため福岡県築城基地へ移動し、小松基地に帰還してから1年8ヶ月活動した後、1975年(昭和50年)6月30日に第4飛行隊は閉隊した[1]

部隊マークは、第6航空団を示す「6」をモチーフとした黄と青のシェブロン[1]

沿革編集

  • 1957年(昭和32年)2月1日 - F-86F飛行隊として浜松基地の第2航空団隷下にて部隊編成[1]
9月2日 - 千歳基地へ移動[1]
7月15日 - 小松基地への移動完了。第6航空団隷下に編入[1]
  • 1973年(昭和48年)2月17日 - 小松基地の滑走路工事のため、築城基地へ移動(同年10月29日まで)[1]
  • 1975年(昭和50年)6月30日 - 第4飛行隊閉隊[1]

歴代運用機編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k イカロス出版 JWing No.121 2008年9月号 52頁 「集まれ!日本の戦闘機部隊 航空自衛隊、過去の戦闘機部隊」

関連項目編集

外部リンク編集