第45回先進国首脳会議

2019年にフランスで開催された先進国首脳会議

第45回先進国首脳会議(だい45かいせんしんこくしゅのうかいぎ、英語: 45th G7 summit)は、 2019年8月24日から26日にかけてフランスビアリッツで開催されたG7(先進7ケ国)の会議[1][2]

第45回先進国首脳会議
45th G7 summit
ビアリッツ・サミット
G7 Biarritz 2019.svg
200px
開催国 フランス
日程 2019年8月24日-26日
会場 ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏内・ビアリッツ
参加者 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
日本の旗 日本
イタリアの旗 イタリア
カナダの旗 カナダ
欧州連合の旗 欧州連合
前回 第44回先進国首脳会議
次回

第46回先進国首脳会議(中止)

第47回先進国首脳会議(事実上)
ウェブサイト www.elysee.fr/en/g7

2014年にG7は、ロシアのクリミア編入を受け、今のままではG8でのロシアとの意味のある議論はできないと宣言、それ以降、ロシアを除いたG7内で会議が継続されている。

開催地編集

フランス・ビアリッツにあるオテル・デュ・パレ(Hôtel du Palais)が会場に選ばれた[3]。セッションはビアリッツのベルビュー・コンベンションセンターで行われた[4]

日程編集

資料による[5]

  • 8月24日
    12:00: 欧州理事会議長による記者会見
    19:30: マクロン大統領による公式歓迎
    20:30: G7首脳ディナー
  • 8月25日
    9:30: ワーキングセッション
    13:00: ワーキングランチ(不平等との戦い)
    14:00: G7ジェンダー平等諮問委員会のプレゼン
    15:00: ワーキングセッション(アフリカとのG7パートナーシップ)
    19:00: 拡大ディナー
  • 8月26日
    10:00: 拡大ワーキングセッション(気候、生物多様性、海洋)
    13:00: 拡大ワーキングランチ(デジタルトランスフォーメーション
    14:45: クロージングセッション

サミットの参加者編集

 
2日目のワーキングセッション

第45回先進国首脳会議には、G7加盟7か国の指導者に加えて欧州連合(EU)の代表者が出席した。 欧州委員会委員長は、1981年以降のすべての会議と意思決定に毎回(期限を設けずに)出席しているが、今回は自身の手術のため欠席した[6]。2010年6月にカナダが主催した第36回G8主要国首脳会議以来、欧州理事会議長が当会議のEUの共同代表を務めている。

イギリスボリス・ジョンソン首相は初めてのG7サミット参加となった。 また、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長は最後のG7サミット参加となった。

フランス共和国のエマニュエル・マクロン大統領は、インドナレンドラ・モディ首相オーストラリアスコット・モリソン首相スペインペドロ・サンチェス首相らを特別招待者としてG7サミットのアウトリーチ・セッションに招待した。

採択編集

意見の隔たりが埋められず、首脳宣言の採択は見送られ、議長国のマクロン大統領の提案で合意内容が1枚の宣言文書[7]にまとめられた[8]。宣言には貿易、イラン、ウクライナ、リビア、香港の5項目について記された[9]

その他編集

  • 会議では、欧州が反対しているロシアのサミット復帰を議論されたが、議論内容は非公表とされた[10][11]

脚注編集