第63回国民体育大会

第63回国民体育大会
チャレンジ!おおいた国体
参加人数 22,275名
競技種目数 37競技(正式競技)
1競技(公開競技)
開会式 2008年9月27日
閉会式 2008年10月7日
開会宣言 広瀬勝貞大分県知事
選手宣誓 成迫健児岩尾幸美
最終炬火ランナー 小川貴史松下紗耶未
主競技場 九州石油ドーム
長野かがやき国体
参加人数 3,589名
競技種目数 3競技
開会式 2008年1月26日
閉会式 2008年2月22日

第63回国民体育大会(だい63かいこくみんたいいくたいかい)は、冬季大会を2008年1月26日から同年2月22日まで長野県で、本大会[1]9月10日から中断を挟んで10月7日まで、大分県大分市を主な会場として開催された。

概要編集

通称は「チャレンジ!おおいた国体」。大分県としては、1966年に開催された第21回国体である剛健国体以来の2巡目開催となった大会である。2008年9月10日から水泳などの一部競技が会期前実施競技として行われ、9月27日に正式に大会が開会。10月7日に閉会を迎え、開催県である大分県が天皇杯・皇后杯を獲得した。

2003年のいわゆる「国体改革」に伴い、のじぎく国体(2006年・兵庫県)秋田わか杉国体(2007年)の2大会は、合理化・効率化のため夏季・秋季の競技をまとめて「秋季大会」として実施していたが、今大会では正式に夏季・秋季が統合されて本大会とされた。ただし、日程的に両大会が完全に統合されたわけではなく、旧夏季大会の競技(水泳、ゴルフ、フェンシング)を「会期前競技」として本日程より10日ほど先行した9月11日から9月15日の間に実施している。これは、屋外プールを使用するなど季節的な問題以外にも、施設の効率的な利用(会期前日程と本日程で2競技で同じ施設の利用が可能)も考慮されてのことである。従って事実上は以前の「冬2大会・夏・秋」のやり方に戻った格好となった。

なお、冬季大会は1月26日から2月22日まで、長野県で「長野かがやき国体」として開催された。

競技数は、本大会・冬季大会を合わせて41競技。本大会での競技は、大分県大分市を中心に、大分県各地(姫島村を除く14市3町)と熊本県(1市1町)で行われた。開閉会式は大分市にある九州石油ドームで行われた。

本大会のスローガンはここから未来へ 新たな一歩、マスコットはめじろん。非常に人気が高かったことから、めじろんは大会終了後に大分県応援団"鳥"に就任し[2]、大分県関連のイベントなどに出演している。大会イメージソングは「CHALLENGE」。歌は中嶋努、作詞・作曲・プロデュースを小室哲哉が担当。ただし、地元での事前イベントや関連のテレビ・ラジオ放送では、同曲よりも、マスコットキャラクターであるめじろんをテーマに、地元小学生が作詞・作曲した「めじろんダンス」の方がよく使用された。これは、「CHALLENGE」が静かな曲調であるのに対して、「めじろんダンス」は大人から子供まで覚えやすい、楽しい曲であったことも一因である。

8月に北京オリンピックが開催されたため、同日本代表選手も多数参加して国体を盛り上げた。

また、10月11日から13日体育の日)まで第8回全国障害者スポーツ大会チャレンジ!おおいた大会」が行われている。

競技と会場編集

正式競技(冬季大会)編集

冬季3競技は「長野かがやき国体」として長野県内の3市町村で実施された。

競技名 開催地 会場
スケート スピード詳細   長野市 長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)
フィギュア詳細   長野市若里多目的スポーツアリーナ(ビッグハット)
ショートトラック詳細  
アイスホッケー詳細   軽井沢町 軽井沢風越公園アリーナ
スキー ジャイアントスラローム詳細   野沢温泉村 野沢温泉スキー場カンダハーコース
スペシャルジャンプ詳細   野沢温泉スキー場野沢温泉シャンツェ
コンバインド詳細  
野沢温泉スキー場南原クロスカントリーコース
クロスカントリー詳細  

正式競技(本大会)編集

※は、かつての夏季競技に相当する先行日程で実施。

  • 陸上競技 - 大分市・大分スポーツ公園九州石油ドーム
  • サッカー - 中津市、大分市、別府市・中津総合運動場(サッカー場)、三光総合運動公園多目的広場、禅海ふれあい広場(人工芝)、大分スポーツ公園九州石油ドーム・サッカー・ラグビー場A・B、別府市営野口原総合運動場陸上競技場、別府市営実相寺サッカー競技場
  • テニス - 大分市・大分スポーツ公園テニスコート
  • ボート - 熊本県菊池市・菊池市斑蛇口湖ボート場
  • ホッケー - 九重町玖珠町・九重町活きいきランド多目的グラウンド、メルヘンの森スポーツ公園ホッケー場
  • ボクシング - 津久見市大分県立津久見高等学校体育館
  • バレーボール - 日田市豊後高田市、別府市・日田市総合体育館、大分県立高田高等学校体育館、大分県立別府コンベンションセンター(ビーコンプラザ)別府市総合体育館(べっぷアリーナ)
  • 体操
    • 競技 - 別府市・別府市総合体育館(べっぷアリーナ)
    • 新体操 - 別府市・大分県立別府コンベンションセンター(ビーコンプラザ)
  • バスケットボール - 大分市、宇佐市、中津市・新日鐵文化体育センター、コンパルホール大分市立王子中学校体育館、大分県立大分舞鶴高等学校多目的競技場、大分県立大分鶴崎高等学校多目的競技場、かんぽの郷宇佐体育館、ダイハツ九州アリーナ大貞総合運動公園内)
  • レスリング - 佐伯市・佐伯市総合体育館
  • セーリング - 別府市・別府北浜ヨットハーバー
  • ウエイトリフティング - 国東市・アストくにさきアストホール・アグリホール
  • ハンドボール - 大分市・大分県立総合体育館、コンパルホール、大分県立大分舞鶴高等学校多目的競技場、大分県立大分鶴崎高等学校多目的競技場、大分市立王子中学校体育館
  • 自転車
  • ソフトテニス - 大分市・大分スポーツ公園テニスコート
  • 卓球 - 杵築市・ 杵築市文化体育館
  • 軟式野球 - 佐伯市、臼杵市、津久見市・佐伯市総合運動公園佐伯球場、佐伯市弥生スポーツ公園野球場、臼杵市総合公園臼杵市民球場、臼杵市野津吉四六ランド運動広場野津吉四六ランド球場、津久見市総合運動公園市民野球場
  • 相撲 - 宇佐市・宇佐市総合運動場相撲場
  • 馬術 - 豊後大野市・豊後大野市三重総合グラウンド特設馬術場
  • 柔道 - 大分市・大分県立総合体育館
  • ソフトボール - 竹田市、豊後大野市・竹田市総合運動公園竹田市民球場・多目的広場、竹田市立荻小学校運動場、竹田市直入総合運動公園野球場、竹田市久住総合運動公園野球コート、竹田市飛田川野球場、豊後大野市大野総合運動公園多目的グラウンド・野球場
  • バドミントン - 日田市・日田市総合体育館
  • 弓道 - 佐伯市・佐伯市総合運動公園弓道場(近的)、佐伯市総合運動公園特設遠的弓道場(遠的)
  • ライフル射撃 - 大分市、由布市大分県警察学校射撃場、大分県立庄内屋内競技場、由布市立東庄内小学校体育館
  • 剣道 - 豊後大野市・豊後大野市大原総合体育館
  • ラグビーフットボール - 竹田市、由布市・竹田市総合運動公園陸上競技場、由布市湯布院スポーツセンター第2球技場
  • 山岳 - 竹田市・大分県立竹田高等学校山岳競技場
  • カヌー
    • フラットウォーターレーシング - 豊後高田市・豊後高田市真玉B&G海洋センターカヌー競技場
    • スラロームレーシング、ワイルドウォーターレーシング - 豊後大野市・豊後大野市リバーパーク犬飼特設カヌーコース
  • アーチェリー - 由布市・大分県消防学校グラウンド特設アーチェリー場
  • 空手道 - 中津市・ ダイハツ九州アリーナ(大貞総合運動公園内)
  • 銃剣道 - 由布市・由布市立湯布院中学校体育館
  • クレー射撃 - 熊本県上益城郡益城町・熊本県総合射撃場
  • なぎなた - 日出町大分県立日出暘谷高等学校体育館
  • ボウリング - 大分市・OBSボウル
  • 水泳※
  • フェンシング※ - 日田市・日田市総合体育館
  • ゴルフ※ - 大分市、臼杵市、由布市・大分カントリークラブ月形コース、大分サニーヒルゴルフ倶楽部、臼杵カントリークラブ

公開競技編集

総合成績編集

天皇杯
皇后杯

台風の影響編集

台風15号の影響による大雨のため、屋外で行われるソフトボール高校野球硬式野球軟式野球)の開催に影響が出た。これは、主催者の協議により「大会の競技期間の短縮(例・4日間を3日間に短縮)は可能だが、期間延長(例・3日間を4日間に延長)は原則不可とする」という取り決めがあったためである。具体的には以下の措置が取られた。

  • ソフトボール(成年男子、成年女子、少年男子、少年女子) - 1回戦のみ実施。準々決勝以降を打ち切り、ベスト8に進出したチーム全てを第1位とした。
  • 高校野球(軟式) - 1回戦及び準々決勝のみ実施。準決勝、決勝を打ち切り、ベスト4に進出したチーム全てを第1位とした。
  • 高校野球(硬式) - 準々決勝のうち1回戦を戦っていない4チームの出場した2試合は開催したが、1回戦勝ち抜けチーム同士による2試合と準決勝以後の試合は開催を打ち切り、優勝預かりとなった。

なお、高校野球については、公開競技であるため、天皇杯・皇后杯得点への影響は無かった。

台風ではないが、秋雨による影響で2年後のゆめ半島千葉国体でも、同じ競技で同様の影響が発生している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「本大会」という名称は、日体協の『国体の今後のあり方プロジェクト提言骨子』などでの記載に従ったものである。
  2. ^ めじろん 大分県応援団“鳥”に就任 - 大分合同新聞、2008年12月27日

外部リンク編集