メインメニューを開く

第53回スーパーボウル(Super Bowl LIII)は、2019年2月3日にジョージア州アトランタメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールNFL)の試合。2018年シーズンのNFLチャンピオンの座をかけて、AFC王者ニューイングランド・ペイトリオッツとNFC王者ロサンゼルス・ラムズが対戦した。

第53回スーパーボウル
Super Bowl LIII
1 2 3 4

NE 0 3 0 10

13
LAR 0 0 3 0

3
開催日 2019年2月3日
スタジアム メルセデス・ベンツ・スタジアム
開催地 ジョージア州アトランタ
MVP ジュリアン・エデルマン
国歌斉唱 グラディス・ナイト
コイントス バーニス・キング
審判 ジョン・パリー
ハーフタイム マルーン5トラビス・スコットビッグ・ボーイ
入場者数 70,081
第53回スーパーボウルの位置(アメリカ合衆国内)
ペイトリオッツ
ペイトリオッツ
ラムズ
ラムズ
開催地
開催地
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 ジム・ナンツ(実況)
トニー・ロモ(解説)
 < 第52回 スーパーボウル 第54回 > 

試合は13-3でペイトリオッツが勝ち、ジュリアン・エデルマンがMVPになった。

目次

開催地決定まで編集

2015年3月15日、以下のスタジアムが最終候補地になることが発表された[1][2]。2016年5月にオーナー投票が行われ、開催地がメルセデス・ベンツ・スタジアムに決定した。

出場チーム編集

AFC代表ニューイングランド・ペイトリオッツはAFC第2シードから3年連続11回目の出場、NFC代表ロサンゼルス・ラムズはNFC第2シードから17年ぶり4度目の出場である。勝利すれば、ペイトリオッツは2年ぶり6度目、ラムズは19年ぶり2度目のスーパーボウル制覇となる。両チームの対戦は第36回スーパーボウル以来17年ぶり2度目であり、この試合ではペイトリオッツが20対17で勝利し、スーパーボウル初出場であったトム・ブレイディがMVPを獲得している。

ニューイングランド・ペイトリオッツ編集

日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/9 ヒューストン・テキサンズ 27–20 1–0
2 9/16 at ジャクソンビル・ジャガーズ 20–31 1–1
3 9/23 at デトロイト・ライオンズ 10–26 1–2
4 9/30 マイアミ・ドルフィンズ 38–7 2–2
5 10/4 インディアナポリス・コルツ 38–24 3–2
6 10/14 カンザスシティ・チーフス 43–40 4–2
7 10/21 at シカゴ・ベアーズ 38–31 5–2
8 10/29 at バッファロー・ビルズ 25–6 6–2
9 11/4 グリーンベイ・パッカーズ 31–17 7–2
10 11/11 at テネシー・タイタンズ 10–34 7–3
11 バイウィーク
12 11/25 at ニューヨーク・ジェッツ 27–13 8–3
13 12/2 ミネソタ・バイキングス 24–10 9–3
14 12/9 at マイアミ・ドルフィンズ 33–34 9–4
15 12/16 at ピッツバーグ・スティーラーズ 10–17 9–5
16 12/23 バッファロー・ビルズ 24–12 10–5
17 12/30 ニューヨーク・ジェッツ 38–3 11–5
プレイオフ
WC 第2シードにより免除
DP 1/13 サンディエゴ・チャージャーズ 41–28
CC 1/20 at カンザスシティ・チーフス 37–31
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦

ペイトリオッツは、66歳のビル・ベリチックヘッドコーチの下、過去19年間で17回目の二桁勝利となる11勝5敗でレギュラーシーズンを終え、AFC東地区優勝、AFC第2シードでプレイオフに進出した。チームからプロボウルに選出された選手は2人しか居なかったが、リーグ4位の436得点、リーグ7位の325失点という好成績であった。プレイオフ初戦となるディビジョナルプレイオフでは、地区優勝を逃したためにペイトリオッツよりも良い勝率で第5シードに甘んじたサンディエゴ・チャージャーズを破った。続くAFC決勝では、チャージャーズを抑えて地区優勝に輝いた第1シードのカンザスシティ・チーフスを延長戦の末に破って、スーパーボウル出場を決めた。3年連続スーパーボウル出場は、マイアミ・ドルフィンズの3年連続(第6回第7回第8回)、バッファロー・ビルズの4年連続(第25回第26回第27回第28回)に次いで、ペイトリオッツが史上3チーム目となった。

オフェンス編集

41歳のQBトム・ブレイディは、パスで4355ヤード、29タッチダウン(11インターセプト)を獲得し、ラッシングでも35ヤード、2タッチダウンを獲得して、14回目のプロボウルに選出された。この成績により、NFL史上2人目の7万パスヤード、1000ラッシングヤードの両方を達成したQBとなった(史上初はブレット・ファーヴ)。

前シーズン、ブレイディのトップターゲットであったブランディン・クックスは、シーズン開幕前にスーパーボウルの対戦相手であるラムズにトレードで移籍したが、十字靭帯損傷で前シーズン全休したジュリアン・エデルマンが74キャッチ、850ヤード、6タッチダウンでトップターゲットに返り咲いた。WRでは、エデルマンの他に、主にクリス・ホーガン(35キャッチ、533ヤード、3タッチダウン)とジョシュ・ゴードン(40キャッチ、720ヤード、3タッチダウン)がブレイディのパスターゲットとなった。

TEロブ・グロンコウスキーは47キャッチ、682ヤード、3タッチダウンと前年よりパスキャッチの成績は落としたが、ブロッカーとしての活躍が目立った。

RBは、新人のソニー・ミシェルが931ヤード、6タッチダウンを獲得し、ベテランのジェームズ・ホワイトがパスキャッチとラッシングで、1176ヤード、12タッチダウンを獲得した[3]

ディフェンス編集

DEトレイ・フラワーズがチームトップの7.5サック、3ファンブルフォースを記録した。LBカイル・バンノイはチームトップの92タックルを記録し、3.5サック、1ファンブルフォース、2ファンブルリカバーを記録した。

ディフェンシブバック陣では、Sデュロン・ハーモンが2年連続4インターセプトを記録し、プロボウル選出のCBステフォン・ギルモアが2インターセプト、2ファンブルフォースを記録した。Sパトリック・チャンも84タックル、1インターセプト、1ファンブルリカバーと活躍した[3]

ロサンゼルス・ラムズ編集

日付 相手 結果 勝敗
レギュラーシーズン
1 9/10 at オークランド・レイダーズ 33–13 1–0
2 9/16 アリゾナ・カージナルス 34–0 2–0
3 9/23 ロサンゼルス・チャージャーズ 35–23 3–0
4 9/27 ミネソタ・バイキングス 38–31 4–0
5 10/7 at シアトル・シーホークス 33–31 5–0
6 10/14 at デンバー・ブロンコス 23–20 6–0
7 10/21 at サンフランシスコ・49ers 39–10 7–0
8 10/28 グリーンベイ・パッカーズ 29–27 8–0
9 11/4 at ニューオーリンズ・セインツ 35–45 8–1
10 11/11 シアトル・シーホークス 36–31 9–1
11 11/19 カンザスシティ・チーフス 54–51 10–1
12 バイウィーク
13 12/ 2 at デトロイト・ライオンズ 30–16 11–1
14 12/9 at シカゴ・ベアーズ 6–15 11–2
15 12/16 フィラデルフィア・イーグルス 23–30 11–3
16 12/23 at アリゾナ・カージナルス 31–9 12–3
17 12/30 サンフランシスコ・49ers 48–32 13–3
プレイオフ
WC 第2シードにより免除
DP 1/12 ダラス・カウボーイズ 30–22
CC 1/20 at ニューオーリンズ・セインツ 26–23
 勝利   敗戦  at:敵地での対戦

1999年から5年間、ラムズは、QBカート・ワーナー、RBマーシャル・フォークなどを擁する圧倒的なオフェンスで強豪チームとして名を馳せたが、2004年から2016年までチーム成績が低迷した。2016年、22年ぶりにセントルイスからロサンゼルスへ本拠地を移転したシーズンも4勝12敗と低迷したが、2017年にNFL史上最年少の30歳でショーン・マクベイがヘッドコーチに就任するとチーム成績は劇的に改善した。マクベイの下、2年目のQBジャレッド・ゴフは不振だった1年目から成績を改善して、3桁のパサーレイティングを記録し、チームは2017年シーズンNFC西地区優勝の11勝5敗で終えた(ワイルドカード敗退)。2018年のこのシーズンは、第9週でニューオーリンズ・セインツに負けるまでの開幕8連勝で始まり、13勝3敗で2年連続のNFC西地区優勝を輝いた。13勝3敗はNFCトップタイの勝率であったが、同じく13勝3敗のセインツに直接対決で敗北していたため、NFC第2シードでプレイオフに進出した。プレイオフ初戦のディビジョナルプレイオフでは、NFC東地区優勝、第4シードのダラス・カウボーイズを破った。第9週の再戦となったNFC決勝では、第1シードのセインツに延長戦の末に勝利して、第36回スーパーボウル以来、17年ぶり4度目のスーパーボウル出場を決めた。

オフェンス編集

このシーズン、ラムズオフェンスは、527得点、6738獲得ヤードを記録し、いずれもリーグ2位であった。3年目のQBジャレッド・ゴフはこのシーズンも成長を続け、自身最高の4688パスヤード(リーグ4位)、32タッチダウン、101.1、108ランシングヤード、2ラッシングタッチダウンを記録した。

ゴフのトップターゲットのロバート・ウッドは、86キャッチ1219ヤード、6タッチダウンを記録し、シーズン開幕前にペイトリオッツからトレードで獲得したブランディン・クックスは80キャッチ1204ヤード、5タッチダウンと活躍した。8試合で40キャッチしていたクーパー・カップが膝前十字靭帯を損傷し、残りシーズン絶望となったため、シーズン後半は、ジェラルド・エベレットジョシュ・レイノルズなどもゴフのターゲットになった。

プロボウル選出のRBトッド・ガーリーはリーグ4位の1251ヤードラッシング、17タッチダウンを記録し、パスプレーでも59キャッチ、580ヤード、5ラッシングタッチダウンと活躍した。17タッチダウンはリーグトップ、パスと合わせた22タッチダウン、132得点はリーグ5位であった。このシーズン、3チームを渡り歩き、12月にラムズと契約したRBC・J・アンダーソンは405ヤードラッシングを記録し、プレイオフの2試合ではいずれもチームトップのラッシングヤードを獲得した。

ディフェンス編集

ラムズディフェンスはプロボウル選出のDTアーロン・ドナルドを中心として展開し、ドナルドはリーグトップの20.5サックを記録した。このサック数は実にチーム全体41サックの半分であった。ドナルドの他には、ベテランDTエンダムカン・スーはチーム2位の4.5サックを記録し、プロボウル選出のLBコーリー・リトルトンは125タックル(チームトップ)、4サック、3インターセプト、2パントブロックを記録した。ラムズは、ジョシュ・ジョンソン(119タックル、4インターセプト)、マーカス・ピータース(3インターセプト)、ラマーカス・ジョイナー(78タックル)、経験豊富なアキブ・タリブという強力なディフェンシブバック陣も擁している[4]

エンターテイメント編集

試合前編集

開催地アトランタ生まれのクロエ&ハリー英語版が愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル英語版」を歌い、 同じくアトランタ生まれのグラディス・ナイトが国歌「星条旗よ永遠なれ」歌った[5][6]

ハーフタイムショー編集

マルーン5トラビス・スコットビッグ・ボーイがパフォーマンスを行った[7]

試合経過編集

ニューイングランド・ペイトリオッツ 対 ロサンゼルス・ラムズ
1 2 34総得点
ペイトリオッツ (AFC) 0 3 01013
ラムズ (NFC) 0 0 303

- ジョージア州アトランタ メルセデス・ベンツ・スタジアム

  • 開催日: 2019年2月3日
  • 開始時間: 午後6:30(-0500(EST)
  • 天気: ドーム球場[8] (開閉式スタジアム)
  • 観客動員数: 70,081
  • Recap, Gamebook

第1Q、試合開始直後のペイトリオッツの攻撃がインターセプトに終わり、次のドライブでもステファン・ゴストコウスキーのフィールドゴールが外れた。ラムズも前半2回しかファーストダウンを更新することができず、両チームとも試合開始から攻撃が上手く機能しなかった。両チーム合わせた前半の得点はペイトリオッツのフィールドゴールの3点のみに終わり、前半終了時としては、2対0で前半を終えた第9回スーパーボウルに次いで、2番目のロースコアゲームになった。

後半に入っても互いに相手の攻撃を抑え込む展開が続く中、第3Q終盤にラムズのキッカー、グレッグ・ズーラインが53ヤードのフィールドゴールを成功させて同点に追いつき、スーパーボウル史上最低合計得点、かつスーパーボウル史上初めて第3Q終了時点で0TDのまま、3対3で第4Qに突入した[9]。第4Q最初のラムズのドライブがパントに終わり、自陣31ヤードからの攻撃権を得たペイトリオッツは、4本のパスを立て続けに通し、残り2ヤードのところまで一気に前進するとルーキーのソニー・ミシェルが2ヤードのタッチダウンランを決めて、両チーム通じて初めてのタッチダウンで7点のリードを奪った。試合時間残り7分で7点を追うことになったラムズは、3本のパス成功で敵陣27ヤードまで攻め込んだが、エンドゾーン付近を狙ったパスをステファン・ギルモアにインターセプトされ、得点することはできなかった。

このインターセプトにより、試合時間残り4分17秒、7点リードで攻撃権を得たペイトリオッツは、ランプレー主体で時間を消費しながら、敵陣24ヤードまで攻め込み、フィールドゴールで3点追加して、勝利を決定づけた[10][11]。残り1分12秒、残りタイムアウトなしで攻撃権を得たラムズが10点差を追いつくためには、残り時間をほとんど消費せずに得点を決め、得点後のオンサイドキックを成功させて攻撃権を保有し続ける必要があった。しかし、敵陣30ヤードまで進んで狙った48ヤードフィールドゴールが左に外れて攻撃権を失い、ペイトリオッツの勝利が確定した[11]。ペイトリオッツは、ピッツバーグ・スティーラーズと並び史上最多タイの6度目のスーパーボウル制覇、また前年のスーパーボウル敗戦チームがスーパーボウルを制するのは、第7回スーパーボウルマイアミ・ドルフィンズ以来史上2度目[9]

なお、ペイトリオッツの13得点はスーパーボウル勝利チームの史上最少得点、かつ両チームの合計得点16、合計タッチダウン数1も過去最少だった[12]。これまでの勝利チームの最少得点は、第7回スーパーボウルのマイアミ・ドルフィンズの14得点、両チームの合計得点の最少記録も同大会の21得点であった[13]。また、ラムズの3得点は、第6回スーパーボウルで敗退したドルフィンズと並び、スーパーボウル史上最少得点タイ記録である[14]

MVPには、10キャッチ141ヤードでペイトリオッツの勝利に貢献したジュリアン・エデルマンが選ばれた[15]。エデルマンはWRとして史上7人目のMVP受賞だが、0TDでの受賞は同じペイトリオッツのWRディオン・ブランチ第36回スーパーボウルのMVPとなって以来史上4人目[9]。またヘッドコーチのベリチック、QBのブレイディは、それぞれスーパーボウル勝利チーム史上最年長のヘッドコーチおよび先発QBとなるとともに[12]、それぞれヘッドコーチ、選手として史上最多となる6度目のスーパーボウル制覇を達成した[13]

ペイトリオッツのディフェンスであるデビン・マコーティージェイソン・マコーティーが共に出場したため、スーパーボウル史上初の双子での同時・同チーム出場選手が誕生した[16]

スターティングラインアップ編集

ペイトリオッツ ポジション ラムズ
オフェンス[17]
クリス・ホーガン
15 Chris Hogan
WR ブランディン・クックス
12 Brandin Cooks
トレント・ブラウン
77 Trent Brown
LT アンドリュー・ウィットワース
77 Andrew Whitworth
ジョー・サニー
62 Joe Thuney
LG ロジャー・サフォルド
76 Rodger Saffold
デービッド・アンドリュース
60 David Andrews
C ジョン・サリバン
65 John Sullivan
シャック・メイソン
69 Shaq Mason
RG オースティン・ブライス
66 Austin Blythe
マーカス・キャノン
61 Marcus Cannon
RT ロブ・ヘブンスタイン
79 Rob Havenstein
ロブ・グロンコウスキー
87 Rob Gronkowski
TE タイラー・ヒグビー
89 Tyler Higbee
ジュリアン・エデルマン
11 Julian Edelman
WR ロバート・ウッズ
17 Robert Woods
トム・ブレイディ
12 Tom Brady
QB ジャレッド・ゴフ
16 Jared Goff
ソニー・ミシェル
29 Sony Michel
RB トッド・ガーリー
30 Todd Gurley
ジェームス・デベリン
46 James Develin
FB WR ジョシュ・レイノルズ
83 Josh Reynolds
スペシャルチーム
ステファン・ゴストコウスキー
3 Stephen Gostkowski
K グレッグ・ズーライン
4 Greg Zuerlein
ライアン・アレン
6 Ryan Allen
P ジョニー・ヘッカー
6 Johnny Hekker
ペイトリオッツ ポジション ラムズ
ディフェンス[17]
トレイ・フラワーズ
98 Trey Flowers
LE DE マイケル・ブロッカーズ
90 Michael Brockers
マルコム・ブラウン
90 Malcom Brown
DT NT エンダムカン・スー
93 Ndamukong Suh
ローレンス・ガイ
93 Lawrence Guy
DT アーロン・ドナルド
99 Aaron Donald
ディートリッチ・ワイズ
91 Deatrich Wise Jr.
DE WLB ダンテ・ファウラー
56 Dante Fowler Jr.
カイル・バンノイ
53 Kyle Van Noy
LB OLB サムソン・イブカム
50 Samson Ebukam
ドンタ・ハイタワー
54 Dont'a Hightower
LB ILB コリー・リトルトン
58 Cory Littleton
ステファン・ギルモア
24 Stephon Gilmore
RCB ILB マーク・バーロン
26 Mark Barron
ジョナサン・ジョーンズ
31 Jonathan Jones
DB SS ジョン・ジョンソン
43 John Johnson
デビン・マコーティー
32 Devin McCourty
S FS ラマーカス・ジョイナー
20 Lamarcus Joyner
パトリック・チャン
23 Patrick Chung
S CB アキブ・タリブ
21 Aqib Talib
ジェイソン・マコーティー
30 Jason McCourty
LCB CB マーカス・ピータース
22 Marcus Peters
ヘッドコーチ
ビル・ベリチック
Bill Belichick
HC ショーン・マクベイ
Sean McVay

トーナメント表編集

                                   
2019年1月5日
AT&Tスタジアム
  1月12日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
         
 5  シーホークス  22
 4  カウボーイズ  22
 4  カウボーイズ  24     1月20日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 2  ラムズ  30  
NFC
2019年1月6日
ソルジャー・フィールド
 2  ラムズ  26*
1月13日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
   1  セインツ  23  
 6  イーグルス  16 NFC チャンピオンシップ
 6  イーグルス  14
 3  ベアーズ  15   2月3日
メルセデス・ベンツ・スタジアム
 1  セインツ  20  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
2019年1月6日
M&Tバンク・スタジアム
 N2  ラムズ  3
1月13日
ジレット・スタジアム
   A2  ペイトリオッツ  13
 5  チャージャーズ  23 第53回スーパーボウル
 5  チャージャーズ  28
 4  レイブンズ  17     1月20日
アローヘッド・スタジアム
 2  ペイトリオッツ  41  
AFC
2019年1月5日
NRGスタジアム
 2  ペイトリオッツ  37*
1月12日
アローヘッド・スタジアム
   1  チーフス  31  
 6  コルツ  21 AFC チャンピオンシップ
 6  コルツ  13
 3  テキサンズ  7  
 1  チーフス  31  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2018年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Finalists for 2019, 2020 Super Bowls: Atlanta, Miami, New Orleans, Tampa”. CBS Sports(英語) (2015年3月19日). 2015年6月24日閲覧。
  2. ^ Atlanta, Miami, New Orleans, Tampa eye 2019, 2020 Super Bowls”. ESPN(英語) (2015年3月19日). 2015年6月24日閲覧。
  3. ^ a b 2018 New England Patriots Statistics & Players”. Pro-Football-Reference.com. 2019年1月27日閲覧。
  4. ^ 2018 Los Angeles Rams Statistics & Players”. Pro-Football-Reference.com. 2019年1月27日閲覧。
  5. ^ “Gladys Knight to sing national anthem at the Super Bowl”. Associated Press. WIVB. (2019年1月17日). https://www.wivb.com/entertainment/gladys-knight-to-sing-national-anthem-at-the-super-bowl/1707911706 
  6. ^ Gladys Knight defends singing national anthem at Super Bowl”. 'BBC News' (2019年1月19日). 2019年2月3日閲覧。
  7. ^ “Maroon 5 to take center stage at Super Bowl LIII Halftime Show” (プレスリリース), NFL Enterprises, LLC, (2019年1月13日), https://www.nfl.com/news/story/0ap3000001010198/article/maroon-5-to-take-center-stage-at-super-bowl-liii-halftime-show 2019年1月13日閲覧。 
  8. ^ @ZachKleinWSB (2019年2月3日). "For those on roof watch... The roof at @MBStadium will be OPEN pregame but closed during the #SuperBowl" (ツイート). Retrieved 2019年2月3日 – via Twitter.
  9. ^ a b c 記録で見るスーパーボウル 前代未聞のロースコア ラムズは屈辱的なTDなし”. スポニチ. スポーツニッポン新聞社 (2019年2月4日). 2019年2月5日閲覧。
  10. ^ Klein, Gary (2019年2月3日). “Rams far from Super in 13-3 loss to Patriots”. https://www.latimes.com/sports/super-bowl/la-sp-super-bowl-rams-patriots-20190203-story.html 2019年2月4日閲覧。 
  11. ^ a b 【第53回スーパーボウル】古豪ペイトリオッツと若さあふれるラムズが対決、結果やいかに!”. NFL JAPAN (2019年2月4日). 2019年2月5日閲覧。
  12. ^ a b ペイトリオッツ、スーパーボウル勝利チーム最少の13点/NFL”. サンスポ. 産経デジタル (2019年2月4日). 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ a b ペイトリオッツ、最多タイ6度目頂点 史上最少勝利得点で制す”. スポニチ. スポーツニッポン新聞社 (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  14. ^ [NFL]第53回スーパーボウルはペイトリオッツが6度目V”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  15. ^ Brinson, Will (2019年2月3日). “2019 Super Bowl MVP: Julian Edelman cements postseason legacy with MVP effort in Patriots win”. CBS Sports. 2019年2月3日閲覧。
  16. ^ Patriots twins will make history when they play together in the Super Bowl”. CBS NEWS (2019年2月1日). 2019年2月5日閲覧。
  17. ^ a b “Super Bowl 2019: Starters, key players, start time, TV channel, free live stream for Patriots vs. Rams”. CBS Sports. (2019年2月3日). https://www.cbssports.com/nfl/news/super-bowl-2019-starters-key-players-start-time-tv-channel-free-live-stream-for-patriots-vs-rams/ 2019年2月3日閲覧。