第46回トロント国際映画祭

第46回トロント国際映画祭は2021年9月9日から18日まで開催された[1]。オープニング作品はスティーヴン・チョボスキー英語版監督による同名ミュージカルを映画化した『ディア・エヴァン・ハンセン』、クロージング作品はチャン・イーモウ監督による『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』が上映された。観客賞はケネス・ブラナー監督の『ベルファスト』が受賞した[2]

第46回トロント国際映画祭
オープニングディア・エヴァン・ハンセン
クロージングワン・セカンド 永遠の24フレーム
会場 カナダの旗 カナダ トロント
創設 1976年
賞名 ピープルズ・チョイス・アウォード - 『ベルファスト
期間 2021年9月9日 - 18日
ウェブサイト tiff.net
トロント国際映画祭開催史

概要 編集

第46回は前回にひきつづき新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、従来の方法での上映とデジタル上映の"ハイブリッド方式"で行われた[3]

映画祭の芸術監督であるキャメロン・ベイリー英語版は、「2021年は2019年のような規模のプログラムには完全には戻らないものの、2020年のような縮小されたラインナップよりは大幅に大きくなるだろう」と述べ[1]、カナダのドキュメンタリー映画監督であるアラニス・オボンサウィン英語版に捧げられた回顧プログラムを含め、100本以上の映画が上映された[4]

映画祭の会場はTIFFベルライトボックス英語版プリンセス・オブ・ウェールズ・シアター英語版ロイ・トムソン・ホールにて対面上映が行われ、プリンセス・オブ・ウェールズ・シアターとロイ・トムソン・ホールにてオープニング・ナイト・ガラプレゼンテーションの『ディア・エヴァン・ハンセン』のワールドプレミア上映が行われ、シネスフィア英語版では『DUNE/デューン 砂の惑星』のIMAXワールドプレミア上映が行われた[4]

また、前回に引き続き、デジタルプラットフォームである「デジタルTIFFベルライトボックス」でのデジタル上映も行われ、今回はトロントだけでなく、カナダの他の都市でも初めてサテライト上映が行われた[4]

プログラム 編集

2021年6月に映画祭に選ばれた最初の13作品が発表され、ガラ・プレゼンテーションとスペシャル・プレゼンテーションの上映作品は7月20日に発表された[5][6]。一方、コンテンポラリー・ワールド・シネマとディスカバリー部門の上映作品は7月28日に発表され[7]、ドキュメンタリー部門、ミッドナイト・マッドネス、ウェイブレングスは8月4日に発表され[8]、短編作品は8月11日に発表され[9]、プライムタイムは8月13日に発表された[10]

ウォルト・ベッカー英語版監督の『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』は当初、ガラ・プレゼンテーションのひとつに選ばれたが、デルタ株の影響により、配給会社のパラマウント・ピクチャーズが公開を延期したため、出品を取り消した[11]

また、映画祭では、スティーヴン・ソダーバーグ監督の未発表の新作を上映するスペシャルイベントの開催も発表され[12][13]、1991年にソダーバーグが監督した映画『KAFKA/迷宮の悪夢』を再編集した『Mr. Kneff』が上映された[14]

ガラ・プレゼンテーション 編集

ガラ・プレゼンテーションとして以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
ベルファスト Belfast ケネス・ブラナー   イギリス
ベルイマン島にて Bergman Island ミア・ハンセン=ラヴ   フランス
ディア・エヴァン・ハンセン Dear Evan Hansen (オープニング作品) スティーヴン・チョボスキー英語版   アメリカ合衆国
Jagged アリソン・クレイマン英語版   アメリカ合衆国
ザ・デスパレート・アワー Lakewood フィリップ・ノイス   カナダ
ラストナイト・イン・ソーホー Last Night in Soho エドガー・ライト   イギリス
ディストピア 2043 未知なる能力 Night Raiders ダニス・グーレ英語版   カナダ
  ニュージーランド
ワン・セカンド 永遠の24フレーム 一秒钟 (クロージング作品) チャン・イーモウ   中国
サイレント・ナイト Silent Night カミラ・グリフィン   イギリス
ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ The Electrical Life of Louis Wain ウィル・シャープ英語版   イギリス
The Forgiven ジョン・マイケル・マクドナー   イギリス
The Good House マヤ・フォーブス英語版
ウォレス・ウォロダースキー英語版
  アメリカ合衆国
社会から虐げられた女たち Le Bal des folles メラニー・ロラン   フランス
アウシュヴィッツの生還者 The Survivor バリー・レヴィンソン   アメリカ合衆国
  カナダ
  ハンガリー
わたしは最悪。 Verdens Verste Menneske ヨアキム・トリアー   ノルウェー

スペシャル・プレゼンテーション 編集

スペシャル・プレゼンテーションとして以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
Ha'berech ナダヴ・ラピド   イスラエル
  フランス
  ドイツ
Ali & Ava クリーオ・バーナード英語版   イギリス
All My Puny Sorrows マイケル・マッゴーワン英語版   カナダ
Benediction テレンス・デイヴィス英語版   イギリス
Charlotte エリック・ワリン
タヒル・ラナ
  カナダ
  フランス
  ベルギー
Dionne Warwick: Don't Make Me Over デイブ・ウーリー
デヴィッド・ヘイルブロナー英語版
  アメリカ合衆国
ドライブ・マイ・カー 濱口竜介   日本
静かなる侵蝕 Encounter マイケル・ピアース   アメリカ合衆国
  イギリス
france ブリュノ・デュモン   フランス
  ドイツ
  イタリア
  ベルギー
アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド Ich bin dein Mensch マリア・シュラーダー   ドイツ
Inexorable ファブリス・ドゥ・ヴェルツ英語版   ベルギー
  フランス
犬王 湯浅政明   日本
  中国
Lingui, les liens sacrés マハマト=サレ・ハルーン   チャド
  フランス
  ドイツ
  ベルギー
帰らない日曜日 Mothering Sunday エヴァ・ウッソン英語版   イギリス
コンペティション Competencia Oficial マリアノ・コーン英語版
ガストン・ドゥプラット英語版
  スペイン
  アルゼンチン
秘密の森の、その向こう Petite Maman セリーヌ・シアマ   フランス
Sundown ミシェル・フランコ   メキシコ
La caja ロレンソ・ビガス   アメリカ合衆国
  メキシコ
タミー・フェイの瞳 The Eyes of Tammy Faye マイケル・ショウォルター英語版   アメリカ合衆国
瀑布 チョン・モンホン英語版   台湾
THE GUILTY/ギルティ The Guilty アントワーン・フークア   アメリカ合衆国
ザ・ヒューマンズ The Humans ステファン・カラム英語版   アメリカ合衆国
The Middle Man ベント・ハーメル   ノルウェー
  カナダ
  ドイツ
  デンマーク
パワー・オブ・ザ・ドッグ The Power of the Dog ジェーン・カンピオン   オーストラリア
  ニュージーランド
ムクドリ The Starling セオドア・メルフィ   アメリカ合衆国
ストーリー・オブ・マイ・ワイフ A feleségem története エニェディ・イルディコー   ハンガリー
  ドイツ
  イタリア
  フランス
3つの鍵 Tre piani ナンニ・モレッティ   イタリア
  フランス
Violet ジャスティン・ベイトマン英語版   アメリカ合衆国
アンネ・フランクと旅する日記 Where Is Anne Frank アリ・フォルマン   ベルギー
  フランス
  オランダ
  ルクセンブルク
  アイスランド
Wolf ナタリー・ビアンケリドイツ語版   アイルランド
  ポーランド

特別上映 編集

特別上映として以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
英雄の証明 Ghahreman アスガル・ファルハーディー   イラン
DUNE/デューン 砂の惑星 Dune ドゥニ・ヴィルヌーヴ   アメリカ合衆国
  ハンガリー
MEMORIA メモリア Memoria アピチャートポン・ウィーラセータクン   コロンビア
  タイ
  イギリス
  フランス
  ドイツ
  メキシコ
Memory Box: Echoes of 9/11 デイビット・ベルトン英語版
ビョルン・ジョンソン
  イギリス
  アメリカ合衆国
NBA Films For Fans created with OLG
(Born IdentitiesInheritanceThe ShotDraft DayShorty)
キャスリーン・ジェイム
ショーン・ジェラルド
シーン・マイケル・タレル英語版
クリスチャン・バルツ英語版
ロメオ・キャンディード
  カナダ
スペンサー ダイアナの決意 Spencer パブロ・ラライン   イギリス
  ドイツ
Surprise Screening of New Steven Soderbergh Film
(Mr. Kneff)[注釈 1]
スティーヴン・ソダーバーグ   アメリカ合衆国
Triumph: Rock & Roll Machine サム・ダン英語版
マーク・リシャルデリ
  カナダ

コンテンポラリー・ワールド・シネマ 編集

セレブレイティング・アラニス 編集

ドキュメンタリー部門 編集

ドキュメンタリー部門として以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
Attica スタンリー・ネルソン・ジュニア英語版   アメリカ合衆国
Burning エヴァ・オーナー英語版   オーストラリア
Beba レベッカ・ハント   アメリカ合衆国
  メキシコ
海洋探検家クストーの遺産 Becoming Cousteau リズ・ガルバス英語版   アメリカ合衆国
Comala ジャン・カッシーニ   メキシコ
The Devil's Drivers モハメッド・アブゲト
ダニエル・カーセンティ
  カタール
  フランス
  レバノン
  ドイツ
FLEE フリー Flee ジョナス・ポエール・ラスムーセン英語版   アメリカ合衆国
  イギリス
  フランス
  スウェーデン
  ノルウェー
  デンマーク
Hold Your Fire ステファン・フォーブス英語版   アメリカ合衆国
Julia ジュリー・コーエン
ベッツィ・ウェスト英語版
  アメリカ合衆国
Listening to Kenny G ペニー・レイン英語版   アメリカ合衆国
Oscar Peterson: Black and White パリー・アヴリッチ英語版   カナダ
THE RESCUE 奇跡を起こした者たち The Rescue エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ英語版
ジミー・チン英語版
  アメリカ合衆国
  イギリス
Three Minutes: A Lengthening ビアンカ・スティグター   オランダ
  イギリス
Wochiigii lo: End of the Peace ヘザー・ハッチ   カナダ

ディスカバリー 編集

ミッドナイト・マッドネス部門 編集

ミッドナイト・マッドネス部門として以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
After Blue (Paradis Sale) ベルトラン・マンディコ英語版   フランス
Dashcam ロブ・サヴェージ   イギリス
  アメリカ合衆国
Saloum ジャン・リュック・ハービュロット英語版   セネガル
TITANE/チタン Titane ジュリア・デュクルノー   フランス
You Are Not My Mother ケイト・ドラン   アイルランド
Zalava アルサラン・アミリ   イラン

ウェイブレングス 編集

プラットフォーム 編集

プライムタイム 編集

プライムタイム部門として以下の作品が選ばれた[15]

日本語題 原題 監督 製作国
コリン・イン・ブラック・アンド・ホワイト Colin in Black & White エイヴァ・デュヴァーネイ
コリン・キャパニック
  アメリカ合衆国
地獄が呼んでいる Hellbound ヨン・サンホ   韓国
The Panthers トム・ハーン英語版
ハライフォヌア・フィナウ
  ニュージーランド
Sort Of ビラル・ベイグ英語版
ファブ・フィリッポ英語版
  カナダ

短編作品 編集

TIFFリワインド 編集

TIFFシネマテーク 編集

コースト・トゥ・コースト・スクリーニングス 編集

インダストリー・セレクツ 編集


受賞者 編集

受賞者は9月18日に発表され、一部はTIFFトリビュート・アワードの放送中の生中継と授賞式終了後にソーシャルメディア上で発表された[16]。上映作品の中で『DUNE/デューン 砂の惑星』、『ラストナイト・イン・ソーホー』、『スペンサー ダイアナの決意』は配給会社がデジタルプラットフォームでのオンライン上映を許可していなかったため、観客賞の対象外となった[17]

作品 監督
観客賞 - 受賞 ベルファスト ケネス・ブラナー
観客賞 - 次点1位 Scarborough シャシャ・ナカイ英語版
リッチ・ウィリアムソン英語版
観客賞 - 次点2位 パワー・オブ・ザ・ドッグ ジェーン・カンピオン
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 受賞 THE RESCUE 奇跡を起こした者たち エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ英語版
ジミー・チン英語版
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 次点1位 Dionne Warwick: Don't Make Me Over デイブ・ウーリー
デヴィッド・ヘイルブロナー英語版
観客賞(ドキュメンタリー部門) - 次点2位 Flee ヨナス・ポエール・ラスムセン
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 受賞 TITANE/チタン ジュリア・デュクルノー
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 次点1位 You Are Not My Mother ケイト・ドラン
観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門) - 次点2位 Dashcam ロブ・サヴェージ
プラットフォーム賞 Yuni カミラ・アンディニ英語版
プラットフォーム賞 - 佳作 Mlungu Wam ジェナ・バス英語版
カナダ長編映画賞 Ste. Anne レイン・ヴァーメット英語版
カナダ長編映画賞 - 佳作 Scarborough シャシャ・ナカイ
リッチ・ウィリアムソン
カナダ短編映画賞 Angakusajaujuq: The Shaman's Apprentice ザカリアス・クヌク英語版
カナダ短編映画賞 - 佳作 Nuisance Bear ジャック・ワイズマン
ガブリエラ・オシオ・ヴァンデン
国際短編映画賞 Pa Vend サミール・カラホーダ
国際短編映画賞 - 佳作 Trumpets in the Sky ラカン・マヤシ
FIPRESCI Anadolu Leoparı エムレ・カイス
ネットパック賞 Costa Brava, Lebanon モーニア・アキ
アンプリファイ・ボイス The Gravedigger's Wife Khadar Ayderus Ahmed
A Night of Knowing Nothing パヤル・カパディア英語版
チェンジメーカー賞 Scarborough シャシャ・ナカイ
リッチ・ウィリアムソン
シェア・ハー・ジャーニー ASTEL ラマタ=トゥライエ・サイ
シェア・ハー・ジャーニー - 佳作 Milý tati ダイアナ・キャム・バン・グエン

TIFFトリビュート・アワード 編集

映画で傑出した俳優や映画製作者を称えるために対する功労賞のTIFFトリビュート・アワード(TIFF Tribute Award)が前回に引き続き発表され、授賞式は9月18日に行われ、前回と同様にCTVによって放送された[18][19][20][21][22]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ スティーヴン・ソダーバーグ監督の未発表の新作を上映するスペシャルイベントとして開催され、当日までタイトルは内容が未発表だったが、1991年にソダーバーグが監督した映画『KAFKA/迷宮の悪夢』を再編集した『Mr. Kneff』が上映された[12][12][14]

出典 編集

  1. ^ a b Barry Hertz, "TIFF planning ‘substantially bigger’ 2021 film festival compared to last year’s hybrid event". The Globe and Mail, May 3, 2021.
  2. ^ 斉藤博昭 (2021年9月19日). “今年トロントを制したのは、ケネス・ブラナーの半自伝的作品。「ナイル殺人事件」も控え、超注目の監督に”. Yahoo!ニュース (Yahoo!JAPAN). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/db264cf7070f502b29a06a3b5afc70e85472d0c9 2021年10月1日閲覧。 
  3. ^ "Toronto film festival plans return to in-person, digital hybrid model for 2021". Toronto Star, May 6, 2021.
  4. ^ a b c Peter Howell, "TIFF cautiously rebounds from pandemic with 100-plus features planned, but no popcorn". Toronto Star, June 23, 2021.
  5. ^ Fleming Jr., Mike (2021年7月20日). “com/2021/07/2021-toronto-film-festival-slate-dear-evan-hansen-1234796440/ 2021 Toronto Festival Unveils 'Dear Evan Hansen' As Opening Night Premiere; Check Out First Slated Films” (英語). Deadline. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ Rubin, Rebecca (2021年7月20日). “Toronto Film Festival Lineup Adds 'Dear Evan Hansen, ' The Eyes of Tammy Faye' and 'Clifford the Big Red Dog'” (英語). Variety. 2021年10月1日閲覧。
  7. ^ Rebecca Rubin, "Toronto Film Festival Unveils Contemporary World Cinema and Discovery Lineup". Variety, July 28, 2021.
  8. ^ Anthony D'Alessandro, "TIFF Unveils Docs, Midnight Madness & Wavelengths Lineup With Palme d'Or Winner 'Titane', Liz Garbus' 'Becoming Cousteau' & More". Deadline Hollywood', August 4, 2021.
  9. ^ Brian Welk, "'Spencer,' Princess Diana Film Starring Kristen Stewart, Added to Toronto Lineup". TheWrap', August 11, 2021.
  10. ^ "Julia Child doc, Colin Kaepernick drama, CBC genderfluid dramedy join TIFF lineup". Victoria Times-Colonist', August 13, 2021.
  11. ^ Erik Pedersen and Anthony D'Alessandro, "'Clifford The Big Red Dog' Pulled From Paramount Release Schedule Over Delta Concerns; Pic Looking For New Date". Deadline Hollywood, July 30, 2021.
  12. ^ a b c Anthony D'Allessandro, "Steven Soderbergh Surprise Movie To Premiere At TIFF". Deadline Hollywood', September 2, 2021.
  13. ^ “スティーブン・ソダーバーグ監督、トロント国際映画祭で未発表の新作をサプライズ上映”. 映画.com. (2021年9月10日). https://eiga.com/news/20210910/42/ 2021年10月1日閲覧。 
  14. ^ a b Hassannia, Tina (2021年9月18日). “Steven Soderbergh Reintroduces His Cult Classic 'Kafka' After Decades of Tinkering” (英語). IndieWire. 2021年10月1日閲覧。
  15. ^ a b c d e f Films + Events”. トロント国際映画祭. 2021年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月1日閲覧。
  16. ^ Steve Pond, "‘Belfast’ Wins Toronto Film Festival’s People’s Choice Award". ザ・ラップ英語版, September 18, 2021.
  17. ^ Anthony D'Alessandro, "‘Dune’, ‘Last Night In Soho’ & ‘Spencer’ Among Those Movies Not Eligible To Compete For TIFF’s Top Prize, The People’s Choice Award". Deadline Hollywood, September 14, 2021.
  18. ^ Victoria Ahearn, "Alanis Obomsawin, Denis Villeneuve to get TIFF Tribute Awards at Toronto film fest". Toronto Star, July 22, 2021.
  19. ^ Etan Vlessing, "Toronto: Jessica Chastain to Receive TIFF Tribute Actor Award". The Hollywood Reporter, August 5, 2021.
  20. ^ Etan Vlessing, "Toronto: Benedict Cumberbatch to Receive TIFF Tribute Actor Award". The Hollywood Reporter, August 12, 2021.
  21. ^ Selome Hailu, "Dionne Warwick and Danis Goulet to Receive TIFF Tribute Awards". Variety, August 26, 2021.
  22. ^ Pat Saperstein, "‘Power of the Dog’ Cinematographer Ari Wegner to Be Honored With TIFF Variety Artisan Award". Variety, September 2, 2021.

外部リンク 編集