第54回皐月賞(だい54かいさつきしょう)は、1994年4月17日に施行された競馬競走である。ナリタブライアンが優勝した。年齢は全て旧表記にて表記

映像外部リンク
1994 皐月賞
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

レース施行時の状況編集

共同通信杯4歳ステークススプリングステークスを優秀な内容で優勝した前年の最優秀3歳牡馬・ナリタブライアンクラシックの最有力候補と目され、その対抗馬としてデビューから3連勝したエアチャリオット弥生賞でエアチャリオットを破ったサクラエイコウオーステートジャガー産駒の重賞馬として話題を集めたメルシーステージなどが有力馬として挙げられた。中でもナリタブライアンの評価は高く、皐月賞出走前からすでに三冠馬候補と評価する者もいた。なお、ラジオたんぱ杯3歳ステークスシンザン記念と重賞を2連勝したナムラコクオーも有力馬の一頭であったが、故障により出走することができなかった。

トライアルの結果編集

第31回弥生賞
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 サクラエイコウオー 牡4 小島太 2.01.3
2 エアチャリオット 牡4 横山典弘 2.01.7 2馬身1/2
3 ナムラコクオー 牡4 上村洋行 2.01.7 ハナ
若葉ステークス
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 オフサイドトラップ 牡4 安田富男 2.02.7
2 トニーザプリンス 牡4 坂井千明 2.02.8 1/2馬身
第43回スプリングステークス
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ナリタブライアン 牡4 南井克巳 1.49.1
2 フジノマッケンオー 牡4 田中勝春 1.49.7 3馬身1/2
3 イブキダイハーン 牡4 上村洋行 1.49.7 1馬身1/2

(レース内容) ナリタブライアンは内枠(発馬機内の内寄りの枠)を引いたことから馬群に包まれることを避けるために序盤は最後方につけ、第3コーナーからまくりをかけて優勝した。

出走馬と枠順編集

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 ナリタブライアン 牡4 南井克巳 1.6(1人) 大久保正陽
2 カズサハリケーン 牡4 浜野谷憲尚 174.6(15人) 鹿戸幸治
2 3 メルシーステージ 牡4 河北通 10.4(4人) 小野幸治
4 イイデライナー 牡4 岸滋彦 81.0(10人) 大久保正陽
3 5 エアチャリオット 牡4 横山典弘 6.4(2人) 伊藤正徳
6 ドラゴンゼアー 牡4 加藤和宏 143.0(12人) 中尾謙太郎
4 7 サクラスーパーオー 牡4 的場均 47.9(9人) 平井雄二
8 トニーザプリンス 牡4 坂井千明 32.3(7人) 沢峰次
5 9 サクラエイコウオー 牡4 小島太 10.4(3人) 境勝太郎
10 アイネスサウザー 牡4 柴田善臣 32.6(8人) 本郷一彦
6 11 インターマルス 牡4 鹿戸雄一 57.7(11人) 武邦彦
12 フジミハミルトン 牡4 橋本広喜 257.5(17人) 中尾銑治
7 13 トラストカンカン 牡4 柴田政人 144.7(13人) 河野通文
14 サムソンビッグ 牡4 田所秀孝 158.8(14人) 鹿戸幸治
15 オフサイドトラップ 牡4 安田富男 13.3(5人) 加藤修甫
8 16 フジノマッケンオー 牡4 武豊 14.8(6人) 中村好夫
17 イナズマタカオー 牡4 大崎昭一 87.1(12人) 日迫良一
18 マイネルゼウス 牡4 木幡初広 336.1(18人) 稲葉隆一

レース結果編集

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 1 1 ナリタブライアン R 1.59.0
2 4 7 サクラスーパーオー 1.59.6 3馬身1/2
3 8 16 フジノマッケンオー 1.59.7 3/4馬身
4 3 6 ドラゴンゼアー 1.59.7 クビ
5 4 8 トニーザプリンス 1.59.8 1/2馬身
6 5 10 アイネスサウザー 2.00.0 1馬身1/2
7 7 15 オフサイドトラップ 2.00.6 3馬身1/2
8 5 9 サクラエイコウオー 2.00.6 アタマ
9 8 17 イナズマタカオー 2.00.8 1馬身1/2
10 1 2 カズサハリケーン 2.00.9 クビ
11 2 4 イイデライナー 2.01.1 1馬身1/4
12 6 12 フジミハミルトン 2.01.2 1/2馬身
13 2 3 メルシーステージ 2.01.4 1馬身1/4
14 8 18 マイネルゼウス 2.01.5 クビ
15 6 11 インターマルス 2.01.5 アタマ
16 3 5 エアチャリオット 2.01.6 3/4馬身
17 7 14 サムソンビッグ 2.01.7 クビ
18 7 13 トラストカンカン 2.02.5 5馬身

レース展開編集

サクラエイコウオーが逃げ、非常に速いペースで推移した。1番人気のナリタブライアンは先行策から第4コーナーで先頭に並びかけると後方から追い込んだサクラスーパーオーおよびフジノマッケンオーの追撃をかわし中山競馬場2000mのコースレコードで優勝した。

データ編集

1000m通過タイム 58.8秒(サクラエイコウオー)
上がり4ハロン 48.3秒
上がり3ハロン 36.1秒
優勝馬上がり3ハロン 35.8秒

払戻金編集

単勝式 1 160円
複勝式 1 120円
7 790円
16 350円
枠連 1-4 1240円
馬連 1-7 2850円

達成された記録編集

  • ナリタブライアンは4歳馬ながら中山競馬場芝2000mのコースレコードを0.5秒更新した。
  • 馬主の山路秀則、調教師の大久保正陽は前年のナリタタイシンに続き、2年連続で皐月賞を制覇した。

レースにまつわるエピソード編集

  • ナリタブライアンはスプリングステークスに続き内枠となったが、レース前に南井が馬場を下見したところコース内側の馬場状態が良かったため、馬場の内側を先行策する作戦がとられることになった。