メインメニューを開く

第5期順位戦は、1951年度(1950年6月 - 1951年3月)の順位戦である。順位戦は将棋タイトル戦の一つである名人戦の予選にあたる棋戦である。ここでは第10期名人戦についてもあわせて記述する。

第5期順位戦
開催期間 1950年6月 - 1951年3月
前名人 木村義雄(通算7期目)
第10期名人 木村義雄(通算8期目)
△昇級△
次期A 原田泰夫/松田茂行/荒巻三之
次期B 灘照一/廣津久雄
次期C1 二見敬三/吉田六彦
▼降級▼
次期B 高島一岐代/大野源一/南口繁一/
五十嵐豊一
次期C1 北楯修哉/中井捨吉
次期C2 畝美与吉/野村慶虎
順位戦陥落 佐藤豊
順位戦
第4期第6期 >
テンプレートを表示

第10期名人戦編集

開催:1951年4月 - 1951年6月

対局者 第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局 第7局
木村義雄名人 名人位防衛
升田幸三八段

ルールの改定編集

  • 挑戦者の選出方法:名人挑戦者決定戦を廃止し、A級優勝者を直ちに挑戦者とする。同率者のある場合に限り3番勝負によって決する。
  • 各クラスの対局数:A級は総当たり。B級以下はくじ引きにより各12局とする。持ち時間は7時間。
  • 同率者の場合:今期のみ簡単な方法で昇降級の決戦を行う。以降は前期の成績により上位者を優先する。
  • 昇降級:これまでA級のみだった降級を全級で行う。基本はA-B間の昇降は3名。以下の級間は2名。C級2組の降級者は奨励会に参加して四段の資格で対局し、1年間指し分け以上の成績でC級2組に復活。
  • アマチュアの参加:第3期から全日本アマチュア名人戦大会の第1位より4位までのうち、希望により順位戦への参加が特典となっていたが、今期限りで廃止。
  • 「前名人」の称号:前名人の称号は現名人(木村)の「前」の名人に限りこれを認め、その資格を失った場合八段とする。

順位戦結果編集

  •    :名人挑戦・次期昇級
  •    :次期降級

A級編集

名人挑戦1名・降級4名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 大山康晴 八段 28 6-2(2) 8 2
2 升田幸三 八段 33 6-2(3) 8 1 名人挑戦
3 丸田祐三 八段 32 5-3(4) 7 3
4 塚田正夫 前名人 36 4-4(1) 5 5
5 高島一岐代 八段 34 4-4(8) 3 7 降級
6 五十嵐豊一 八段 26 3-5(7) 1 8 降級
7 大野源一 八段 39 3-5(5) 3 7 降級
8 高柳敏夫 八段 31 7-1(B) 6 4
9 板谷四郎 八段 37 6-2(B) 3 6
10 南口繁一 八段 32 6-2(B) 3 7 降級
張出 坂口允彦 八段 42 休場 6 3
松田辰雄 八段 34 休場 0 0 休場

B級編集

順位なし・昇級3名・降級2名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
北楯修哉 八段 38 2-6(A/6) 2 10 降級/引退
原田泰夫 八段 28 3-5(A/9) 11 1 昇級
小堀清一 七段 39 6-2 5 7
萩原淳 八段 46 5-3 4 8
金高清吉 七段 32 5-3 5 7
山本武雄 七段 34 4-3 5 6
梶一郎 八段 38 4-4 6 6
京須行男 七段 37 4-4 6 6
松下力 七段 38 4-4 6 6
大和久彪 七段 37 4-4 6 6
建部和歌夫 八段 41 4-4 4 8
加藤博二 七段 27 4-4 8 4
松田茂行 七段 29 4-4 11 1 昇級
斎藤銀次郎 八段 46 3-5 8 4
村上真一 八段 53 3-5 6 6
中井捨吉 七段 58 3-5 2 10 降級
山川次彦 七段 31 3-5 6 6
小泉雅信 八段 50 2-5 2 9
佐瀬勇次 七段 32 2-6 5 7
松浦卓造 七段 36 2-6 7 5
荒巻三之 七段 36 2-6 8 4 昇級[1]
花村元司 七段 33 8-0(C1) 7 5
北村秀治郎 七段 43 7-1(C1) 7 5
富沢伝助 七段 30 5-3(C1) 6 6

C級1組編集

順位なし・昇級2名・降級2名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
下平幸男 六段 26 5-3 4 7
灘照一 六段 24 5-3 10 2 昇級
山中和正 六段 36 5-3 6 6
星田啓三 六段 34 5-3 4 8
岡崎史明 六段 43 5-3 7 5
廣津久雄 六段 28 4-4 10 2 昇級
橋爪敏太郎 六段 42 4-4 7 5
加藤恵三 六段 42 4-4 7 5
本間一雄 六段 31 4-4 7 5
畝美与吉 六段 50 3-5 3 9 降級
市川一郎 六段 48 2-6 4 7
間宮純一 六段 42 2-6 5 7
藤内金吾 六段 58 2-6 6 6
野村慶虎 六段 51 2-6 1 11 降級
藤川義夫 六段 42 2-6 7 5
清野静男 六段 28 8-0(C2) 7 5
神田鎮雄 六段 21 5-1(C2) 6 6

C級2組編集

順位なし・昇級2名・降級1名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
平野広吉 五段 35 6-2 6 6
熊谷達人 四段 20 4-2 8 4
二見敬三 四段 19 3-3 8 4 昇級
角田三男 五段 41 3-3 7 5
増田敏二 五段 35 3-3 8 4
浅沼一 四段 26 4-4 6 6
木川貴一 四段 31 4-4 5 7
佐藤豊 四段 36 4-4 1 11 降級
鈴木禎一 五段 51 3-5 7 5
西本馨 四段 27 1-5 6 6
吉田六彦 五段 41 2-6 8 4 昇級
内山龍馬 四段 アマチュア代表 4 8
加納和夫 四段 アマチュア代表 7 5
宮本茂 四段 アマチュア代表 3 9

脚注編集

  1. ^ 昇級の最後の一枠を斎藤、加藤、荒巻の同率決戦。勝利した荒巻がA級に昇級。

参考文献編集