メインメニューを開く

第65旅団大日本帝国陸軍旅団のひとつ。通称「夏兵団」[1]1941年昭和16年)6月に、歩兵第122連隊(松山)、歩兵第141連隊(福山)、歩兵第142連隊(松江)の3個連隊を基幹として広島師管で「第65独立歩兵団」として編成され[2]、同年10月8日に工兵隊、通信隊、野戦病院を編合し「第65旅団」と改編された[2]太平洋戦争初期のフィリピンの戦いに従軍した後、ニューブリテン島に転進して終戦を迎えた。

戦歴編集

開戦後の1942年1月1日、第65旅団はフィリピン第二次輸送部隊としてリンガエン湾に上陸した。第65旅団は占領地治安を想定して編成された部隊であり、作戦部隊としての能力は劣っていた[3]。米比軍はマニラを捨ててバターン半島にこもっていた。大本営および南方軍司令部はバターン半島の勢力を過少に見積もり、二線級部隊でも攻略可能と見て歩兵第9連隊を臨時に指揮下に置いた第65旅団にバターン半島攻略を命じた。1月9日からの攻撃は米比軍の頑強な抵抗にあい、2月8日の攻撃停止命令までに第65旅団は兵力の3分の2を失い幹部も多数が戦死した(第1次バターン半島の戦い)。3月24日から始まった第2次攻撃にも一部を欠いた状態で他部隊とともに参加し、4月初めに半島を攻略した。この後旅団はバターン死の行進に関わっている。

バギオに旅団司令部を置き占領地の治安任務にあたっていたところ[4]、1942年11月にガダルカナル島を奪還する作戦方針のもと[3]、旅団司令部と141連隊はラバウルに増派され、122連隊と142連隊は編制から外れた。1943年5月ニューブリテン島西部のツルブへ飛行場設営のため転進、9月に第4船舶団司令部を併合した[4]

12月26日、米軍がツルブ付近に上陸。旅団長である松田巌がこの方面の戦いの総指揮を執った。1月中旬頃には弾薬・糧食の欠乏が顕著となり、1月23日に退却命令が出て戦闘は終結した[5]グロスター岬の戦い)。退却先は当初のタラセアからラバウルに変更された。ラバウルまで約700kmのジャングル行軍は過酷なものであり、多数の戦病死・餓死者を出した。ラバウルに集結した旅団は自給体制をとりつつ、陣地構築や戦闘訓練に当たり終戦を迎えた。

1946年5月11日名古屋において復員完結した[4]

脚注編集

  1. ^ アジ歴「主要部隊略歴表(旅団の部) 昭和20年8月15日現在」第65・第68旅団
  2. ^ a b アジ歴「主要部隊略歴表(旅団の部)昭和20年8月15日現在」第62・第65~第66独立歩兵団
  3. ^ a b アジ歴「フイリッピン作戦記録第2号」第65旅団の編成其他に就きて
  4. ^ a b c アジ歴「東部ニューギニア方面部隊略歴(8)」第六十五旅団司令部
  5. ^ アジ歴「大東亜戦争全史草案 第5編」第11章 国防圏前衛線の逐次崩壊(2)