第53回世界卓球選手権団体戦

第53回世界卓球選手権団体戦(だい53かいせかいたっきゅうせんしゅけんだんたいせん、: 2016 World Team Table Tennis Championships)は、2016年2月28日から3月6日にかけてマレーシアクアラルンプールで開催された世界卓球選手権である。

第53回世界卓球選手権団体戦 Table tennis pictogram.svg
大会概要
英語 2016 World Team Table Tennis Championships
別名 2016年世界卓球選手権
開催期間 2016年2月28日~3月6日
主催 ITTF(国際卓球連盟
開催国 マレーシアの旗 マレーシア
開催都市 クアラルンプール
会場 マラワティ・スタジアム英語版
使用台 バタフライ トラスピード[1]
サイト Official website(英語)
優勝
世界卓球選手権
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

概要編集

第53回世界卓球選手権団体戦は、2016年2月28日から3月6日にかけてマレーシアクアラルンプールで開催された大会である。2013年の世界選手権パリ大会開催中の国際卓球連盟総会で開催地が決定した[2]

シード編集

2014年東京大会の1部上位16チームと2部上位2チームが1部に属する[3]

予選 男子団体 女子団体
2014年
上位16チーム
2014年
2部上位2チーム
  イングランド
  イタリア
  ブラジル
  スウェーデン

ドロー編集

男子編集

グループリーグ編集

A組 B組 C組 D組

  中国
  オーストリア
  チャイニーズ・タイペイ
  ギリシャ
  チェコ
  北朝鮮

  ドイツ
  スウェーデン
  フランス
  デンマーク
  イングランド
  マレーシア

  日本
  ポルトガル
  ポーランド
  ベラルーシ
  ウクライナ
  シンガポール

  韓国
  香港
  ロシア
  クロアチア
  ルーマニア
  イタリア

グループA編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  中国 5 5 0 15 0 10
  北朝鮮 5 4 1 12 8 9
  オーストリア 5 3 2 9 7 8
  チェコ 5 2 3 8 11 7
  チャイニーズ・タイペイ 5 1 4 6 13 6
  ギリシャ 5 0 5 4 15 5

グループB編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  フランス 5 5 0 15 3 10
  スウェーデン 5 3 2 13 7 8
  イングランド 5 3 2 10 8 8
  ドイツ 5 3 2 11 9 8
  デンマーク 5 1 4 5 13 6
  マレーシア 5 0 5 1 15 5

グループC編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  日本 5 5 0 15 2 10
  ポーランド 5 3 2 11 9 8
  ポルトガル 5 3 2 11 7 8
  ウクライナ 5 3 2 10 9 8
  ベラルーシ 5 1 4 3 12 6
  シンガポール 5 0 5 4 15 5

グループD編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  韓国 5 5 0 15 5 10
  香港 5 3 2 12 6 8
  クロアチア 5 3 2 11 9 8
  ロシア 5 2 3 9 12 7
  ルーマニア 5 1 4 7 14 6
  イタリア 5 1 4 5 13 6

決勝トーナメント編集

 
1回戦準々決勝準決勝決勝
 
              
 
 
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
 
  スウェーデン0
 
  クロアチア0
 
 
 
  スウェーデン3
 
  中国3
 
 
 
  韓国0
 
  北朝鮮0
 
 
 
  ポルトガル3
 
  ポルトガル1
 
 
  韓国3
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
  日本0
 
 
 
 
 
  日本3
 
 
 
  香港1
 
  オーストリア1
 
 
 
  香港3
 
  日本3
 
 
 
  イングランド1
 
  ポーランド2
 
 
 
  イングランド3
 
  イングランド3
 
 
  フランス2
 
 
 
 

女子編集

グループリーグ編集

A組 B組 C組 D組

  中国
  チャイニーズ・タイペイ
  ルーマニア
  ハンガリー
  スペイン
  マレーシア

  日本
  ドイツ
  北朝鮮
  チェコ
  タイ
  ブラジル

  オランダ
  シンガポール
  ポーランド
  ウクライナ
  フランス
  ベラルーシ

  香港
  韓国
  オーストリア
  ロシア
  アメリカ合衆国
  スウェーデン

グループA編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  中国 5 5 0 15 0 10
  チャイニーズ・タイペイ 5 4 1 12 6 9
  ルーマニア 5 3 2 10 7 8
  ハンガリー 5 2 3 7 9 7
  スペイン 5 1 4 5 12 6
  マレーシア 5 0 5 0 15 5

グループB編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  日本 5 4 1 13 3 9
  北朝鮮 5 4 1 12 4 9
  ドイツ 5 4 1 12 7 9
  チェコ 5 2 3 8 10 7
  タイ 5 1 4 4 13 6
  ブラジル 5 0 5 3 15 5

グループC編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  シンガポール 5 5 0 15 6 10
  オランダ 5 3 2 13 10 8
  ウクライナ 5 3 2 13 8 8
  ベラルーシ 5 2 3 9 12 7
  ポーランド 5 1 4 8 13 6
  フランス 5 1 4 6 14 6

グループD編集

試合数 得ゲーム数 失ゲーム数 勝点
  香港 5 5 0 15 3 10
  韓国 5 4 1 13 5 9
  オーストリア 5 3 2 10 8 8
  ロシア 5 2 3 9 11 7
  アメリカ合衆国 5 1 4 4 12 6
  スウェーデン 5 0 5 3 15 5

決勝トーナメント編集

 
1回戦準々決勝準決勝決勝
 
              
 
 
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
 
  オランダ0
 
  オーストリア2
 
 
 
  オランダ3
 
  中国3
 
 
 
  チャイニーズ・タイペイ0
 
  チャイニーズ・タイペイ3
 
 
 
  ウクライナ2
 
  チャイニーズ・タイペイ3
 
 
  香港2
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
  日本0
 
 
 
 
 
  シンガポール2
 
 
 
  北朝鮮3
 
  ルーマニア0
 
 
 
  北朝鮮3
 
  北朝鮮1
 
 
 
  日本3
 
  韓国0
 
 
 
  ドイツ3
 
  ドイツ0
 
 
  日本3
 
 
 
 

競技結果編集

種目
男子団体   中国   日本   韓国
  イングランド
女子団体   中国   日本   北朝鮮
  チャイニーズ・タイペイ

日本代表編集

男子代表は水谷隼(7位)、丹羽孝希(14位)、大島祐哉(20位)、吉村真晴(24位)、松平健太(28位)の5名。 男子は第34回世界卓球選手権バーミンガム大会以来39年ぶりとなる銀メダルを獲得した。

女子代表は福原愛(4位)、石川佳純(5位)、伊藤美誠(12位)、若宮三紗子(28位)、浜本由惟(48位)の5名。 女子は2大会連続となる銀メダルを獲得した。

日本での放送編集

テレビ東京TXN系列局とBSジャパンで放送。キャスターは福澤朗秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集