第45期順位戦は、1987年度(1986年6月 - 1987年3月)の順位戦である。順位戦は将棋タイトル戦の一つである名人戦の予選にあたる棋戦である。ここでは第45期名人戦についてもあわせて記述する。

第45期順位戦
開催期間 1986年6月 - 1987年3月
前名人 中原誠(通算11期目)
第45期名人 中原誠(通算12期目)
△昇級△
次期A 内藤國雄/青野照市
次期B1 大内延介/塚田泰明
次期B2 小野修一/高橋道雄
次期C1 浦野真彦/小野敦生/所司和晴
▼降級▼
次期B1 二上達也/小林健二
次期B2 田中魁秀/森安秀光/福崎文吾
次期C1 佐藤大五郎
次期C2 若松政和/佐瀬勇次
順位戦
第44期第46期 >
テンプレートを表示

第45期名人戦編集

開催:1987年4月 - 1987年6月

対局者 第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局 第7局
中原誠名人 名人位防衛
米長邦雄九段

順位戦結果編集

  •    :名人挑戦・次期昇級    :降級    :降級点1回
  • B級2組とC級1組は降級点2回で降級。

A級編集

名人挑戦1名、降級2名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 大山康晴 十五世名人 64 6-4(11) 5 4
2 米長邦雄 九段 43 6-4(4) 6 3 名人挑戦
3 加藤一二三 九段 47 6-4(7) 3 6
4 谷川浩司 九段 24 5-5(1) 6 3
5 森雞二 九段 40 5-5(3) 5 4
6 桐山清澄 棋聖 39 5-5(6) 6 3
7 有吉道夫 九段 51 5-5(9) 3 6
8 二上達也 九段 55 5-5(10) 3 6 降級
9 南芳一 八段 23 9-2(B1 11) 5 4
10 小林健二 八段 30 8-3(B1 4) 3 6 降級

名人挑戦者決定戦(プレーオフ)
第1局:● 谷川 - 桐山 ○
第2局:○ 米長 - 桐山 ●

B級1組編集

昇級2名、降級3名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 森安秀光 八段 37 4-6(A 2) 4 9 降級
2 勝浦修 九段 40 4-6(A 5) 5 8
3 青野照市 八段 34 4-6(A 8) 11 2 昇級
4 内藤國雄 九段 47 7-4(5) 12 1 昇級
5 板谷進 八段 46 7-4(8) 6 7
6 田中寅彦 八段 29 6-5(1) 7 6
7 石田和雄 八段 40 6-5(3) 5 8
8 淡路仁茂 八段 37 5-6(6) 6 7
9 真部一男 七段 35 5-6(10) 5 8
10 福崎文吾 十段 27 4-7(2) 4 9 降級
11 前田祐司 七段 33 4-7(12) 5 8
12 田丸昇 七段 36 3-8(7) 10 3
13 西村一義 八段 45 8-2(B2 1) 6 7
14 田中魁秀 八段 40 8-2(B2 3) 5 8 降級

B級2組編集

昇級2名、降級点4名、降級点2点で降級

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 宮坂幸雄 八段 57 2-9(B1 9) 3 7
2 脇謙二 六段 26 8-2(5) 6 4
3 塚田泰明 六段 22 8-2(19) 8 2 昇級
4 木村義徳 八段 51 7-3(21) 5 5
5 大内延介 九段 45 6-4(6) 9 1 昇級
6 加藤博二 九段 63 6-4(12) 6 4
7 児玉孝一 六段 36 6-4(20) 6 4
8 鈴木輝彦 六段 32 5-5(4) 5 5
9 長谷部久雄 八段 53 5-5(10) 3 7
10 桜井昇 七段 45 5-5(11) 5 5
11 中村修 王将 24 5-5(14) 8 2
12 関根茂 九段 57 5-5(17) 5 5
13 佐伯昌優 八段 50 5-5(18) 5 5
14 吉田利勝 七段 53 5-5(22) 5 5 降級点1→0
15 丸田祐三 九段 68 4-6(7) 3 7 降級点0→1
16 東和男 六段 31 4-6(8) 7 3
17 北村昌男 八段 52 4-6(9) 5 5
18 芹沢博文 九段 50 4-6(15) 0 10 降級点0→1
19 安恵照剛 七段 46 8-2(C1 8) 2 8 降級点0→1
20 島朗 六段 24 8-2(C1 18) 6 4
21 佐藤大五郎 八段 50 3-7(2) 3 7 降級

C級1組編集

昇級2名、降級点4名、降級点2点で降級

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 山口千嶺 七段 49 2-8(B2 16) 6 4
2 野本虎次 七段 41 2-8(B2 23) 1 9 降級点0→1
3 武者野勝巳 五段 33 8-2(20) 4 6
4 佐藤義則 七段 38 7-3(11) 8 2
5 高島弘光 八段 45 6-4(1) 3 7
6 坪内利幸 六段 38 6-4(2) 6 4
7 高橋道雄 王位 26 6-4(3) 9 1 昇級
8 神谷広志 五段 25 6-4(4) 5 5
9 伊藤果 六段 36 6-4(7) 4 6
10 宮田利男 六段 34 6-4(13) 7 3
11 室岡克彦 五段 28 6-4(19) 2 8 降級点0→1
12 土佐浩司 五段 32 6-4(22) 7 3
13 西川慶二 五段 25 5-5(5) 8 2
14 河口俊彦 六段 50 4-6(9) 5 5
15 山口英夫 七段 45 4-6(15) 3 7
16 佐瀬勇次 八段 68 4-6(21) 1 9 降級
17 滝誠一郎 六段 38 3-7(6) 5 5
18 富沢幹雄 八段 66 3-7(14) 4 6 降級点1
19 富岡英作 五段 22 10-0(C2 45) 8 2
20 小野修一 五段 29 9-1(C2 27) 10 0 昇級
21 堀口弘治 五段 25 8-2(C2 5) 3 7
22 剱持松二 七段 52 2-8(10) 4 6 降級点1
23 木下晃 六段 47 2-8(17) 4 6 降級点1
24 若松政和 六段 47 1-9(12) 3 7 降級

C級2組編集

昇級3名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 菊地常夫 六段 37 3-7(C1 16) 4 6
2 小阪昇 五段 37 8-2(25) 7 3
3 泉正樹 五段 26 7-3(3) 7 3
4 植山悦行 四段 29 7-3(10) 3 7
5 有森浩三 五段 24 7-3(12) 6 4
6 依田有司 四段 29 7-3(13) 4 6
7 日浦市郎 四段 21 7-3(41) 7 3
8 関浩 四段 26 7-3(46) 3 7
9 飯野健二 六段 32 6-4(2) 5 5
10 井上慶太 四段 23 6-4(4) 6 4
11 神吉宏充 四段 28 6-4(7) 6 4
12 浦野真彦 四段 23 6-4(8) 10 0 昇級
13 酒井順吉 五段 37 6-4(11) 4 6
14 森下卓 五段 20 6-4(22) 8 2
15 池田修一 五段 42 6-4(30) 0 10
16 有野芳人 五段 38 6-4(33) 4 6
17 桐谷広人 五段 37 6-4(34) 3 7
18 椎橋金司 五段 38 6-4(36) 1 9
19 伊藤博文 四段 27 6-4(43) 3 7
20 小林宏 四段 24 6-4(44) 2 8
21 小野敦生 四段 24 5-5(15) 9 1 昇級
22 飯田弘之 四段 25 5-5(20) 8 2
23 森信雄 五段 35 5-5(23) 1 9
24 加瀬純一 四段 29 5-5(29) 5 5
25 田辺一郎 六段 48 5-5(35) 2 8
26 達正光 四段 21 5-5(42) 6 4
27 大島映二 五段 29 4-6(6) 7 3
28 松浦隆一 五段 35 4-6(9) 7 3
29 沼春雄 五段 38 4-6(17) 4 6
30 中田章道 五段 35 4-6(18) 7 3
31 木村嘉孝 五段 56 4-6(39) 2 8
32 大野八一雄 四段 28 3-7(14) 6 4
33 伊達康夫 七段 50 3-7(16) 5 5
34 武市三郎 五段 33 3-7(19) 4 6
35 永作芳也 五段 31 3-7(24) 5 5
36 五十嵐豊一 九段 62 3-7(31) 4 6
37 廣津久雄 九段 64 3-7(32) 6 4
38 大原英二 七段 58 2-8(1) 2 8
39 小堀清一 九段 75 2-8(21) 2 8 (引退)
40 瀬戸博晴 四段 30 2-8(26) 5 5
41 北村文男 六段 66 2-8(28) 5 5 (引退)
42 森安正幸 五段 39 2-8(37) 3 7
43 青木清 五段 39 2-8(40) 3 7
44 本間博 四段 28 三段 6 4
45 阿部隆 四段 19 三段 8 2
46 所司和晴 四段 25 三段 9 1 昇級
47 中田宏樹 四段 22 三段 6 4
48 安西勝一 四段 23 三段 7 3
49 羽生善治 四段 16 三段 8 2

その他編集

1987年から開始された竜王戦について、第1期の1組から6組のクラス分けは、当期順位戦の結果に基づく次期順位戦の順位表を基礎として(当期限りの引退者を除き、新四段とC級2組陥落の現役棋士を含む)、前身の十段戦における十段タイトル保持者・永世十段資格者・十段リーグ残留者・その他タイトル保持者を本戦シードや上位クラスに割り当てる等の調整を行っている。詳細は第1期竜王戦の項目を参照のこと。

脚注編集

出典編集