第60回プライムタイム・エミー賞

第60回プライムタイム・エミー賞(だい60かいプライムタイム・エミーしょう)は、2008年9月21日ロサンゼルスノキア・シアターで行われた。クリエイティブ・アート部門は同年の9月13日に発表された。

第60回プライムタイム・エミー賞
Emmy Icon.png
受賞対象2007年6月 - 2008年5月
開催日2008年9月21日 (2008-09-21) (授賞式)
2008年9月13日 (2008-09-13) (クリエイティブ・アート部門)
会場ノキア・シアター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催テレビ芸術科学アカデミー(ATAS)
公式サイトhttp://emmys.com/
テレビ/ラジオ放送
放送局アメリカ合衆国の旗 ABC
日本の旗 AXN

授賞式のテレビ中継はABCが担当し、番組プロデューサーはケン・エールリッヒが担当する。番組内では29の部門の発表が行われた。

対象は、2007年6月1日から、2008年5月31日までに放送された作品となる[1]

概要編集

候補について編集

候補の発表は、7月17日午前5時35分(PT)[1]に、『プッシング・デイジー 恋するパイメーカー』のクリスティン・チェノウェスと『ママと恋に落ちるまで』のニール・パトリック・ハリスが担当した。両人ともそれぞれの該当部門で候補になった。

最多候補作は、HBOのTVミニリシーズ"John Adams"の23候補。HBOは前回に引き続き、局別でも最多候補数を記録している(85候補)。続いて、NBCのコメディ・シリーズ"30 Rock"が17候補、シリーズ作品では最多の候補となった。また、コメディ・シリーズにおける1シーズンの候補数の新記録も樹立した[2]。"30 Rock"は17候補の内、7候補がゲスト俳優部門からの候補である。AMCの『マッドメン』は、15個の候補を得てドラマ・シリーズでは最多の候補となり、また、FXの『ダメージ』と共に、ベーシック・チャンネルのシリーズ番組としては作品賞候補になった初の作品となった[3]。単発の作品としては、HBOの『リカウント』が11個で最多候補。ネットワーク局では、『プッシング・デイジー 恋するパイメーカー』などが12候補となったABCが、前回に引き続き最多76候補となった。

個人では、3部門でティナ・フェイ(コメディ・シリーズ部門の主演女優賞・脚本賞、個人パフォーマンス賞)とリッキー・ジャーヴェイス(ミニシリーズ/テレビ映画部門の主演男優賞・監督賞・脚本賞)、2部門でトム・ウィルキンソン(同主演男優賞・助演男優賞)、ボブ・バラバン(同助演男優賞・監督賞)などが複数部門で候補になった。

サタデー・ナイト・ライブ』でコメディ・シリーズ部門の助演女優賞候補となったエイミー・ポーラーは、エディ・マーフィ以来の同番組からのコメディ・シリーズ部門での候補となった。

日本関係では、日系アメリカ人の撮影監督であるタク・フジモトが、"John Adams"の撮影でミニシリーズ/テレビ映画部門の撮影賞で2個の候補を得て受賞。

また、今年は主要部門において、トップ10(部門によっては11)ファイナリストが発表された。正式な発表はシリーズ部門の作品賞2つ[2]だが、他の賞も非公式ながらリークされた[3]

授賞式編集

授賞式の開催場所は前年から変更され、ノキア・シアターでの初開催となる。これは2018年まで契約されている[4]

受賞と候補の一覧編集

 
アレック・ボールドウィン, コメディ・シリーズ 主演男優賞
 
ティナ・フェイ, コメディ・シリーズ 主演女優賞
 
ブライアン・クランストン, ドラマ・シリーズ 主演男優賞
 
グレン・クローズ, ドラマ・シリーズ 主演女優賞
 
ポール・ジアマッティ, ミニシリーズ/テレビ映画 主演男優賞
 
ローラ・リニー, ミニシリーズ/テレビ映画 主演女優賞
 
ジェレミー・ピヴェン, コメディ・シリーズ 助演男優賞
 
ジーン・スマート, コメディ・シリーズ 助演女優賞
 
ダイアン・ウィースト, ドラマ・シリーズ 助演女優賞
 
トム・ウィルキンソン, ミニシリーズ/テレビ映画 助演男優賞
 
ドン・リックルズ, 個人パフォーマンス賞(バラエティ/音楽番組)

受賞は太字のものである。なお、括弧はアメリカ国内での放送権を持つネットワークであり、製作は異なる場合がある。

作品賞(番組賞)編集

コメディ・シリーズ ドラマ・シリーズ
バラエティ・シリーズ バラエティ・スペシャル
テレビ映画 ミニシリーズ
リアリティ・コンペティション

主演男優賞編集

コメディ・シリーズ

トップ10ファイナリストに残った俳優(残りの3名は不明・もしくは7人のみ)

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

主演女優賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

助演男優賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

助演女優賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

個人パフォーマンス賞(バラエティ/音楽番組)編集

司会者賞編集

監督賞(演出賞)編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

バラエティ/音楽/コメディ番組

脚本賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ミニシリーズ/テレビ映画

バラエティ/音楽/コメディ番組

プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞編集

ノンフィクション番組賞編集

シリーズ

スペシャル

映像制作の優秀な功績

リアリティ番組賞編集

アニメーション番組賞編集

1時間未満

1時間以上

子供向け番組賞編集

スペシャルクラス番組賞編集

授賞式

クラシック音楽/ダンス

ヴァラエティ/音楽/コメディ・イベント(非テレビ用制作)

短編形式アニメ番組

短編形式実写エンタテイメント番組

  • 30 Rock: Kenneth The Web Page
  • Battlestar Galactica - Razor Featurette #4
  • Friday Night Lights: Spotlight On Austin
  • LOST: Missing Pieces
  • Sarah Silverman Program Nugget

短編形式ノンフィクション番組

  • Deadliest Catch: The Real Dutch
  • Great Moments From The Campaign Trail
  • Jay Leno's Garage

ゲスト男優賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

ゲスト女優賞編集

コメディ・シリーズ

ドラマ・シリーズ

複数部門でのノミネート作品編集

数字は主要部門からの合計で、プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞は含まない。

作品別ノミネート数
ノミネート 作品 ネットワーク
13 30 Rock/サーティー・ロック NBC
8 ジョン・アダムズ英語版 HBO
リカウント HBO
7 マッドメン AMC
6 ダメージ FX
The Office (アメリカのテレビシリーズ)英語版 NBC
ネットワーク別ノミネート数
ノミネート ネットワーク
44 HBO
30 NBC
29 ABC
11 CBS

複数部門での受賞作品編集

数字は主要部門からの合計で、プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞は含まない。

作品別受賞数
受賞 作品 ネットワーク
5 30 Rock/サーティー・ロック NBC
ジョン・アダムズ英語版 HBO
2 マッドメン AMC
ダメージ FX
ネットワーク別受賞数
受賞 ネットワーク
11 HBO
6 NBC
4 ABC
3 AMC
2 CBS
Comedy Central
FX

全部門の統計編集

プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞を含む全部門の合計。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b http://cdn.emmys.tv/media/releases/2008/rel-pte60-mainjuly17.php
  2. ^ http://cdn.emmys.tv/awards/2008pte/60thpte_nomsfact.php
  3. ^ “第60回エミー賞のノミネーションが発表!「ダメージ」が史上初の快挙” (日本語). cinematoday. (2008年7月18日). http://cinematoday.jp/page/N0014555 2008年7月22日閲覧。 
  4. ^ “Emmys Will Move To New Venue” (英語). Associated Press/USAToday. (2008年3月11日). http://www.usatoday.com/life/television/news/2008-03-11-emmys_N.htm 2008年7月22日閲覧。 
  5. ^ 日本ではウイークエンドシアターと芸術劇場内で放送。タイトルはその時の放映題[1]
  6. ^ 快適な生活~ぼくらはみんないきている~』のアメリカ版
  7. ^ 日本版DVDのタイトル。原題は『Eric Clapton Crossroads Guitar Festival Chicago』。

関連項目編集

外部リンク編集