メインメニューを開く

第62回選抜高等学校野球大会(だい62かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1990年3月26日から4月4日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第62回選抜高等学校野球大会
試合日程 1990年3月26日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 近大付大阪、初優勝)
試合数 31試合
入場行進曲約束』(相川恵里
選手宣誓 伊藤孝充(浜松商
総入場者数 約496,000人(1試合平均16,000人)
最高入場者数/1日 75,000人
大会本塁打 25本塁打
 < 19891991 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

日程編集

  • 2月1日 - 選考委員会が開かれ出場32校が決定。
  • 3月24日 - 組み合わせ抽選会。
  • 3月26日 - 開会式。
  • 4月4日 - 決勝戦。なお当日朝方の雨天により試合開始時間が予定より2時間以上遅れ、14時42分から試合開始となった。閉会式。

出場校編集

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州


組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月26日(1)            
 鹿児島実 5
3月30日(3)
 秋田経法大付 4  
 鹿児島実 4
3月26日(2)
   川西緑台 0  
 川西緑台 2
4月2日(1)
 倉敷商 0  
 鹿児島実 3
3月26日(3)
   東海大甲府 4  
 日田林工 1
3月30日(4)
 東海大甲府 7  
 東海大甲府 5
3月27日(1):延長12回
   享栄 3  
 福井商 6
4月3日(1):延長13回
 享栄 9  
 東海大甲府 4
3月27日(2)
   近大付 5x
 近大付 11
3月31日(1)
 駒大岩見沢 1  
 近大付 1
3月27日(3)
   東北 0  
 智弁学園 0
4月2日(2)
 東北 1  
 近大付 9
3月27日(4):延長10回
   金沢 2  
 金沢 4
3月31日(2)
 伊奈学園総合 3  
 金沢 5
3月28日(1)
   浜松商 3  
 鎮西 7
 浜松商 10  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月28日(2)            
 天理 4
4月1日(1)
 霞ヶ浦 3  
 天理 2
3月28日(3)
   高松商 8  
 高松商 4
4月2日(3)
 鳥取西 1  
 高松商 0
3月29日(1)
   新田 4  
 新田 9
4月1日(2)
 前橋商 1  
 新田 5x
3月29日(2)
   日大藤沢 4  
 高知 0
4月3日(2):延長17回
 日大藤沢 14  
 新田 4x
3月29日(3):延長11回
   北陽 3
 神戸弘陵 3
4月1日(3):延長11回
 三重 4  
 三重 5x
3月29日(4)
   柳ヶ浦 4  
 柳ヶ浦 5
4月2日(4)
 金足農 3  
 三重 3
3月30日(1)
   北陽 4  
 北陽 4x
4月1日(4)
 帝京 3  
 北陽 4
3月30日(2)
   玉野光南 3  
 北嵯峨 2
 玉野光南 3  

決勝編集

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近大付 0 2 0 1 0 0 0 2 0 5 12 0
新田 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 10 0
  1. (近) : 後藤 - 薮内
  2. (新) : 山本 - 松本
  3. 審判:球審…布施、塁審…片岡・広沢・田中
  4. 試合時間:2時間25分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:内之倉隆志(鹿児島実)
  • 第2号:萩原淳(東海大甲府)
  • 第3号:高木浩之(享栄)
  • 第4号:高木浩之(享栄)
  • 第5号:斉藤千春(鎮西)
  • 第6号:南竜次(天理)
  • 第7号:寺川敏春(天理)
  • 第8号:長谷川久翁(鳥取西)
  • 第9号:松本洋介(新田)
  • 第10号:池田幸徳(新田)
  • 第11号:堀内勝也(新田)
  • 第12号:池田亘(前橋商)
  • 第13号:青木久典(三重)
  • 第14号:和田広幸(北陽)
2回戦
  • 第15号:高木浩之(享栄)
  • 第16号:湯浅貴博(享栄)
  • 第17号:宮下典明(新田)
準々決勝
  • 第18号:竹脇賢二(鹿児島実)
  • 第19号:小間康広(金沢)
  • 第20号:山本雅章(新田)
準決勝
  • 第21号:唐沢俊博(東海大甲府)
  • 第22号:宮下典明(新田)
  • 第23号:池田幸徳(新田)
決勝
  • 第24号:後藤章浩(近大付)
  • 第25号:脇門清志(近大付)


関連項目編集

外部リンク編集