第5回スーパーボウル

1971年1月に開催のNFLスーパーボウル

第5回スーパーボウル(Super Bowl V)は1971年1月17日フロリダ州マイアミマイアミ・オレンジボウルで開催された試合。AFL-NFL合併後初の開催となった。AFCチャンピオンであるボルチモア・コルツNFCチャンピオンであるダラス・カウボーイズが対戦し、コルツがカウボーイズを16-13で破って、初のスーパーボウル制覇[1]を果たした。MVPは敗戦チームのカウボーイズからラインバッカーであるチャック・ハウリーが受賞した。敗戦チームからMVPが選ばれたのはハウリーのみである[2]

第5回スーパーボウル
Super Bowl V
1 2 3 4

BAL 0 6 0 10

16
DAL 3 10 0 0

13
開催日 1971年1月17日
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
開催地 フロリダ州マイアミ
MVP チャック・ハウリー, カウボーイズ
優勝予想 Colts by 2½
国歌斉唱 トミー・ロイ
コイントス レフェリー
ハーフタイム サウスイースト・ミズーリ州立大学エラ・フィッツジェラルドキャロル・チャニング
入場者数 79,204
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 カート・ゴウディカイル・ロート
視聴率 39.9 (全米)
占有率 75 (全米)
CM広告料
(30秒)
7万2千ドル
 < 第4回 スーパーボウル 第6回 > 

背景

編集

開催地決定まで

編集

1970年3月17日、ホノルルで開かれたオーナー会議で、第5回スーパーボウルをマイアミで開催することが決定した。

ボルチモア・コルツ

編集

ダラス・カウボーイズ

編集

試合経過

編集
ドライブごとの試合経過
開始 ボール保持 ドライブ TOP 結果 得点内容 得点
Q 時間 地点 P yd yd 得点者 PAT コルツ カウボーイズ
1 15:00 自陣24 カウボーイズ 3 8 2:10 パント
1 12:50 自陣26 コルツ 3 5 2:04 パント
1 10:46 自陣37 カウボーイズ 3 0 1:41 パント
1 9:05 自陣47 コルツ 1 0:12 インターセプト
1 8:53 自陣20 カウボーイズ 4 12 2:32 パント
1 コルツ リターナーファンブルロスト
1 6:21 敵陣9 カウボーイズ 3 2 1:40 フィールドゴール成功 14 Clark 0 3
1 5:32 自陣36 コルツ 3 8 2:28 パント
1-2 3:04 自陣20 カウボーイズ 8 58 3:12 フィールドゴール成功 30 Clark 0 6
2 14:52 自陣25 コルツ 3 75 0:42 タッチダウン(パス) 75 ユナイタス→Mackey キック失敗 6 6
2 14:10 自陣20 カウボーイズ 3 -2 1:04 パント
2 13:06 自陣38 コルツ 3 -1 1:28 パント
2 11:38 自陣33 カウボーイズ 3 -5 1:30 パント
2 10:08 自陣21 コルツ 3 0 1:08 ファンブルロスト
2 9:00 自陣28 カウボーイズ 3 28 1:07 タッチダウン(パス) 7 Morton→Thomas キック成功 6 13
2 7:53 自陣38 コルツ 3 25 1:46 インターセプト
2 6:07 自陣15 カウボーイズ 6 3 3:19 パント
2 2:48 自陣48 コルツ 7 50 2:32 第4ダウン失敗
2 0:16 自陣2 カウボーイズ 1 2 0:16 前半終了
前半終了
3 15:00 コルツ 0:17 ファンブルロスト
3 14:43 敵陣31 カウボーイズ 6 29 3:35 ファンブルロスト
3 11:08 自陣1 コルツ 11 55 5:54 52ydフィールドゴール失敗
3 5:14 自陣1 カウボーイズ 3 3 2:13 パント
3-4 3:01 自陣39 コルツ 5 50 3:06 インターセプト
4 14:55 自陣20 カウボーイズ 4 27 2:25 パント
4 12:30 自陣18 コルツ 9 52 3:19 ファンブルロスト
4 9:11 自陣20 カウボーイズ 3 3 1:01 インターセプト
4 8:10 敵陣3 コルツ 2 3 0:35 タッチダウン(ラン) 2 Nowatzke キック成功 13 13
4 7:35 自陣35 カウボーイズ 5 20 3:32 パント
4 4:03 自陣5 コルツ 3 5 2:11 パント
4 1:52 敵陣48 カウボーイズ 2 -25 0:53 インターセプト
4 0:59 自陣28 コルツ 2 3 0:54 フィールドゴール成功 32 O’Brien 16 13
4 0:05 自陣40 カウボーイズ 1 0:05 Int
P=プレー数、TOP=タイム・オブ・ポゼッションPAT=ポイント・アフター・タッチダウン。 アメリカンフットボールの用語集 (enも参照。 16 13

試合はターンオーバーの応酬となり、カウボーイズのクレイグ・モートンは第4Qにインターセプトを3回喫した。

カウボーイズはマイク・クラークが2本のFGを決めて6-0とリードした。その後、コルツはジョニー・ユナイタスジョン・マッキーへの75ヤードのTDパスを決めるが、トライフォーポイントが失敗に終わり逆転はならず、カウボーイズはドウェイン・トーマスへの7ヤードのTDパスで13-6とリードして前半を終了した。

第4Q、コルツはトム・ノワツキーの2ヤードのTDランで13-13と同点に追いついた。

残り時間9秒にコルツの新人キッカー、ジム・オブライエンが32ヤードのFGを決めてコルツが勝利した。

両軍は合計で、11回のターンオーバー、14回のペナルティを犯した[2]

コルツのドライブ
# ドライブ TOP 結果
プレー ヤード
1 3 5 2:04 パント
2 1 0:12 インターセプト
3 3 8 2:28 パント
4 3 75 0:42 タッチダウン(パス)
5 3 -1 1:28 パント
6 3 0 1:08 ファンブルロスト
7 3 25 1:46 インターセプト
8 7 50 2:32 第4ダウン失敗
前半終了
9 11 55 5:54 52ydフィールドゴール失敗
10 5 50 3:06 インターセプト
11 9 52 3:19 ファンブルロスト
12 2 3 0:35 タッチダウン(ラン)
13 3 5 2:11 パント
14 2 3 0:54 フィールドゴール成功
カウボーイズのドライブ
# ドライブ TOP 結果
プレー ヤード
1 3 8 2:10 パント
2 3 0 1:41 パント
3 3 -12 1:32 パント
4 3 2 1:40 フィールドゴール成功
5 8 58 3:12 フィールドゴール成功
6 3 -2 1:04 パント
7 3 -5 1:30 パント
8 3 28 1:07 タッチダウン(パス)
9 6 3 3:19 パント
10 1 2 0:16 前半終了
前半終了
11 6 29 3:35 ファンブルロスト
12 3 3 2:13 パント
13 4 27 2:25 パント
14 3 3 1:01 インターセプト
15 5 20 3:32 パント
16 2 -25 0:53 インターセプト
17 1 0:05 インターセプト

スターティングラインアップ

編集
コルツ ポジション カウボーイズ
オフェンス
エディー・ヒントン
Eddie Hinton
WR ボブ・ヘイズ
Bob Hayes
ボブ・ヴォーゲル
Bob Vogel
LT ラルフ・ニーリー
Ralph Neely
グレン・レスラー
Glenn Ressler
LG ジョン・ニーランド
John Niland
ビル・カリー
Bill Curry
C デイブ・マンダース
Dave Manders
ジョン・ウィリアムズ
John Williams
RG ブレイン・ナイ
Blaine Nye
ダン・サリバン
Dan Sullivan
RT レイフィールド・ライト
Rayfield Wright
ジョン・マッキー
John Mackey
TE ペティス・ノーマン
Pettis Norman
ロイ・ジェファーソン
Roy Jefferson
WR レジー・ラッカー
Reggie Rucker
ジョニー・ユナイタス
Johnny Unitas
QB クレイグ・モートン
Craig Morton
ノーム・ビュライチ
Norm Bulaich
RB ドウェイン・トーマス
Duane Thomas
トム・ノワツキ
Tom Nowatzke
RB ウォルト・ギャリソン
Walt Garrison
スペシャルチーム
ジム・オブライエン
Jim O'Brien
K マイク・クラーク
Mike Clark
デビッド・リー
David Lee
P ロン・ウィドビー
Ron Widby
コルツ ポジション カウボーイズ
ディフェンス
ババ・スミス
Bubba Smith
LE ラリー・コール
Larry Cole
ビリー・レイ・スミス
Billy Ray Smith
LDT ジェスロ・ピュー
Jethro Pugh
フレッド・ミラー
Fred Miller
RDT ボブ・リリー
Bob Lilly
ロイ・ヒルトン
Roy Hilton
RDE ジョージ・アンドリー
George Andrie
レイ・メイ
Ray May
LOLB デイブ・エドワーズ
Dave Edwards
マイク・カーティス
Mike Curtis
MLB リー・ロイ・ジョーダン
Lee Roy Jordan
テッド・ヘンドリクス
Ted Hendricks
ROLB チャック・ハウリー
Chuck Howley
チャーリー・スタックス
Charlie Stukes
LCB ハーブ・アダリー
Herb Adderley
ジム・ダンカン
Jim Duncan
RCB メル・レンフロ
Mel Renfro
ジェリー・ローガン
Jerry Logan
SS コーネル・グリーン
Cornell Green
リック・ヴォルク
Rick Volk
FS チャーリー・ウォーターズ
Charlie Waters
ヘッドコーチ
ドン・マクファーティ
Don McCafferty
トム・ランドリー
Tom Landry

トーナメント表

編集
                       
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月27日
オークランド・コロシアム
       
AFCチャンピオンシップ
 ドルフィンズ  14
    1月3日
メモリアル・スタジアム
 レイダース  21  
 レイダース  17
12月26日
メモリアル・スタジアム
     コルツ  27   第5回スーパーボウル
 ベンガルズ  0
    1月17日
マイアミ・オレンジボウル
 コルツ  17  
 コルツ  16
12月26日
コットン・ボウル
NFCチャンピオンシップ    カウボーイズ  13
 ライオンズ  0
    1月3日
キーザー・スタジアム
 カウボーイズ  5  
 カウボーイズ  17
12月27日
メトロポリタン・スタジアム
     49ers  10  
 49ers  17
   
 バイキングス  14  
  • 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • いずれのホームで開催するかについては現行のシード順ではなく、毎年のローテーションで決定されていた。
  • 対戦カードといずれのホームで試合を行うかはレギュラーシーズンの成績によるものではなく、
    毎年のローテーションであらかじめ決められている。

脚注

編集
  1. ^ AFL-NFL合併前の旧NFLで3回優勝している。
  2. ^ a b The 10 Worst Super Bowls”. スポーツ・イラストレイテッド. 2013年12月5日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集