メインメニューを開く

第54回世界卓球選手権団体戦(だい54かいせかいたっきゅうせんしゅけんだんたいせん、: Liebherr 2018 World Team Table Tennis Championships)は、2018年4月29日から5月6日までスウェーデンハルムスタッドハルムスタッド・アリーナで開催された。

第54回世界卓球選手権団体戦 Table tennis pictogram.svg
大会概要
ラテン語表記 2018 World Team Table Tennis Championships
別名 2018年世界卓球選手権
レベル R 1
開催期間 2018年4月29日~5月6日
主催 ITTF(国際卓球連盟
スポンサー リープヘル
開催国  スウェーデン
開催都市 ハルムスタッド
会場 ハルムスタッド・アリーナ
使用球 バタフライ スリースターボールA40+[1]
使用台 上海紅双喜[2]
中継放送局 テレビ東京,BSジャパン,Paravi,J SPORTS
サイト 大会サイト
優勝
世界卓球選手権
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

概要編集

第54回世界卓球選手権団体戦は、2018年4月26日から5月6日にかけてハルムスタッドで開催された大会である。2013年の世界選手権パリ大会開催中の国際卓球連盟総会で開催地が決定した[3]。 中国が男子(9大会連続21回目)、女子(4大会連続21回目)ともに優勝した。また、地元のスウェーデンは男子が17年ぶりにメダルを獲得した[4]

南北朝鮮合同チーム「コリア」編集

大会当初、韓国北朝鮮は別チームとして出場しており、両国は5月3日の女子準々決勝で対戦する予定であった。しかし直前に行われた南北首脳会談における「板門店宣言」を受けて、両国の卓球連盟が合同チームの結成を国際卓球連盟に打診し、準々決勝は戦わずに翌日の準決勝に合同チーム「コリア」として進出した[5]。卓球で南北が合同チームを結成したのは1991年千葉大会以来のことであった[6]。また、合同チームを結成したのは女子チームのみであり、北朝鮮が決勝トーナメントに進出できなかった男子チームは別々のままであった。

ドロー編集

男子編集

グループリーグ編集

A組 B組 C組 D組

  ドイツ
  スウェーデン
  香港
  ギリシャ
  チェコ
  エジプト

  中国
  ブラジル
  フランス
  デンマーク
  マレーシア
  北朝鮮

  イングランド
  日本
  チャイニーズタイペイ
  ポーランド
  ベラルーシ
  シンガポール

  韓国
  オーストリア
  ロシア
  クロアチア
  ルーマニア
  イタリア

決勝トーナメント編集

 
1回戦準々決勝準決勝決勝
 
              
 
 
 
 
 
 
 
  ドイツ3
 
 
 
  ブラジル1
 
  ブラジル3
 
 
 
  クロアチア2
 
  ドイツ3
 
 
 
  韓国2
 
  日本3
 
 
 
  香港1
 
  日本1
 
 
  韓国3
 
 
 
 
 
  ドイツ0
 
 
  中国3
 
 
 
 
 
  スウェーデン3
 
 
 
  イングランド0
 
  スウェーデン3
 
 
 
  チャイニーズタイペイ2
 
  スウェーデン0
 
 
 
  中国3
 
  オーストリア3
 
 
 
  ポルトガル2
 
  オーストリア0
 
 
  中国3
 
 
 
 

女子編集

グループリーグ編集

A組 B組 C組 D組

  中国
  シンガポール
  ロシア
  スウェーデン
  ベラルーシ
  インド

  日本
  オーストリア
  ウクライナ
  ハンガリー
  アメリカ合衆国
  エジプト

  ルーマニア
  北朝鮮
  チャイニーズタイペイ
  オランダ
  ポーランド
  チェコ

  韓国
  香港
  ドイツ
  タイ
  ブラジル

決勝トーナメント編集

 
1回戦準々決勝準決勝決勝
 
              
 
 
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
 
  オーストリア0
 
  オーストリア3
 
 
 
  ドイツ2
 
  中国3
 
 
 
  香港1
 
  香港3
 
 
 
  チャイニーズタイペイ1
 
  香港3
 
 
  ルーマニア0
 
 
 
 
 
  中国3
 
 
  日本1
 
 
 
 
 
  韓国0
 
 
 
  北朝鮮0[注 1]
 
  北朝鮮3
 
 
 
  ロシア0
 
  コリア0
 
 
 
  日本3
 
  ウクライナ3
 
 
 
  シンガポール2
 
  ウクライナ0
 
 
  日本3
 
 
 
 

競技結果編集

日本代表編集

男子代表は丹羽孝希(9位)、水谷隼(11位)、張本智和(13位)、松平健太(14位)、大島祐哉(29位)の5人。準々決勝では韓国に1-3負けを喫し、6大会連続のメダル獲得はならなかった[7]

女子代表は石川佳純(3位)、平野美宇(6位)、伊藤美誠(7位)、早田ひな(18位)、長﨑美柚(81位)の5人。準決勝で急遽編成された合同チーム「コリア」に3-0で勝つ[8][9]。 決勝では中国に対して2004年ドーハ大会以来の勝点をあげたが1-3で敗戦した[10]

日本での放送編集

テレビ東京TXN系列局とBSジャパンで放送。またテレビ東京番組ホームページ、テレビ東京卓球チャンネル(YouTube)で試合やインタビューをアーカイブ配信した。キャスターは福澤朗秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)。Paraviでは有料で日本戦全戦と決勝戦をライブ配信、J SPORTSでも独自の解説で録画中継した。

決勝の日本対中国は平均17.4%の視聴率をマークし、2005年から続くテレビ東京世界卓球選手権中継史上最高の数字となった[11]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集