メインメニューを開く

第42回グラミー賞(42nd Annual Grammy Awards)は2000年2月23日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

目次

概要編集

前年11月に完成したステイプルズ・センターに移転した初のグラミー賞はサンタナスーパーナチュラルが9部門を受賞。最優秀新人賞はクリスティーナ・アギレラが受賞した。

主要部門受賞者編集

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門編集

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
"I Will Remember You" - サラ・マクラクラン(『エクスタシー (Fumbling Towards Ecstasy)』所収)
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
"Brand New Day" - スティング(『ブラン・ニュー・デイ(Brand New Day)』所収)
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
"Maria Maria" - サンタナ(『スーパーナチュラル(Supernatural)』所収)
最優秀ポップ・コラボレーション賞
"Smooth" - サンタナ featuring ロブ・トーマス(『スーパーナチュラル(Supernatural)』所収)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
"El Farol" - サンタナ(『スーパーナチュラル(Supernatural)』所収)
最優秀ダンス・レコーディング賞
"ビリーヴ(Believe)" - シェール(『ビリーヴ(Believe)』所収)
最優秀ポップ・アルバム賞
『ブラン・ニュー・デイ(Brand New Day)』 - スティング
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Bennett Sings Ellington - Hot & Cool』 - トニー・ベネット

ロック編集

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
"スウィート・チャイルド・オブ・マイン(Sweet Child O' Mine)" - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
"American Woman" - レニー・クラヴィッツ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
"Put Your Lights On" - エヴァーラスト英語版サンタナ(『スーパーナチュラル(Supernatural)』所収)
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
"Whiskey In The Jar" - メタリカ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
"Iron man" - ブラック・サバス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
"The Calling" - エリック・クラプトンサンタナ
最優秀ロック楽曲賞
"Scar Tissue" - アンソニー・キーディスチャド・スミスフリージョン・フルシアンテ
最優秀ロック・アルバム賞
スーパーナチュラル(Supernatural)』 - サンタナ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
『ミューテーションズ(Mutations)』 - ベック

R&B編集

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀R&B楽曲賞
最優秀R&Bアルバム
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞

ラップ編集

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ラップ・アルバム賞

カントリー編集

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Man! I Feel Like A Woman! - シャナイア・トゥエイン
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Choices - ジョージ・ジョーンズ
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Ready To Run - ディクシー・チックス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
After The Gold Rush - ドリー・パートンエミルー・ハリスリンダ・ロンシュタット
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Bob's Breakdowns - アスリープ・アット・ザ・ホイール
最優秀カントリー楽曲賞
Come On Over - ロバート・ジョン・"マット"・ランジ英語版&シャナイア・トゥエイン
最優秀カントリー・アルバム賞
フライ(Fly)』 - ディクシー・チックス
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
Ancient Tones』 - リッキー・スキャッグスケンタッキー・サンダー

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム賞

ジャズ編集

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞 - 奏者
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞 - インディビデュアル/グループ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞

ラテン編集

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・パフォーマンス賞
最優秀メキシカン-アメリカン・ミュージック・パフォーマンス賞
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
  • 『Resurrection』 - クリス・ペレス・バンド
最優秀テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
最優秀サルサ・パフォーマンス賞
最優秀メレンゲ・パフォーマンス賞

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム賞

ポルカ編集

最優秀ポルカ・アルバム賞

ワールドミュージック編集

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞

映画・テレビ・メディア編集

最優秀サウンドトラック・アルバム

作曲・編曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀作曲(映画もしくはテレビ向け)
最優秀サウンドトラック・アルバム(映画もしくはテレビ向け)
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

制作・エンジニアリング編集

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル)
最優秀クラシカル・エンジニアド録音
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
リミキサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)

ミュージック・ビデオ編集

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)

特別賞編集

パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注編集

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月11日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク編集