メインメニューを開く

第66回国際連合総会(だいかいこくさいれんごうそうかい、英語Sixty-sixth session of the United Nations General Assembly)は、2011年9月13日から開かれた国際連合総会の通常会期である。議長には、アジア太平洋グループからナーセル・アルナセルが選ばれた。テーマは"The role of mediation in the settlement of disputes by peaceful means"。

第66回国際連合総会
Nassir Abdulaziz Al-Nasser.jpg
開催国 国際連合の旗 国際連合
日程 2011年9月13日 – 2012年9月18日
会場 国際連合本部ビル
都市 ニューヨーク
参加者 国際連合加盟国
前回 第65回国際連合総会
次回 第67回国際連合総会
ウェブサイト http://www.un.org/en/ga/66/

目次

議長と副議長編集

議長編集

カタールのナーセル・アルナセルが、議長に選出された。

副議長編集

第66回国際連合総会では、21人の副議長が設けられた。以下が副議長の一覧[1]

安保理の常任理事国

常任理事国以外の国々:

主要委員会編集

第66回国際連合総会における各主要委員会の委員長には、以下のメンバーが選ばれた。

一般討論編集

加盟国の首脳級による一般討論演説が、9月21日から9月27日の日程で行われた。

9月21日編集

9月22日編集

9月23日編集

9月24日編集

9月26日編集

9月27日編集

決議編集

第66回国際連合総会では以下の決議案が審議された。

決議番号 採択日 本会議・各委員会 議題項目 投票(賛成/反対/棄権) 可否 テーマ
A/RES/66/1A 2011年9月16日 本会議 3(b) 114/17/15 成立 Credentials of representatives to the sixty-sixth session of the General Assembly
A/RES/66/45 2011年12月2日 第1委員会 98(w) 169/1/11 成立 新たな決意の下での核兵器廃絶に向けた共同行動
A/RES/66/174 2011年12月19日 第3委員会 69(c) 123/13/51 成立 朝鮮民主主義人民共和国における人権状況
A/RES/66/175 2011年12月19日 第3委員会 69(c) 89/30/64 成立 イラン・イスラム共和国における人権状況
A/RES/66/176 2011年12月19日 第3委員会 69(c) 133/11/43 成立 シリア・アラブ共和国における人権状況
A/RES/66/222 2011年12月22日 第2委員会 25 無投票 成立 国際農家年、2014
A/RES/66/230 2011年12月24日 第3委員会 69(c) 83/21/39 成立 ミャンマーの人権状況
A/RES/66/297 2012年9月17日 第4委員会 54 無投票 成立 Comprehensive review of the whole question of peacekeeping operations in all their aspec

選挙編集

2011年10月21日、安全保障理事会への非常任理事国(任期:2012-2013年)の選挙が実施され、モロッコトーゴグアテマラパキスタンアゼルバイジャンが選出された。

参考文献編集

  1. ^ 68_annexes”. 2019年1月24日閲覧。

外部リンク編集