メインメニューを開く

第58回ベルリン国際映画祭は、2008年2月7日から17日まで開催され、400本以上の作品が上映された。

目次

概要編集

コンペティション部門には長編21本が出品された。オープニングは2006年に行われたローリング・ストーンズのチャリティコンサートを追ったマーティン・スコセッシのドキュメンタリー映画『シャイン・ア・ライト』。また、マドンナが監督デビュー作となる『Filth and Wisdom』をパノラマ部門に出品した。他にもパティ・スミス等のドキュメンタリー作品が上映され、音楽色の濃い映画祭となった。

金熊賞は、麻薬組織と戦う警察特殊部隊を描いたブラジル映画エリート・スクワッド』が受賞した。また、審査員グランプリを受賞したエロール・モリスの『Standard Operating Procedure』はアブグレイブ刑務所で起きた虐待事件を追ったドキュメンタリー映画で、ドキュメンタリー作品の受賞は稀であるため話題となった。

日本映画編集

日本映画では、コンペティション部門に山田洋次の『母べえ』がノミネートされたが、受賞はならなかった。

また、フォーラム部門では熊坂出の『パーク アンド ラブホテル』、廣末哲万の『ひぐらし』、高橋泉の『すんでひらいて』、若松孝二の『ゆけゆけ二度目の処女』、『天使の恍惚』、『壁の中の秘事』、『実録・連合赤軍』が、パノラマ部門では今泉浩一の『初戀 Hatsu-Koi』、荻上直子の『めがね』などが上映された。熊坂出は新人監督賞を、若松孝二は『実録・連合赤軍』で最優秀アジア映画賞ならびに国際芸術映画評論連盟賞を、荻上直子はザルツゲーバー賞を受賞した。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。

題名
原題
監督 製作国
すずめの唄
Avaze gonjeshk-ha ( w:The Song of Sparrows)
マジッド・マシディ   イラン
Ballast ランス・ハマー   アメリカ合衆国
アバンチュールはパリで
밤과 낮
ホン・サンス   韓国
Caos calmo
(Quiet Chaos)
アントニオ・ルイージ・グリマルディ   イタリア  イギリス
エレジー
Elegy
イザベル・コイシェ   アメリカ合衆国
Feuerherz
(Heart of Fire)
ルイジ・ファロルニ   ドイツ  イタリア
  オーストリア  フランス
w:Gardens of the Night ダミアン・ハリス   アメリカ合衆国
ハッピー・ゴー・ラッキー
Happy-Go-Lucky
マイク・リー   イギリス
ずっとあなたを愛してる
Il y a longtemps que je t'aime
フィリップ・クローデル   フランス  ドイツ
Julia エリック・ゾンカ   フランス  アメリカ合衆国
  メキシコ  ベルギー
母べえ 山田洋次   日本
HANAMI
Kirschblüten - Hanami
ドーリス・デリエ   ドイツ
Lady Jane ロベール・ゲディギャン   フランス
レイク・タホ
Lake Tahoe
フェルナンド・エインビッケ   メキシコ  日本  アメリカ合衆国
スリ
文雀 Man jeuk
ジョニー・トー   香港
Musta jää
(Black Ice)
ペトリ・コトヴィカ   フィンランド  ドイツ
Restless アモス・コレック   イスラエル  フランス  ドイツ
Standard Operating Procedure エロール・モリス   アメリカ合衆国
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
There Will be Blood
ポール・トーマス・アンダーソン   アメリカ合衆国
エリート・スクワッド
Tropa de Elite
ジョゼ・パジーリャ   ブラジル  オランダ  アメリカ合衆国
我らが愛にゆれる時
左右 (w:In Love We Trust)
ワン・シャオシュアイ   中国

コンペティション外編集

審査員編集

脚注編集

外部リンク編集