メインメニューを開く

第50回グラミー賞 (50th Grammy Awards) は2008年2月10日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。テレビ中継は例年どおりCBSで放送され、日本ではWOWOWで放送された。

目次

概要編集

今回はエイミー・ワインハウスが授賞式直前にビザ発給を拒否したものの、年間最優秀レコード賞を含む主要部門を含む5部門を受賞した。ニューエイジ部門にノミネートされていた喜多郎は受賞を逃した。さらに朗読アルバム部門では大統領選挙で戦い、2009年に大統領に就任したバラク・オバマ大統領が受賞した。

主要部門受賞者編集

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門編集

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞

トラディッショナル・ポップ編集

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞

ダンス編集

最優秀ダンス・レコーディング賞
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞

ロック編集

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
最優秀メタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック楽曲賞
最優秀ロック・アルバム賞

オルタナティヴ編集

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞

R&B編集

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
最優秀R&B楽曲賞
最優秀R&Bアルバム賞
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞

ラップ編集

最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンス賞
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ラップ・コラボレーション賞
最優秀ラップ楽曲賞
最優秀ラップ・アルバム賞

カントリー編集

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀カントリー・コラボレーション賞
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー楽曲賞
最優秀カントリー・アルバム賞

フォーク編集

最優秀ブルーグラス・アルバム賞

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム賞

ジャズ編集

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞 - 奏者
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞 - インディビデュアル/グループ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞

ラテン編集

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
最優秀ラテン・アーバン・アルバム賞
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム賞
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
最優秀テハーノ・アルバム賞
最優秀バンダ・アルバム賞

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム賞

ポルカ編集

最優秀ポルカ・アルバム賞

ワールドミュージック編集

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
最優秀ハワイアン・ミュージック・アルバム賞
  • 『Treasures of Hawaiian Slack Key Guitar』 - Various Artists

スポークン・ワード編集

最優秀朗読アルバム賞

コメディ編集

最優秀コメディ・アルバム賞

映画、テレビ、その他ビジュアルメディア編集

最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム
最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム
最優秀ソング

作曲・編曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)

制作(非クラシカル)編集

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(サラウンドサウンド)編集

最優秀サラウンドサウンド・アルバム

制作(クラシカル)編集

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)

ミュージック・ビデオ編集

最優秀短編ミュージック・ビデオ
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞編集

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注編集

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ Edna Gundersen (2008年2月10日). “MusiCares honors Aretha Franklin at pre-Grammy party”. USA TODAY. 2011年10月22日閲覧。

外部リンク編集