第51回世界卓球選手権団体戦

第51回世界卓球選手権団体戦英語: 2012 World Team Table Tennis Championships)は、2012年3月25日から4月1日まで、ドイツドルトムントにあるヴェストファーレンホールで開催された[1]。中国が2大会ぶりのアベック優勝を果たした。

第51回世界卓球選手権団体戦
大会概要
開催期間 2012年3月25日 - 4月1日
回次 51
開催地 ドイツの旗 ドイツドルトムント
会場 ヴェストファーレンホール
優勝者
男子団体 中華人民共和国の旗 中国
女子団体 中華人民共和国の旗 中国

試合形式編集

大会には男子は120カ国・地域、女子は93カ国・地域が出場した。2010年の第50回世界卓球選手権団体戦の成績およびITTFのランキングに基づきチームが振り分けられた。

この大会の結果によって。5月10日から13日かけて、ロンドンオリンピックの団体最終予選が開催されることとなっている。

シード編集

世界チャンピオンは24カ国地域によって争われる。18カ国地域は前回大会の18位まで[2]、前回大会のセカンドディビジョンの上位2カ国地域、残る国地域から2012年2月時点の世界ランキング上位4カ国地域による。

参加資格 男子団体 女子団体
前回大会上位18位まで[3]
前回大会ディビジョン2上位2カ国   セルビア
  スロベニア
  スウェーデン
  トルコ
ITTF世界ランキング
(ranking in February)[4]
  フランス (12)
  ギリシャ (16)
  デンマーク (20)
  スロバキア (21)
  チェコ (14)
  オーストリア (19)
  セルビア (20)
  フランス (21)

男子編集

予選[5] 1位 2位 3位 4位 5位 6位
A組   中国   香港   スウェーデン   北朝鮮   ギリシャ   スロベニア
B組   ドイツ   ポルトガル   シンガポール   セルビア   スペイン   チェコ
C組   韓国   オーストリア   チャイニーズ・タイペイ   フランス   ハンガリー   デンマーク
D組   日本   ベラルーシ   ポーランド   ロシア   クロアチア   スロバキア
順位 チーム 主な出場選手
1   中国 馬龍張継科王皓許昕馬琳
2   ドイツ ティモ・ボルドミトリ・オフチャロフパトリック・バウムバスティアン・シュテガークリスティアン・ズース
3   韓国 朱世赫柳承敏呉尚垠金珉錫鄭榮植
3   日本 水谷隼岸川聖也丹羽孝希松平賢二吉村真晴
5   オーストリア 陳衛星ヴェルナー・シュラガーロベルト・ガルドシュダニエル・ハベソーンシュテファン・フェゲルル
6   スウェーデン パル・イェレルヨルゲン・パーソンイェンス・ルンクウィストロベルト・スベンソンクリスティアン・カールソン
7   チャイニーズ・タイペイ 荘智淵陳建安呉志祺江宏傑李佳陞
8   シンガポール ガオ・ニンヤン・ツーパン・シュエジエ
9   香港 江天一レン・チュヤン唐鵬チェン・ユック李静
10   ベラルーシ ブラディミル・サムソノフエフゲニー・チチェチニンパベル・プラトノフアレクサンドル・クチュクキリル・バラバノフ
11   ポルトガル マルコス・フレイタスジョアン・モンテイロエニオ・メンデスアンドレ・シルバ
12   ポーランド ワン・ツォンイーバルトス・スッチヤクブ・コソウスキダニエル・ゴラクロベルト・フローラス
13   北朝鮮 ジャン・ソンマンキム・ヒョクボンキム・チョルジンキム・ソンナム
14   ロシア アレクセイ・スミルノフキニル・スカチコフアレクサンドル・シバエフイゴール・ルブツォフフェドル・クズミン
15   ギリシャ パナギオティス・ギオニスカリニコス・クレアンガコンスタンティノス・パパイエオリウー
16   セルビア アレクサンダー・カラカセビッチゾルコ・ペテマルコ・イェフトヴィッチドラガン・スボティッチ
17   ハンガリー ヤカブ・ヤーノシュアダム・パタンチュスダニエル・ツヴィックルダニエル・コシバ
18   フランス シモン・ゴーズィエマニュエル・ルベッソンクエンティン・ロビノートリスタン・フローレ
19   スロバキア トマス・カイナットルボミル・ピシュチェイペテル・シェレダミカル・バルドン
20   デンマーク アラン・ベンツェンヨナタン・グロットカスパー・ステアンベア
21   スペイン 何志文カルロス・マチャドアルフレード・カルネロスヘスス・カンテロマルク・デュラン
22   クロアチア ゾラン・プリモラッツアンドレイ・ガチーナトミスラフ・コラレク
23   チェコ ピーター・コルベルドミトリ・プロコプコフ
24   スロベニア サス・ラサンミチャ・ボルヴァットヤン・ジブラット

女子編集

予選[5] 1位 2位 3位 4位 5位 6位
A組   中国   ルーマニア   ハンガリー   ウクライナ   ベラルーシ   アメリカ合衆国
B組   シンガポール   オランダ   北朝鮮   スウェーデン   チャイニーズ・タイペイ   トルコ
C組   日本   ドイツ   ポーランド   スペイン   セルビア   フランス
D組   香港   韓国   オーストリア   チェコ   クロアチア   ロシア
順位 チーム 主な出場選手
1   中国 丁寧劉詩雯郭焱李暁霞郭躍
2   シンガポール 馮天薇王越古リ・ジャウェイスン・ベイベイ于梦雨
3   香港 帖雅娜姜華珺李皓晴呉穎嵐于國詩
3   韓国 キム・キョンア朴美英石賀浄梁夏銀唐汭序
5   日本 石川佳純福原愛平野早矢香藤井寛子石垣優香
6   オランダ リ・ジャオリ・ジェエレナ・チミナリンダ・クレーメルスブリット・イーランド
7   ドイツ 呉佳多イレーネ・イヴァンカン、バーテル、クリスティン・シルベライセンサビーネ・ヴィンター
8   ポーランド リー・チェンナタリア・パルティカカタジナ・ゴラズィボゥスカキンガ・ステファンスカマグダレナ・シュチェルコフスカ
9   北朝鮮 キム・ジョンキム・ヘソンリ・ ミギョンリ・ミョンスン
10   オーストリア リュウ・ジャリ・カンビンサラ・カインツエレナ・ワッガーマイヤー
11   ハンガリー ゲオルギナ・ポータペトラ・ロバスクリスティナ・トートサンドラ・ペルゲル
12   ルーマニア エリザベータ・サマラダニエラ・ドデアンベルナデッテ・スッチカメリア・ポストアカ
13   ベラルーシ ビクトリア・パブロビッチベロニカ・パブロビッチアレクサンドラ・プリバロワエレナ・ドゥブコワカツィアリーナ・バラウォク
14   チャイニーズ・タイペイ 黄怡樺鄭怡静陳思羽林佳慧鄭先知
15   ロシア アンナ・ティホミロワスベトラナ・ガニナオクサナ・ファデエワヤナ・ノスコワポリナ・ミハイロワ
16   クロアチア タマラ・ボロシュカメリア・モルナールユエン・ティエンイヴァナ・トゥビカネクペトラ・ペテク
17   チェコ イベタ・バチェノフスカダナ・ハダチョバダナ・ハダコワカテリナ・ペンカボバハナ・マテロワ
18   スペイン シェン・ヤンフェイ朱芳サラ・ラミレスガリア・ドボラク
19   ウクライナ マルガリタ・ペソツカテチャーナ・ビレンコガンナ・ガポノワ
20   スウェーデン マティルダ・エクホルムリンダ・ベリイストロムダニエラ・モスコヴィッツイェニフェル・ヨンソン
21   セルビア ガブリエラ・フェヘルアナ=マリア・エルデリアンドレア・トドロヴィッチモニカ・モルナール
22   フランス キャロル・グルンディッシュイーファン・シェンアリス・アバエマニュエル・レノン
23   アメリカ合衆国 アリエル・シンチャン・リリージュディ・ヒューエリカ・ウー高軍
24   トルコ フー・メレクフルヤ・イルディリムイペク・カラハン

日本選手団編集

男子は水谷隼岸川聖也松平賢二丹羽孝希吉村真晴の5名、女子は石川佳純福原愛平野早矢香藤井寛子石垣優香の5名が代表に選ばれた。男子監督は宮﨑義仁、女子監督は村上恭和が務めた[6]

男子は予選リーグでポーランドに敗れたものの4勝1敗で1位で通過[7]、準々決勝ではシンガポールを3-1で破った[8]。準決勝でドイツに敗れて3位となり、1977年のバーミンガム大会以来となる決勝進出はならず、3大会連続で銅メダルとなった[9]。女子は準々決勝で韓国に2-3で敗れ6大会連続のメダル獲得はならなかった[10]

日本での放送編集

テレビ東京TXN系列局で放送。メインキャスターに福沢朗、解説に近藤欽司松下浩二樋浦令子、実況に植草朋樹斉藤一也中川聡、東京スタジオからは秋元玲奈がドルトムントからは紺野あさ美が出演した。青山テルマの『夢の続きへ』が番組テーマ曲として使用された[11]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大会概要”. テレビ東京. 2012年3月30日閲覧。
  2. ^ 2012 World Team Playing System (PDF)”. ITTF. 2012年3月26日閲覧。
  3. ^ Final positions of the 2010 World Team Table Tennis Championships”. ittf.com. 2012年3月26日閲覧。
  4. ^ ITTF World Team Ranking”. ittf.com. 2012年3月26日閲覧。
  5. ^ a b グループ3位までが決勝トーナメント進出
  6. ^ 日本代表”. テレビ東京. 2012年3月31日閲覧。
  7. ^ 日本男子が1位通過=女子も8強―世界卓球”. スポーツナビ (2012年3月29日). 2012年3月31日閲覧。
  8. ^ 日本男子、メダル確定=女子は準々決勝敗退―世界卓球”. スポーツナビ (2012年3月30日). 2012年3月31日閲覧。
  9. ^ 日本男子は銅メダル=水谷2敗、地元ドイツに1―3―世界卓球団体戦”. スポーツナビ (2012年3月31日). 2012年3月31日閲覧。
  10. ^ 日本女子、大激戦の末に韓国に逆転負け 6大会連続のメダル逃す”. スポーツナビ (2012年3月30日). 2012年3月31日閲覧。
  11. ^ キャスター・実況・解説”. テレビ東京. 2012年3月31日閲覧。

外部リンク編集