メインメニューを開く

第52回スーパーボウル(Super Bowl LII)は、2018年2月4日にミネソタ州ミネアポリスUSバンク・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールNFL)の試合。2017年シーズンのNFLチャンピオンの座をかけて、AFC王者ニューイングランド・ペイトリオッツとNFC王者フィラデルフィア・イーグルスが対戦した。

第52回スーパーボウル
Super Bowl LII
1 2 3 4

PHI 9 13 7 12

41
NE 3 9 14 7

33
開催日 2018年2月4日
スタジアム USバンク・スタジアム
開催地 ミネソタ州ミネアポリス
MVP ニック・フォールズ
国歌斉唱 ピンク
コイントス ハーシェル・W・ウィリアムズ名誉勲章受章者)
審判 ジーン・ステレーター
ハーフタイム ジャスティン・ティンバーレイク
入場者数 67,612
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 アル・マイケルズ(実況)
クリス・コリンズワース(解説)
 < 第51回 スーパーボウル 第53回 > 

ミネアポリスでスーパーボウルが開催されるのは第26回スーパーボウル以来2度目、ペイトリオッツとイーグルスがスーパーボウルで対戦するのも第39回スーパーボウル以来、2度目となる。前回は、24対21でペイトリオッツが勝利している。

試合は41-33でイーグルスが勝ち、MVPはQBのニック・フォールズが獲得した。

目次

開催地決定まで編集

2013年10月8日、以下のスタジアムが最終候補地になることが発表された[1][2]

2014年3月20日のオーナー会議での投票により、開催地はミネアポリスに決定された[3]

出場チーム編集

AFC、NFC共に第1シードのチームがスーパーボウルに勝ち上がってきた。AFC代表のニューイングランド・ペイトリオッツは、2年連続10度目の出場であり、21世紀に入ってから行われたスーパーボウル18回のうち、8回に出場している。NFC代表のフィラデルフィア・イーグルスはペイトリオッツと対戦した第39回スーパーボウル以来、13年ぶり3度目の出場となった[4][5]

ニューイングランド・ペイトリオッツは、この試合の前までに5回スーパーボウルを制覇しており、この試合に連覇と最多タイ(最多はピッツバーグ・スティーラーズ)の6度目のスーパーボウル制覇がかかっていた。一方、フィラデルフィア・イーグルはNFL・AFL統合前の1970年以前にはNFLチャンピオンゲームを3度制覇してはいたが統合後2度のスーパーボウル出場(第15回・第39回)はいずれも敗戦しており、初制覇がかかっていた。

ニューイングランド・ペイトリオッツ編集

前年、スーパーボウルを制覇したペイトリオッツは、守備がリーグ30位と精細を欠き、開幕直前にエースWRジュリアン・エデルマンを今季絶望の怪我で欠いたものの、ロブ・グロンコウスキーブランディン・クックス英語版ダニー・アメンドーラ英語版らをターゲットとしたトム・ブレイディのパス攻撃がリーグ2位、ジェームス・ホワイト英語版ディオン・ルイス英語版によるリーグ10位のラン攻撃と合わせた総攻撃でリーグ1位を記録した。

AFCの首位争いは、第13週終了時点で10勝2敗の首位のピッツバーグ・スティーラーズを同率2位のペイトリオッツ(タイブレークで劣後)が追っていた。ペイトリオッツは第14週に敗戦し、1敗差を追うことになったが、第15週の直接対決をペイトリオッツが制して、勝敗で並び、直接対決のタイブレークにより首位に立つと、残りの2試合も全勝し、第1シードでプレーオフに進出した[6][7]。プレイオフでは、ディビジョナルラウンドでテネシー・タイタンズに勝利した後の練習中にブレイディが右手を怪我し[8]、AFC決勝の試合中にグロンコウスキーが脳震盪で負傷退場するなど[9]、トラブルに見舞われたが、スーパーボウル初出場を目指したジャクソンビル・ジャガーズに勝利し、2年連続のスーパーボウル出場を決めた。

フィラデルフィア・イーグルス編集

前年にドラフト全体2位でQBカーソン・ウェンツを指名し、7勝を挙げるも地区最下位に終わったイーグルスはウェンツのパスターゲットとしてベテランWRアルション・ジェフリートーリー・スミスを獲得、ラン攻撃にはニューイングランドを放出となったRBリギャレット・ブラウントを獲得して攻撃の戦力を整え、ドラフトでは守備選手を上位で獲得した。開幕から好調でNFC首位を走ったが怪我人も多く、シーズン途中にマイアミからRBジェイ・アジャイを獲得する。シーズンMVP級の大活躍を魅せたQBカーソン・ウェンツが第14週のロサンゼルス・ラムズ戦で今季絶望の怪我を負い[10]前年シーズンには地区優勝チームがシーズン終盤のエースQB負傷によりプレイオフ初戦で敗退した例があったためイーグルスも同様に失速するのではないかと不安視されたが[11]、3年前までのエースQBであり今季出戻りの形で控え選手となっていたニック・フォールズが堅実な試合運びでNFCの第1シードを勝ち取った。攻撃面では強固な攻撃ラインを活かしたランパスオプションをメインとし、守備面はDTフレッチャー・コックスを軸に強力な守備ライン4人で相手QBに圧力を与え、ラン守備ではリーグ首位の成績を残した。Sマルコム・ジェンキンスが率いる守備バック陣はビッグプレイを量産し試合の流れを変えた。[12] 控えQBでプレイオフを戦うという不利な状況から第1シードにもかかわらず低い下馬評だったもののディビジョナルラウンドではアトランタ・ファルコンズに、NFC決勝ではミネソタ・バイキングスにそれぞれ勝利し13年ぶりのスーパーボウル進出を決めた[13]

ペイトリオッツの戦績
日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/7 カンザスシティ・チーフス 27–42 0–1
2 9/17 at ニューオーリンズ・セインツ 36–20 1–1
3 9/24 ヒューストン・テキサンズ 36–33 2–1
4 10/1 カロライナ・パンサーズ 30–33 2–2
5 10/5 at タンパベイ・バッカニアーズ 19–14 3–2
6 10/15 at ニューヨーク・ジェッツ 24–17 4–2
7 10/22 アトランタ・ファルコンズ 23–7 5–2
8 10/29 ロサンゼルス・チャージャーズ 21–13 6–2
9 バイウィーク
10 11/12 at デンバー・ブロンコス 41–16 7–2
11 11/19 at オークランド・レイダーズ 33–8 8–2
12 11/26 マイアミ・ドルフィンズ 35–17 9–2
13 12/3 at バッファロー・ビルズ 23–3 10–2
14 12/11 at マイアミ・ドルフィンズ 20–27 10–3
15 12/17 at ピッツバーグ・スティーラーズ 27–24 11–3
16 12/24 バッファロー・ビルズ 37–16 12–3
17 12/31 ニューヨーク・ジェッツ 26–6 13–3
プレイオフ
WC 第1シードにより免除
DP 1/13 テネシー・タイタンズ 35–14
CC 1/21 ジャクソンビル・ジャガーズ 24–20
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦
イーグルスの戦績
日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/10 at ワシントン・レッドスキンズ 30–17 1–0
2 9/17 at カンザスシティ・チーフス 20–27 1–1
3 9/24 ニューヨーク・ジャイアンツ 27–24 2–1
4 10/1 at ロサンゼルス・チャージャーズ 26–24 3–1
5 10/8 アリゾナ・カージナルス 34–7 4–1
6 10/12 at カロライナ・パンサーズ 28–23 5–1
7 10/23 ワシントン・レッドスキンズ 34–24 6–1
8 10/29 サンフランシスコ・49ers 33–10 7–1
9 11/5 デンバー・ブロンコス 51–23 8–1
10 バイウィーク
11 11/19 at ダラス・カウボーイズ 37–9 9–1
12 11/26 シカゴ・ベアーズ 31–3 10–1
13 12/3 at シアトル・シーホークス 10–24 10–2
14 12/10 at ロサンゼルス・ラムズ 43–35 11–2
15 12/17 at ニューヨーク・ジャイアンツ 34–29 12–2
16 12/25 オークランド・レイダーズ 19–10 13–2
17 12/31 ダラス・カウボーイズ 0–6 13–3
プレイオフ
WC 第1シードにより免除
DP 1/13 アトランタ・ファルコンズ 15–10
CC 1/21 ミネソタ・バイキングス 38–7
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦

エンターテインメント編集

試合前編集

ピンクアメリカ国歌レスリー・オドム・ジュニア英語版が愛国歌であるアメリカ・ザ・ビューティフル英語版を歌った。ピンクはフィラデルフィア出身であり、当日は体調不良を抱えていたが今回の国歌斉唱の栄誉は誰にも渡せないと見事に歌い上げた。

2016年シーズンのプレシーズンゲームでコリン・キャパニックが国歌斉唱中の起立を拒否し、人種差別への抗議を示したのをきっかけに、国歌斉唱中に人種差別への抗議を示すムーブメントがNFLで起こり、このシーズンもこのムーブメントが続いていた。シーズン中にトランプ大統領が、ツイッター上でこのムーブメントに不快感を示したことから物議を醸していたが、この試合においてはそのような行動は起こされなかった[14]

ハーフタイムショー編集

ジャスティン・ティンバーレイクがハーフタイムショーでパフォーマンスを披露した。ティンバーレイクは、2001年の第35回スーパーボウルイン・シンクの一員としてハーフタイムショーに出演し、2004年の第38回スーパーボウルでは、ジャネット・ジャクソンとハーフタイムショーに出演しているので、これで3回目の出演となった。

試合経過編集

フィラデルフィア・イーグルス 対 ニューイングランド・ペイトリオッツ
1 2 34総得点
イーグルス (NFC) 9 13 71241
ペイトリオッツ (AFC) 3 9 14733

- ミネソタ州ミネアポリス USバンク・スタジアム

  • 開催日: 2018年2月4日
  • 開始時間: 午後5:31(-0600(CST)
  • 天気: 室内スタジアム
  • 観客動員数: 67,612
  • Recap, Game Book

スターティングラインアップ編集

イーグルス ポジション ペイトリオッツ
オフェンス
アルション・ジェフリー
Alshon Jeffery
WR ブランディン・クックス
Brandin Cooks
ハラポリバーティ・バイタイ
Halapoulivaati Vaitai
LT ネイト・ソルダー
Nate Solder
ステフェン・ウィズニュースキー
Stefen Wisniewski
LG ジョー・サニー
Joe Thuney
ジェイソン・ケルシー
Jason Kelce
C デビッド・アンドリュース
David Andrews
ブランドン・ブルックス
Brandon Brooks
RG シャック・メイソン
Shaq Mason
レーン・ジョンソン
Lane Johnson
RT キャメロン・フレミング
Cameron Fleming
ザック・アーツ
Zach Ertz
TE ロブ・グロンコウスキー
Rob Gronkowski
ネルソン・アゴロー
Nelson Agholor
WR クリス・ホーガン
Chris Hogan
ニック・フォールズ
Nick Foles
QB トム・ブレイディ
Tom Brady
リギャレット・ブラウント
LeGarrette Blount
RB ディオン・ルイス
Dion Lewis
トーリー・スミス
Torrey Smith
WR FB ジェームズ・デベリン
James Develin
スペシャルチーム
ジェイク・エリオット
Jake Elliott
K スティーブン・ゴストコウスキー
Stephen Gostkowski
ドニー・ジョーンズ
Donnie Jones
P ライアン・アレン
Ryan Allen
イーグルス ポジション ペイトリオッツ
ディフェンス
ビニー・カリー
Vinny Curry
DE LE トレイ・フラワーズ
Trey Flowers
ティミー・ジャーニガン
Timmy Jernigan
DT ローレンス・ガイ
Lawrence Guy
フレッチャー・コックス
Fletcher Cox
DT マルコム・ブラウン
Malcom Brown
ブランドン・グラハム
Brandon Graham
DE LB ジェームズ・ハリソン
James Harrison
マイカル・ケンドリックス
Mychal Kendricks
OLB LB カイル・バンノイ
Kyle Van Noy
ナイジェル・ブラッドハム
Nigel Bradham
OLB LB エランドン・ロバーツ
Elandon Roberts
ジェイレン・ミルズ
Jalen Mills
CB RCB ステファン・ギルモア
Stephon Gilmore
ロナルド・ダービー
Ronald Darby
CB LCB エリック・ロウ
Eric Rowe
コーリー・グラハム
Corey Graham
S パトリック・チャン
Patrick Chung
ロドニー・マクロード
Rodney McLeod
S デビン・マコーティ
Devin McCourty
マルコム・ジェンキンス
Malcolm Jenkins
S デュロン・ハーモン
Duron Harmon
ヘッドコーチ
ダグ・ピーダーソン
Doug Pederson
HC ビル・ベリチック
Bill Belichick

トーナメント表編集

                                   
2018年1月7日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
  1月14日
USバンク・スタジアム
         
 5  パンサーズ  26
 4  セインツ  24
 4  セインツ  31     1月21日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
 2  バイキングス  29  
NFC
2018年1月6日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
 2  バイキングス  7
1月13日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
   1  イーグルス  38  
 6  ファルコンズ  26 NFC チャンピオンシップ
 6  ファルコンズ  10
 3  ラムズ  13   2月4日
USバンク・スタジアム
 1  イーグルス  15  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
2018年1月7日
エバーバンク・フィールド
 N1  イーグルス  41
1月14日
ハインツ・フィールド
   A1  ペイトリオッツ  33
 6  ビルズ  3 第52回スーパーボウル
 3  ジャガーズ  45
 3  ジャガーズ  10     1月21日
ジレット・スタジアム
 2  スティーラーズ  42  
AFC
2018年1月6日
アローヘッド・スタジアム
 3  ジャガーズ  20
1月13日
ジレット・スタジアム
   1  ペイトリオッツ  24  
 5  タイタンズ  22 AFC チャンピオンシップ
 5  タイタンズ  14
 4  チーフス  21  
 1  ペイトリオッツ  35  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2017年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着

脚注編集

[ヘルプ]