第46回ベルリン国際映画祭

第46回ベルリン国際映画祭は1996年2月15日から26日まで開催された。

目次

概要編集

コンペティション部門には24本の長編と10本の短編が出品され、アン・リージェーン・オースティンの『分別と多感』を映画化した『いつか晴れた日に』が金熊賞を受賞。また、ジャック・レモンエリア・カザンに名誉賞が贈られた。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
デッドマン・ウォーキング
Dead Man Walking
ティム・ロビンス   アメリカ合衆国
絵の中のぼくの村 東陽一   日本
Faithful ポール・マザースキー   アメリカ合衆国
ゲット・ショーティ
Get Shorty
バリー・ソネンフェルド   アメリカ合衆国
美しき青年 全泰壱
아름다운 청년 전태일
パク・クァンス   韓国
君が、嘘をついた。
Les menteurs
エリ・シュラキ   フランス
あこがれ美しく燃え
Lust och fägring stor
ボー・ヴィーデルベリ   スウェーデン  デンマーク
カップルズ
麻將
エドワード・ヤン   台湾
ジキル&ハイド
Mary Reilly
スティーヴン・フリアーズ   アメリカ合衆国
私の男
Mon homme
ベルトラン・ブリエ   フランス
Portland ニルス・アーゼン・オプレウ   デンマーク
恋の闇 愛の光
Restoration
マイケル・ホフマン   アメリカ合衆国  イギリス
Ri guang xia gu
(Sun Valley、日光峡谷)
ハー・ピン   中国
リチャード三世
Richard Ⅲ
リチャード・ロンクレイン   イギリス  アメリカ合衆国
いつか晴れた日に
Sense and Sensibility
アン・リー   アメリカ合衆国  イギリス
盗聴2
Stille Nacht
ダニ・レヴィ   ドイツ  スイス
太陽に暴かれて
太陽有耳
イム・ホー   中国
12モンキーズ
Twelve Monkeys
テリー・ギリアム   アメリカ合衆国
ラ・グーレットのひと夏
Un été à La Goulette
フェリッド・ブーゲディール   チュニジア  フランス  ベルギー
Vite strozzate
(Strangled Lives)
リッキー・トニャッツィ   イタリア  フランス  ベルギー
What I Have Written ジョン・ヒューズ   オーストラリア
聖週間
Wielki tydzien
アンジェイ・ワイダ   ポーランド  ドイツ  フランス
Éxtasis
(Ecstasy)
マリアノ・バロソ   スペイン

コンペティション外編集

日本映画編集

コンペティション部門で上映された東陽一の『絵の中のぼくの村』が銀熊賞の貢献賞(Silver Bear for an outstanding single achievement)を受賞した。

また、パノラマ部門では長崎俊一の『ロマンス』が、フォーラム部門で荒戸源次郎の『ファザーファッカー』、大木裕之の『Heaven-6-Box』、押井守の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』がそれぞれ上映された。

審査員編集

外部リンク編集