第44回トロント国際映画祭

第44回トロント国際映画祭は2019年9月5日から15日まで開催される[1]。オープニング作品はDaniel Roher監督によるザ・バンドのドキュメンタリー『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった英語版[2]、クロージング作品はマルジャン・サトラピ監督、ロザムンド・パイク主演によるキュリー夫人の伝記映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』である[3]

第44回トロント国際映画祭
オープニングザ・バンド かつて僕らは兄弟だった英語版
クロージングキュリー夫人 天才科学者の愛と情熱
会場 カナダの旗 カナダ トロント
創設 1976年
賞名 ピープルズ・チョイス・アウォード - 『ジョジョ・ラビット
期間 2019年9月5日 - 15日
ウェブサイト tiff.net
トロント国際映画祭開催史

受賞者

編集

今年は映画祭の終わりに発表される賞に加えて、映画で傑出した演技を行った俳優に対する功労賞のTIFFトリビュート・アクター・アワード(TIFF Tribute Actor Award)が発表される。映画祭側はメリル・ストリープが賞の第1回目の受賞者になると発表した[4]

作品 監督
観客賞 - 受賞 ジョジョ・ラビット タイカ・ワイティティ
観客賞 - 次点1位 マリッジ・ストーリー ノア・バームバック
観客賞 - 次点2位 パラサイト 半地下の家族 ポン・ジュノ
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 受賞 ザ・ケーブ フィヤス・ファイヤド英語版
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 次点1位 I Am Not Alone ガリン・ホヴァニスィアン英語版
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 次点2位 Dads ブライス・ダラス・ハワード
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 受賞 プラットフォーム ガルダー・ガステル=ウルティア
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 次点1位 ヴァスト・オブ・ナイト アンドリュー・パターソン
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 次点2位 Blood Quantum ジェフ・バーナビー英語版
プラットフォーム賞 マーティン・エデン ピエトロ・マルチェッロ
プラットフォーム賞 - 佳作 Anne at 13,000 Ft. カジク・ラドワンスキー英語版
プラットフォーム賞 - 佳作 約束の宇宙 アリス・ウィノクール英語版
カナダ長編映画賞 Antigone ソフィー・デラスペ英語版
カナダ長編映画賞 - 佳作 The Body Remembers When the World Broke Open エル=メイジャ・テイルフェアーズ英語版キャスリーン・ヘップバーン英語版
カナダ短編映画賞 Delphine クロエ・ロビショウ英語版
カナダ短編映画賞 - 佳作 The Physics of Sorrow セオドア・ウシェウ英語版
カナダ第一回長編映画賞 The Twentieth Century マシュー・ランキン英語版
FIPRESCI賞(ディスカバリー部門) Murmur ヘザー・ヤング英語版
FIPRESCI賞(スペシャル・プレゼンテーション部門) ビルド・ア・ガール コーキー・ギェドロイツ英語版
国際短編映画賞 All Cats Are Grey in the Dark ラッセ・リンダー
国際短編映画賞 - 佳作 The Nap フェデリコ・ルイス・タチェラ
ネットパック賞 / 国際アジア映画賞 1982 ワリド・モウアネス

プログラム

編集

第44回トロント国際映画祭のラインナップは以下の通りである[5][6][7]

邦題 英題 監督
スノーベイビー Abominable ジル・カルトン英語版
イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり The Aeronauts トム・ハーパー
シングルマザー ブリジットを探して American Woman セミ・チェラス英語版
幸せへのまわり道 A Beautiful Day in the Neighborhood マリエル・ヘラー英語版
ブラックバード 家族が家族であるうちに Blackbird ロジャー・ミッシェル
The Burnt Orange Heresy ジュゼッペ・カポトンディ英語版
クレメンシー Clemency チノイェ・チュク
フォードvsフェラーリ Ford v Ferrari ジェームズ・マンゴールド
ザ・ゴールドフィンチ The Goldfinch ジョン・クロウリー
ハリエット Harriet ケイシー・レモンズ
ハニーボーイ Honey Boy アルマ・ハレル英語版
ハスラーズ Hustlers ローリーン・スカファリア
ジョーカー Joker トッド・フィリップス
黒い司法 0%からの奇跡 Just Mercy デスティン・ダニエル・クレットン
ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった Once Were Brothers: Robbie Robertson and The Band ダニエル・ロアー
キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱 Radioactive マルジャン・サトラピ
The Sky Is Pink ショナリ・ボース英語版
天才ヴァイオリニストと消えた旋律 The Song of Names フランソワ・ジラール
トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング True History of the Kelly Gang ジャスティン・カーゼル
ウエスタン・スターズ Western Stars ブルース・スプリングスティーン

特別上映

編集
邦題 英題 監督
David Foster: Off the Record バリー・アヴリッチ英語版
One Day in the Life of Noah Piugattuk ザカリアス・クヌク英語版

スペシャル・プレゼンテーション

編集
邦題 英題 監督
アメリカの息子 American Son ケニー・レオン英語版
バッド・エデュケーション Bad Education コリー・フィンリー英語版
ベル・エポックでもう一度 La Belle Époque ニコラス・ベドス英語版
Clifton Hill アルバート・シン英語版
Coming Home Again ウェイン・ワン
ディアスキン 鹿革の殺人鬼 Deerskin クエンティン・デュピュー英語版
Dirt Music グレゴール・ジョーダン
ルディ・レイ・ムーア Dolemite Is My Name クレイグ・ブリュワー
The Elder One ギートゥ・モーハンダース英語版
エマ、愛の罠 Ema パブロ・ラライン
Endings, Beginnings ドレイク・ドレマス英語版
ポルトガル、夏の終わり Frankie アイラ・サックス
Our Friend/アワー・フレンド The Friend ガブリエラ・カウパースウェイト英語版
グリード ファストファッション帝国の真実 Greed マイケル・ウィンターボトム
ゲスト・オブ・オナー Guest of Honour アトム・エゴヤン
ガンズ・アキンボ Guns Akimbo ジェイソン・レイ・ハウデン
A Herdade ティアゴ・ゲデス英語版
明日に向かって笑え! Heroic Losers セバスティアン・ボレンズテイン英語版
幸せの答え合わせ Hope Gap ウィリアム・ニコルソン
ビルド・ア・ガール How to Build a Girl コーキー・ギェドロイツ英語版
ヒューマン・キャピタル Human Capital マーク・メイヤーズ英語版
I Am Woman ウンジョー・ムーン
ジョジョ・ラビット Jojo Rabbit タイカ・ワイティティ
ジュディ 虹の彼方に Judy ルパート・ゴールド英語版
ジャングルランド Jungleland マックス・ウィンクラー英語版
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 Knives Out ライアン・ジョンソン
ザ・ランドロマット -パナマ文書流出- The Laundromat スティーヴン・ソダーバーグ
ライトハウス The Lighthouse ロバート・エガース
ルーシー・イン・ザ・スカイ Lucy in the Sky ノア・ホーリー
最後のフェルメール ナチスを欺いた画家 Lyrebird ダン・フリードキン
マリッジ・ストーリー Marriage Story ノア・バームバック
シング・ア・ソング! 〜笑顔を咲かす歌声〜 Military Wives ピーター・カッタネオ
モスル あるSWAT部隊の戦い Mosul マシュー・マイケル・カーナハン
マザーレス・ブルックリン Motherless Brooklyn エドワード・ノートン
チェリー・レイン7番地 No.7 Cherry Lane ヨン・ファン英語版
オーディナリー・ラブ/ありふれた愛の物語 Ordinary Love リサ・バロス・ディーサ
The Other Lamb マウゴシュカ・シュモフスカ英語版
ペイン・アンド・グローリー Pain and Glory ペドロ・アルモドヴァル
異端の鳥 The Painted Bird ヴァーツラフ・マルホール英語版
パラサイト 半地下の家族 Parasite ポン・ジュノ
ペリカン・ブラッド Pelican Blood カトリン・ゲッベ英語版
どん底作家の人生に幸あれ! The Personal History of David Copperfield アーマンド・イアヌッチ
燃ゆる女の肖像 Portrait of a Lady on Fire セリーヌ・シアマ
ザ・レポート The Report スコット・Z・バーンズ
Saturday Fiction 婁燁
セバーグ Sebarg ベネディクト・アンドリューズ英語版
Sibyl ジュシュティーヌ・トリエ英語版
シンクロニック Synchronic アーロン・ムーアヘッドジャスティン・ベンソン
真実 The Truth 是枝裕和
2人のローマ教皇 The Two Popes フェルナンド・メイレレス
アンカット・ダイヤモンド Uncut Gems ベニー・サフディ、ジョシュ・サフディ英語版
WASP ネットワーク Wasp Network オリヴィエ・アサイヤス
WAVES/ウェイブス Waves トレイ・エドワード・シュルツ
天気の子 Weathering with You 新海誠
戦争のさなかに While at War アレハンドロ・アメナーバル

出典

編集
  1. ^ Wilner, Barry (2019年7月12日). “NFL training camps feel the heat as preseason arrives”. The Globe and Mail (Bell Globemedia Interactive Inc.): p. B14. http://www.v1.theglobeandmail.com/servlet/GIS.Servlets.HTMLTemplate?tf=tgam/common/FullStoryPrint.html&cf=tgam/common/Generic.cfg&configFileLoc=tgam/config&dateOffset=&hub=brianMilner&title=Brian_Milner&cache_key=brianMilner&current_row=93&start_row=93&num_rows=1 2019年7月23日閲覧. "Guess who's coming to this year's TIFF: Although some of the organization's executives have left, audiences can expect much of the same at 2019's film festival" 
  2. ^ The Canadian Press (2019年7月18日). “TIFF 2019 to open with documentary about Canadian rock legend Robbie Robertson”. Toronto Star (Toronto Star Newspapers Ltd.). https://www.thestar.com/entertainment/movies/2019/07/18/tiff-2019-to-open-with-documentary-about-canadian-rock-legend-robbie-robertson.html 2019年7月23日閲覧。 
  3. ^ World premiere of 'Radioactive' is the TIFF closing night gala film”. Toronto International Film Festival press release (2019年7月23日). 2019年9月8日閲覧。
  4. ^ "Meryl Streep to get new acting award at Toronto gala". Associated Press via the Toronto Star, 26 July 2019.
  5. ^ Fleming Jr, Mike (2019年7月23日). “Toronto Fest 2019 Starpower: Hanks’ Mr Rogers, Bale-Damon’s Ford V Ferrari, Phoenix’ Joker, Streep’s Laundromat, Eddie Murphy’s Dolemite, Daniel Craig’s Knives Out, Kidman’s Goldfinch Among Premieres”. Penske Business Media, LLC.. https://deadline.com/2019/07/toronto-film-festival-2019-tom-hanks-christian-bale-matt-damon-joaquin-phoenix-the-joker-meryl-streep-eddie-murphy-dolemite-daniel-craig-knives-out-1202650850/ 2019年7月23日閲覧。 
  6. ^ TIFF Adds World Premiere Of Docu ‘David Foster: Off The Record’. Deadline Hollywood, 30 July 2019.
  7. ^ Toronto Adds The Aeronauts, Mosul, Seberg, & More To Festival Slate”. Deadline. 2019年8月16日閲覧。

外部リンク

編集