第6施設群(だいろくしせつぐん、JGSDF 6th Engineer Group(Construction))は、愛知県豊川市豊川駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第4施設団の隷下部隊である。施設科部隊としてさまざまな災害派遣や国際貢献活動で活躍している。

第6施設群
創設 1973年(昭和48年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 施設科
人員 約500名
所在地 愛知県 豊川市
編成地 豊川
上級単位 第4施設団
担当地域 東海地方北陸地方
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1951年(昭和26年)11月25日:第504建設大隊新編(福知山)。
  • 1952年(昭和27年)3月18日:第504建設大隊が金沢駐屯地に移駐。
  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:第504建設大隊が第101建設大隊に称号変更。
    • 10月27日:第101建設大隊が豊川駐屯地に移駐。
  • 1958年(昭和33年)12月1日:第313地区施設隊(豊川駐屯地)が新編。
  • 1960年(昭和35年)3月25日:第318地区施設隊(久居駐屯地)が新編。
  • 1961年(昭和36年)8月17日:第4施設団新編に伴い、同団隷下に編入。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第322地区施設隊(大久保駐屯地)が新編。
  • 1963年(昭和38年)3月31日:第313地区施設隊が豊川駐屯地から岐阜駐屯地(現・守山駐屯地岐阜分屯地)に、第322地区施設隊が大久保駐屯地から金沢駐屯地鯖江分屯地(現・鯖江駐屯地)にそれぞれ移駐。
  • 1973年(昭和48年)3月27日:第101建設大隊を基幹として第6施設群(豊川駐屯地)が新編。
※ 編成(群本部・本部中隊、第311施設中隊~第313施設中隊、第310ダンプ車両中隊、第308施設器材中隊、第313地区施設隊(岐阜分屯地)、第318地区施設隊(久居駐屯地))
  • 1985年(昭和60年)3月25日:第310ダンプ車両中隊(豊川駐屯地)を廃止。
  • 1990年(平成02年)3月26日:第313地区施設隊を第348施設中隊(岐阜分屯地)に改編。第318地区施設隊(久居駐屯地)を廃止。
  • 1993年(平成05年)3月30日:第322地区施設隊を廃止し、第302施設隊(鯖江駐屯地)を新編。
  • 2004年(平成16年)3月27日:機能別中隊に改編。[1]
  1. 第311施設中隊~第313施設中隊(豊川駐屯地)、第348施設中隊(岐阜分屯地)、第308施設器材中隊(豊川駐屯地)、第302施設隊(鯖江駐屯地)を廃止。
  2. 第369施設中隊(岐阜分屯地)、第370施設中隊・第371施設中隊(豊川駐屯地)、第372施設中隊(鯖江駐屯地)を新編。
  3. 後方支援体制移行に伴い、整備部門を中部方面後方支援隊第104施設直接支援大隊に移管。
  • 2019年(平成31年)3月26日:第369施設中隊(岐阜分屯地)及び第370施設中隊(豊川駐屯地)を廃止し、第402施設中隊(岐阜分屯地)を新編。

部隊編成・駐屯地編集

編成
  • 群本部および本部管理中隊
  • 第371施設中隊(機動支援)
  • 第372施設中隊(交通)
  • 第402施設中隊(築城・障害)
駐屯地


整備支援部隊編集

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第6施設群長 1等陸佐 奥和昌 2020年03月16日 陸上幕僚監部運用支援・訓練部
運用支援課運用支援班長
歴代の第6施設群長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 久保井正行 1973年03月27日 - 1975年03月16日 第4施設団本部付 第3施設団副団長
02 伊丹義夫 1975年03月17日 - 1977年03月15日 陸上幕僚監部第2部地誌班長 北部方面総監部第4部長
03 佐々木忠治 1977年03月16日 - 1978年07月31日 北部方面総監部施設課長 第5施設団副団長
04 藤岡隆 1978年08月01日 - 1980年07月31日 陸上自衛隊施設学校勤務 陸上自衛隊施設学校教育部長
05 新山勲 1980年08月01日 - 1982年08月01日 陸上幕僚監部装備部施設課
器材班長
陸上自衛隊施設学校総務部長
06 永嶋一利 1982年08月02日 - 1985年03月15日 陸上幕僚監部装備部施設課
器材班長
陸上自衛隊施設補給処企画室長
07 東野良平 1985年03月16日 - 1987年03月15日 陸上幕僚監部人事部補任課
人事第2班長
陸上自衛隊施設学校総務部長
08 虎尾幹司 1987年03月16日 - 1989年03月15日 中部方面総監部人事部人事課長 陸上自衛隊施設学校学校教官
09 山田浩二 1989年03月16日 - 1991年07月31日 第1施設団本部高級幕僚 自衛隊奈良地方連絡部
10 松本達成 1991年08月01日 - 1993年11月30日 北部方面総監部装備部後方運用課長 札幌駐屯地業務隊
11 菅谷敏彦 1993年12月01日 - 1996年06月30日 陸上幕僚監部装備部施設課
建設班長
陸上幕僚監部装備部施設課長
12 高倉文敏 1996年07月01日 - 1998年08月02日 陸上幕僚監部調査部調査第2課
調査第4班長
北部方面総監部調査部長
13 初森輝好 1998年08月03日 - 2001年03月31日 陸上幕僚監部調査部調査課
保全班長
青森駐屯地業務隊長
14 山下高憲 2001年04月01日 - 2002年07月31日 第101後方支援隊 陸上自衛隊富士学校管理部長
15 秋山淳 2002年08月01日 - 2005年03月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上自衛隊補給統制本部施設部長
16 小平隆弘 2005年04月01日 - 2006年08月03日 東部方面総監部装備部施設課長 防衛施設庁建設部設備課長
17 岸川公彦 2006年08月04日 - 2007年07月02日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
後方計画班長
陸上幕僚監部監理部総務課
広報室長
18 松村利宏 2007年07月03日 - 2008年07月31日 陸上幕僚監部防衛部防衛課勤務 第1施設団副団長
19 藤本康之 2008年08月01日 - 2010年07月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
20 小田英明 2010年08月01日 - 2012年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
21 大足卓也 2012年08月01日 - 2014年07月31日 統合幕僚学校教育課第1教官室
学校教官
西部方面指揮所訓練支援隊長
22 土屋甲吉 2014年08月01日 - 2016年03月22日 陸上自衛隊研究本部研究員 千僧駐屯地業務隊長
23 鮫島昭一 2016年03月23日 - 2018年03月22日 陸上幕僚監部防衛部施設課
総括班長
陸上自衛隊幹部学校主任教官
24 栗木茂幸 2018年03月23日 - 2020年03月15日 防衛装備庁プロジェクト管理部
装備技術官付装備技術調整官
陸上幕僚監部防衛部防衛課開発室長
25 奥和昌 2020年03月16日 - 陸上幕僚監部運用支援・訓練部
運用支援課運用支援班長

主要装備編集

廃止された部隊編集

  • 第310ダンプ車両中隊(豊川駐屯地):1985年(昭和60年)3月25日廃止。
  • 第313地区施設隊(岐阜分屯地):1990年(平成02年)3月26日廃止、第348施設中隊(岐阜分屯地)に改編。
  • 第318地区施設隊(久居駐屯地):1990年(平成02年)3月26日廃止。
  • 第322地区施設隊(大久保駐屯地):1993年(平成05年)3月30日廃止し、第302施設隊(鯖江駐屯地)に改編。
  • 第311施設中隊(豊川駐屯地:2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第312施設中隊(豊川駐屯地):2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第313施設中隊(豊川駐屯地):2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第348施設中隊(岐阜分屯地):2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第308施設器材中隊(豊川駐屯地):2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第302施設隊(鯖江駐屯地):2004年(平成16年)3月27日廃止。
  • 第369施設中隊(岐阜分屯地):2019(平成31年)3月26日廃止し、第402施設中隊(岐阜分屯地)を新編。
  • 第370施設中隊(豊川駐屯地):2019(平成31年)3月26日廃止。

脚注編集

  1. ^ 全国の施設群で5番目。従来中隊は、同一編成であったが、この改編にて築城・障害・機動支援・交通の機能編成に改められた。

出典編集

防衛省人事発令”. 2014年8月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集