メインメニューを開く

第6回統一地方選挙(だい6かいとういつちほうせんきょ)は、日本の地方公共団体の首長と議会議員の選挙を統一して実施する統一地方選挙で、1967年4月15日と4月29日の2回の投票日に分けて実施された。

目次

概要編集

日本国憲法施行後の地方自治制度発足に伴う1947年4月の第1回統一地方選挙から数えて6回目となる統一地方選挙である。首長と議員およそ4万4000名が改選された。またこの年の1月に行われた第31回衆議院議員総選挙で現れた多党化傾向が、地方議会にどのような変動をもたらすのか、1966年後半から中央政界で持ち上がった「黒い霧事件」問題が地方議会にも波及してきた背景もあり、この問題に対する有権者の審判などが関心を集めた。

日程編集

4月15日投票編集

都道府県知事選挙:18都道府県
北海道岩手県秋田県茨城県神奈川県千葉県
東京都長野県福井県大阪府三重県和歌山県
島根県福岡県佐賀県大分県宮崎県鹿児島県
都道府県議会議選挙:45都道府県(2558名改選)
茨城県議会は前年黒い霧問題で自主解散したため、沖縄県は米軍の施政下にあるため統一地方選挙の日程から外れている。また東京都議会は65年に汚職問題が原因で自主解散しているため補欠選挙のみ。
6大市長選挙:2市
横浜市大阪市 
6大市議会議員選挙
横浜市、名古屋市京都市大阪市神戸市  
東京都特別区議会議員選挙:22区

4月29日投票編集

亀井光参議院議員(自民)の福岡県知事選出馬に伴う参院福岡県選挙補欠選挙も実施された。

市長選挙:154市
市議会議員選挙:336市(補欠選挙含む)
町村長選挙:993町村
町村議会議員選挙:1525町村

選挙結果編集

党派の凡例
自=自由民主党、社=日本社会党、無=無所属
新旧の凡例
現=現職、新=新人

4月15日投票編集

知事選挙では立候補した現職知事14名中12名が当選、このうち秋田県の小畑勇二郎と大分県の木下郁、三重県の田中覚が4選、北海道と茨城県、長野県、大阪府、島根県、佐賀県、宮崎県では3選知事が誕生した。東京都では社会党と共産党が推した美濃部亮吉候補が当選し革新都政が誕生したが、福岡県では唯一の社会党員知事である鵜崎多一が破れた。一方、都道府県議会選挙では自民党が都市部を中心に議席を減らした一方で社会党は改選前より79議席増やし、公明党や共産党、民社党も着実に議席を増やした。この結果、多党化傾向が地方議会でも強まった。

都道府県知事選挙:投票率68.70%[1]


党派別当選者と得票
党派 当選者 得票
自由民主党 6 6,266,170
日本社会党 0 1,828,337
日本共産党 0 1,166,679
無所属 12 11,922,495
都道府県議会議員選挙:投票率71.48%[1] 

改選定数:2558名(うち224名は無投票当選、東京都議補欠選挙の5名も含む)

党派別議席数と得票数
党派 当選者 得票
自由民主党  1,450 17,306,847
日本社会党  533 7,979,667
民社党  98 1,724,907
公明党  84 1,241,440
日本共産党  37 1,486,471
諸派  24 251,511
無所属  322 6,020,136
2大市長選挙
横浜市:飛鳥田一雄(社現)、大阪市:中馬馨 
5大市議会議員選挙
党派 当選者 得票
自由民主党 151 1,276,859
日本社会党 83 773,855
民社党 58 465,571
公明党 61 482,539
日本共産党 24 304,615
諸派 5 49,491
無所属 8 178,260
東京都特別区議会議員選挙
党派 当選者 得票
自由民主党 542 1,869,702
日本社会党 170 622,513
民社党 39 153,828
公明党 124 463,987
日本共産党 81 271,710
諸派 0 4,182
無所属 83 391,891

4月29日投票編集

市長選挙における現職市長の当選率は75%を超え、現職の優位性を示す結果となった。一方で姫路市長選挙において6選を目指した市長が落選、5選を目指した市長2人も全滅するなど多選に対する有権者の批判も示された。

  • 市町村長選挙投票率:76.30%[1]
  • 市町村議会議員選挙:76.87%[1]
市長選挙

改選数:154市長(無投票当選21名含む)

党派 当選者 得票
自由民主党 21 1,032,804
日本社会党 13 1,113,562
民社党 0 24,572
日本共産党 1 420,001
諸派 0 3,154
無所属 119 5,611,325
市議会議員選挙
党派 当選者 得票
自由民主党 1,515 2,860,648
日本社会党 1,287 2,199,297
民社党 244 506,517
公明党 839 1,335,772
日本共産党 405 735,634
諸派 10 28,705
無所属 7,357 10,669,752
町村長選挙
党派 当選者 得票
自由民主党 23 92,831
日本社会党 3 33,452
日本共産党 0 10,025
無所属 967 3,611,096
町村議会選挙
党派 当選者 得票
自由民主党 398 150,407
日本社会党 616 224,527
民社党 49 18,638
公明党 0 1,556
日本共産党 382 165,930
諸派 17 3,725
無所属 25,726 7,860,935
出典:表「1967年4月統一地方選挙・党派別当選者数と得票数」(自治省選挙局調)、『朝日年鑑』1968年263頁

脚注編集

参考文献編集