メインメニューを開く

第63回全日本大学野球選手権大会(だい63かいぜんにっぽんだいがくやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2014年6月10日から6月15日まで明治神宮野球場および東京ドームで行われた全日本大学野球選手権大会である。

日本の旗 第63回全日本大学野球選手権大会 Baseball pictogram.svg
試合日程 2014年6月10日 - 6月15日
出場校 26校
優勝校 東海大学首都、13年ぶり4回目)
準優勝校 神奈川大学神奈川
試合数 25試合
選手宣誓 胡麻裕宜(神奈川神奈川大学[1]
最高殊勲選手 大城卓三首都東海大学
タイブレーク導入
 < 20132015 > 
テンプレートを表示

概要編集

全日本大学野球連盟に所属する26連盟の春季リーグ優勝26校によって25試合が行われた。今大会でもタイブレークが導入された[2]

日程編集

出場校編集

連盟 代表校 出場回数
北海道学生野球連盟 苫小牧駒澤大学 初出場
札幌学生野球連盟 道都大学 4年連続7回目
北東北大学野球連盟 富士大学 2年連続9回目
仙台六大学野球連盟 仙台大学 初出場
南東北大学野球連盟 東日本国際大学 5年連続10回目
千葉県大学野球連盟 国際武道大学 2年ぶり17回目
関甲新学生野球連盟 山梨学院大学 初出場
東京新大学野球連盟 創価大学 3年連続21回目
東京六大学野球連盟 慶應義塾大学 3年ぶり10回目
東都大学野球連盟 亜細亜大学 3年連続12回目
首都大学野球連盟 東海大学 2年ぶり35回目
神奈川大学野球連盟 神奈川大学 6年ぶり24回目
愛知大学野球連盟 愛知学院大学 2年ぶり22回目
連盟 代表校 出場回数
東海地区大学野球連盟 静岡大学 43年ぶり2回目
北陸大学野球連盟 福井工業大学 4年連続37回目
関西学生野球連盟 立命館大学 2年ぶり15回目
関西六大学野球連盟 龍谷大学 2年ぶり17回目
阪神大学野球連盟 大阪体育大学 2年ぶり16回目
近畿学生野球連盟 奈良学園大学 5年連続18回目
京滋大学野球連盟 佛教大学 4年ぶり19回目
広島六大学野球連盟 広島経済大学 2年ぶり13回目
中国地区大学野球連盟 福山大学 28年ぶり4回目
四国地区大学野球連盟 松山大学 5年ぶり30回目
九州六大学野球連盟 福岡大学 5年連続27回目
福岡六大学野球連盟 九州産業大学 7年ぶり15回目
九州地区大学野球連盟 西日本工業大学 2年ぶり3回目

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
11日 神宮(1):延長10回
 
 仙台大学 3
10日 神宮(1)
 福岡大学 1
 富士大学 0
13日 神宮(1)
 福岡大学 1
 仙台大学 1
10日 神宮(2):8回コールド
 神奈川大学 3
 神奈川大学 7
11日 神宮(2)
 西日本工業大学 0
 神奈川大学 3
 慶應義塾大学 1
 
14日 神宮(1)
 
 神奈川大学 2
10日 神宮(3):7回コールド
 愛知学院大学 1
 道都大学 8
12日 神宮(1)
 福山大学 1
 道都大学 0
10日 神宮(4)
 愛知学院大学 3
 愛知学院大学 5
13日 神宮(2)
 苫小牧駒澤大学 0
 愛知学院大学 2
10日 東京D(1)
 福井工業大学 1
 松山大学 0
11日 東京D(4)
 福井工業大学 6
 福井工業大学 3
 
 山梨学院大学 2
      
      
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
11日 東京D(3)
 
 亜細亜大学 2
10日 東京D(2)
 創価大学 3
 創価大学 4
13日 神宮(3)
 佛教大学 0
 創価大学 3
10日 東京D(3)
 九州産業大学 2
 静岡大学 1
12日 東京D(1)
 東日本国際大学 2
 東日本国際大学 0
10日 東京D(4):延長11回
 九州産業大学 1
 九州産業大学 1
14日 神宮(2)
 広島経済大学 0
 創価大学 2
 東海大学 7
 
12日 東京D(2)
 
 東海大学 2
11日 東京D(1)
 龍谷大学 0
 国際武道大学 1
13日 神宮(4)
 龍谷大学 4
 東海大学 4
11日 東京D(2)
 大阪体育大学 3
 奈良学園大学 1
12日 東京D(3)
 立命館大学 3
 立命館大学 1
 
 大阪体育大学 4
      
      

決勝編集

15日 神宮球場
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東海大学 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
神奈川大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. 東海大 : 吉田、芳賀 - 大城卓
  2. 神大 : 濱口 - 中浦

表彰編集

  • 最高殊勲選手賞:大城卓三(東海大学)
  • 最優秀投手賞:吉田侑樹(東海大学)
  • 首位打者賞:大城卓三(東海大学)
  • 敢闘賞:濱口遥大(神奈川大学)
  • 特別賞:田中正義(創価大学)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集