第59軍(だいごじゅうきゅうぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

第59軍
Map-IJA Army, 59th.jpg
創設 1945年昭和20年)6月20日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織  大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 日本本土
通称号/略称 山陽
最終上級単位 第15方面軍
最終位置 広島県 広島市
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

第二次世界大戦末期の1945年昭和20年)6月20日本土決戦に備え中国方面を作戦地域として編成され、第15方面軍戦闘序列に編入された。

なお、1945年(昭和20年)6月15日から、第59軍司令官中国軍管区司令官を兼ね、軍管区司令官としては天皇に直隷した。また、参謀長等も中国軍管区の参謀長等が兼務した。

同年8月6日、広島市への原子爆弾投下により司令部は甚大な被害を受け、藤井司令官が爆死した。その後、交戦することなく終戦を迎えた。

軍概要編集

  • 通称号:山陽
  • 編成時期:1945年6月20日
  • 最終位置:広島
  • 上級部隊:第15方面軍

歴代司令官編集

  • 藤井洋治 予備役中将:1945年6月15日 - 1945年8月6日 原爆により死去
  • 中西貞喜 中将(代理):1945年8月6日 -
  • 谷寿夫 予備役中将:1945年8月12日 -

歴代参謀長編集

最終司令部構成編集

  • 司令官:谷寿夫予備役中将
  • 参謀長:松村秀逸少将
  • 高級参謀:鈴木主習中佐
    • 参謀:細井実中佐
    • 参謀:青木信芳少佐
    • 参謀:遠藤正美少佐
    • 参謀:大沢昭少佐

最終所属部隊編集

  • 第230師団(総武兵団、東京):中西貞喜中将(最終位置:岡山)
    • 歩兵第319連隊(東京):古東要大佐 
    • 歩兵第320連隊(甲府):永井義右衛門中佐  
    • 歩兵第321連隊(佐倉):後藤四郎中佐 
    • 第230師団迫撃砲隊      
    • 第230師団工兵隊      
    • 第230師団輜重隊:内山晃少佐  
    • 第230師団通信隊  
  • 第231師団(大国兵団、広島):村田孝生中将(最終位置:山口)
    • 歩兵第346連隊(広島):温品博水中佐  
    • 歩兵第347連隊(浜田):朝倉啓中佐 
    • 歩兵第348連隊(山口):松原順市中佐  
    • 第231師団迫撃砲隊      
    • 第231師団工兵隊      
    • 第231師団輜重隊      
    • 第231師団通信隊      
    • 第231師団兵器勤務隊      
    • 第231師団衛生隊      
    • 第231師団第1野戦病院      
    • 第231師団第2野戦病院      
    • 第231師団病馬廠
  • 独立混成第124旅団(鬼城兵団、広島):石井信少将(最終位置:山口県小串) 
    • 独立歩兵第744大隊
    • 独立歩兵第745大隊
    • 独立歩兵第746大隊
    • 独立歩兵第747大隊
    • 独立歩兵第748大隊
    • 独立混成第124旅団旅団砲兵隊
    • 独立混成第124旅団旅団工兵隊
    • 独立混成第124旅団旅団通信隊

関連項目編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。