メインメニューを開く

第61回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会

第61回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会(だい61かい くろわしき ぜんにほんだんじょせんばつばれーぼーるたいかい)は、2012年5月1日から5月6日まで開催された黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会である。

第61回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会
Namba9.jpg
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
参加チーム数 男子:16
女子:16
前回優勝 男子:東レ・アローズ
女子:JTマーヴェラス
公式サイト 第61回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会
テンプレートを表示

概要編集

試合方法編集

  • 16チームを4チームのグループに分けてリーグ戦を行い(グループ戦と称する)、各グループの上位2チームが準々決勝に進出し、トーナメント方式で優勝を決定する。

男子編集

出場チーム・グループ分け編集

[1]

カテゴリー Aグループ Bグループ Cグループ Dグループ
プレミアリーグ パナソニック・パンサーズ 東レ・アローズ サントリーサンバーズ 堺ブレイザーズ
大分三好ヴァイセアドラー JTサンダーズ 豊田合成トレフェルサ FC東京
チャレンジリーグ つくばユナイテッドSun GAIA ジェイテクトSTINGS 富士通カワサキレッドスピリッツ -
大学 中央大学 明治大学 東海大学 日本体育大学
高校 - - - 大村工業

グループ戦編集

Aグループ編集

グループ戦 - 男子A組

チーム名 パナソニック 大分三好 つくば 中央大 試合数 勝数 敗数 備考
パナソニック   3 - 2 3 - 1 3 - 0 3 3 0
大分三好 2 - 3   3 - 0 3 - 0 3 2 1
つくば 1 - 3 0 - 3   3 - 0 3 1 2
中央大 0 - 3 0 - 3 0 - 3   3 0 3

Bグループ編集

グループ戦 - 男子B組

チーム名 東 レ J T ジェイテクト 明治大 試合数 勝数 敗数 備考
東 レ   3 - 2 3 - 0 3 - 0 3 3 0
J T 2 - 3   2 - 3 2 - 3 3 0 3
ジェイテクト 0 - 3 3 - 2   3 - 0 3 2 1
明治大 0 - 3 3 - 2 0 - 3   3 1 2

Cグループ編集

グループ戦 - 男子C組

チーム名 サントリー 豊田合成 富士通 東海大 試合数 勝数 敗数 備考
サントリー   2 - 3 3 - 0 3 - 1 3 2 1
豊田合成 3 - 2   3 - 0 3 - 0 3 3 0
富士通 0 - 3 0 - 3   2 - 3 3 0 3
東海大 1 - 3 0 - 3 3 - 2   3 1 2

Dグループ編集

チーム名 FC東京 日体大 大村工業 試合数 勝数 敗数 備考
  3 - 0 3 - 1 3 - 0 3 3 0
FC東京 0 - 3   3 - 1 3 - 0 3 2 1
日体大 1 - 3 1 - 3   3 - 0 3 1 2
大村工業 0 - 3 0 - 3 0 - 3   3 0 3

準々決勝編集

#101 2012年5月4日 11:00[1]
パナソニック・パンサーズ
(A組1位)
3 - 1
(25-22)
(25-16)
(16-25)
(25-19)
ジェイテクトSTINGS
(B組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,500人
主審: 村中伸
副審: 森口豊
#102 2012年5月4日 13:00[2]
サントリー・サンバーズ
(C組2位)
1 - 3
(25-16)
(23-25)
(19-25)
(22-25)
堺ブレイザーズ
(D組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,800人
主審: 田中昭彦
副審: 柘植知則
#103 2012年5月4日 15:20[3]
豊田合成トレフェルサ
(C組1位)
1 - 3
(26-28)
(23-25)
(25-19))
(20-25)
FC東京
(D組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,200人
主審: 村上成司
副審: 国頭亮太
#104 2012年5月4日 17:34[4]
大分三好ヴァイセアドラー
(A組2位)
3 - 0
(25-22)
(25-21)
(25-23)
東レ・アローズ
(B組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 3,800人
主審: 中馬義郎
副審: 西中野健

準決勝編集

#105 2012年5月5日 15:35[5]
パナソニック・パンサーズ
(A組1位)
3 - 0
(31-29)
(26-24)
(25-22)
堺ブレイザーズ
(D組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 1,890人
主審: 田中昭彦
副審: 千代延靖夫
#106 2012年5月5日 17:35 [6]
FC東京
(D組2位)
3 - 1
(25-20)
(28-26)
(17-25)
(25-23)
大分三好ヴァイセアドラー
(A組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 768人
主審: 山本和良
副審: 村上成司

決勝編集

#107 2012年5月6日 14:45[7]
パナソニック・パンサーズ
(A組1位)
3 - 0
(25-19)
(25-21)
(25-22)
FC東京
(D組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 3,100人
主審: 村上成司
副審: 千代延靖夫

表彰選手編集

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 黒鷲賞(最高殊勲選手) 川村慎二 パナソニックパンサーズ
2 敢闘賞(敢闘選手) 前田和樹 FC東京
3 若鷲賞(最優秀新人賞) 細川優樹 大分三好ヴァイセアドラー
4 ベスト6 川村慎二 パナソニックパンサーズ
チアーゴ・アウヴェス パナソニックパンサーズ
白澤健児 パナソニックパンサーズ
大竹貴久 パナソニックパンサーズ
伊東勇樹 パナソニックパンサーズ
前田和樹 FC東京
5 ベストリベロ賞 井上裕介 堺ブレイザーズ

女子編集

出場チーム・グループ分け編集

[1]

カテゴリー Aグループ Bグループ Cグループ Dグループ
プレミアリーグ 東レ・アローズ 久光製薬スプリングス デンソー・エアリービーズ 岡山シーガルズ
NECレッドロケッツ トヨタ車体クインシーズ パイオニアレッドウィングス JTマーヴェラス
チャレンジリーグ KUROBEアクアフェアリーズ 日立リヴァーレ 大野石油広島オイラーズ 上尾メディックス
大学 日本体育大学 嘉悦大学 東海大学 -
高校 - - - 東九州龍谷

グループ戦編集

Aグループ編集

東レは、AVCアジアクラブ選手権出場のため、グループ戦を欠場、Aグループ特別推薦の扱いとなった。

グループ戦 - 女子A組

チーム名 東 レ NEC KUROBE 日体大 試合数 勝数 敗数 備考
東 レ   - - - 0 0 0 特別推薦
NEC -   3 - 1 3 - 0 2 2 0
KUROBE - 1 - 3   3 - 1 2 1 1
日体大 - 0 - 3 1 - 3   2 0 2

Bグループ編集

グループ戦 - 女子B組

チーム名 久光製薬 トヨタ車体 日 立 嘉悦大 試合数 勝数 敗数 備考
久光製薬   3 - 1 0 - 3 3 - 1 3 2 1 セット率 1.200
トヨタ車体 1 - 3   3 - 2 3 - 0 3 2 1 セット率 1.400
日 立 3 - 0 2 - 3   3 - 2 3 2 1 セット率 1.600
嘉悦大 1 - 3 0 - 3 2 - 3   3 0 3

Cグループ編集

グループ戦 - 女子C組

チーム名 デンソー パイオニア 大野石油広島 東海大 試合数 勝数 敗数 備考
デンソー   3 - 0 3 - 2 3 - 0 3 3 0
パイオニア 0 - 3   0 - 3 3 - 0 3 1 2
大野石油広島 2 - 3 3 - 0   3 - 2 3 2 1
東海大 0 - 3 0 - 3 2 - 3   3 0 3

Dグループ編集

グループ戦 - 女子D組

チーム名 岡 山 J T 上 尾 東九州龍谷 試合数 勝数 敗数 備考
岡 山   3 - 1 3 - 2 3 - 0 3 3 0
J T 1 - 3   3 - 0 3 - 0 3 2 1
上 尾 2 - 3 0 - 3   3 - 0 3 1 2
東九州龍谷 0 - 3 0 - 3 0 - 3   3 0 3

準々決勝編集

#301 2012年5月4日 11:00[8]
東レ・アローズ
(特別推薦)
3 - 1
(24-26)
(25-17)
(25-13)
(25-23)
トヨタ車体クインシーズ
(B組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,500人
主審: 明井寿枝
副審: 城智人
#302 2012年5月4日 13:06[9]
大野石油広島オイラーズ
(C組2位)
0 - 3
(22-25)
(13-25)
(20-25)
岡山シーガルズ
(D組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,800人
主審: 山本和則
副審: 吉岡奈々
#303 2012年5月4日 14:46[10]
デンソー・エアリービーズ
(C組1位)
1 - 3
(25-23)
(22-25)
(10-25)
(19-25)
JTマーヴェラス
(D組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 4,200人
主審: 千代延靖夫
副審: 服部篤史
#304 2012年5月4日 16:54[11]
NECレッドロケッツ
(A組1位)
3 - 0
(26-24)
(25-19)
(25-21)
日立リヴァーレ
(B組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 3,800人
主審: 北村友香
副審: 田川菜保子

準決勝編集

#305 2012年5月5日 11:00[12]
東レ・アローズ
(特別推薦)
3 - 1
(25-20)
(18-25)
(25-10)
(25-19)
岡山シーガルズ
(D組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 2,150人
主審: 村中伸
副審: 北村友香
#306 2012年5月5日 13:10[13]
JTマーヴェラス
(D組2位)
3 - 1
(23-25)
(25-19)
(25-20)
(25-15)
NECレッドロケッツ
(A組1位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 2,030人
主審: 中馬義郎
副審: 明井寿枝

決勝編集

#307 2012年5月6日 12:00[14]
東レ・アローズ
(特別推薦)
1 - 3
(22-25)
(25-22)
(23-25)
(20-25)
JTマーヴェラス
(D組2位)
ボディメーカーコロシアム
観客数: 2,700人
主審: 明井寿枝
副審: 北村友香

表彰選手編集

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 黒鷲賞(最高殊勲選手) 位田愛 JTマーヴェラス
2 敢闘賞(敢闘選手) 峯村沙紀 東レ・アローズ
3 若鷲賞(最優秀新人賞) 近江あかり NECレッドロケッツ
4 ベスト6 位田愛 JTマーヴェラス
坂下麻衣子 JTマーヴェラス
谷口雅美 JTマーヴェラス
小平花織 東レ・アローズ
峯村沙紀 東レ・アローズ
橋本直子 JTマーヴェラス
5 ベストリベロ賞 濱口華菜里 東レ・アローズ

脚注編集

  1. ^ a b 日本バレーボール協会. “第61回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会 グループ戦組合せ”. 2012年4月8日閲覧。

参考文献編集

  • 月刊バレーボール 2012年6月号 40 - 53ページ

外部リンク編集