第66回菊花賞(だい66かいきっかしょう)は、2005年10月23日京都競馬場で施行された競馬競走である。ディープインパクト皐月賞東京優駿(日本ダービー)に続き優勝し、無敗でクラシック三冠を達成した。

2005年菊花賞・最後の直線
映像外部リンク
2005 菊花賞
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

レース施行時の状況編集

同年の牡馬クラシックディープインパクト皐月賞東京優駿(日本ダービー)に無敗で優勝した。そして同馬は菊花賞まで無敗を保ち、無敗のクラシック三冠が達成されるかが注目されていた。同馬はトライアル競走である神戸新聞杯を快勝し、三冠への期待が大きく高まったことで単勝1.0倍の圧倒的1番人気に支持された。

同馬の対抗馬には東京優駿3着の後、神戸新聞杯2着のシックスセンス、神戸新聞杯3着のローゼンクロイツ、東京優駿4着のアドマイヤフジなどが挙げられたが、2番人気のシックスセンスでも単勝20倍が限界であり、ディープインパクトの人気は絶大なものであった。

また、東京優駿において2着に入ったインティライミは有力候補として注目されていたが、故障(裂蹄)を発症し、菊花賞出走を断念した。

トライアルの結果編集

第53回神戸新聞杯
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 ディープインパクト 牡3 武豊 1.58.4
2 シックスセンス 牡3 上村洋行 1.58.8 2馬身1/2
3 ローゼンクロイツ 牡3 安藤勝己 1.58.9 3/4馬身
第59回セントライト記念
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 キングストレイル 牡3 北村宏司 2.11.8
2 フサイチアウステル 牡3 安藤勝己 2.11.8 クビ
3 ピサノパテック 牡3 田中勝春 2.11.9 1/2馬身

出走馬と枠順編集

インティライミが故障で回避、キングストレイルストーミーカフェ天皇賞(秋)へ出走し、更に、例年では多く出走する条件馬も出走を避けた事もあり、クラシック競走である菊花賞は4年ぶりにフルゲートを割り、16頭立てで行われるという状況となった。

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 コンラッド 牡3 小牧太 60.5(7人) 手塚貴久
2 ヤマトスプリンター 牡3 池添謙一 111.1(10人) 安達昭夫
2 3 ミツワスカイハイ 牡3 渡辺薫彦 161.3(15人) 佐山優
4 ローゼンクロイツ 牡3 安藤勝己 25.3(3人) 橋口弘次郎
3 5 アドマイヤフジ 牡3 福永祐一 30.2(4人) 橋田満
6 アドマイヤジャパン 牡3 横山典弘 50.3(6人) 松田博資
4 7 ディープインパクト 牡3 武豊 1.0(1人) 池江泰郎
8 シャドウゲイト 牡3 佐藤哲三 77.1(9人) 加藤征弘
5 9 エイシンサリヴァン 牡3 吉田豊 161.8(16人) 大久保洋吉
10 レットバトラー 牡3 幸英明 151.9(14人) 瀬戸口勉
6 11 シックスセンス 牡3 四位洋文 20.7(2人) 長浜博之
12 ピサノパテック 牡3 岩田康誠 75.0(8人) 藤沢和雄
7 13 ディーエスハリアー 牡3 石橋脩 125.9(12人) 柴田政人
14 フサイチアウステル 牡3 藤田伸二 32.9(5人) 池江泰郎
8 15 マルブツライト 牡3 松岡正海 114.1(11人) 大久保正陽
16 マルカジーク 牡3 角田晃一 144.8(13人) 北橋修二

レース展開編集

 
2005年菊花賞・2周目4コーナーカーブの攻防

ディープインパクトはこれまでに無い好スタートを切るが、1周目の坂からかかり始めた。直線で内へ入ると落ち着き、ローゼンクロイツシックスセンスアドマイヤフジらがいる中団付近に位置した。一方、前はシャドウゲイトアドマイヤジャパンが先行集団を大きく引き離して逃げた。そして、最終コーナーから直線に向く辺りでアドマイヤジャパンが先頭に立ったが、ディープインパクトはまだ動かず、残り400mを切った所から追い込むと、道中では10馬身以上も差があったアドマイヤジャパンを一気に差し切り、2馬身の差をつけて優勝した。また、勝利したディープインパクト上がり3ハロンのタイムである33.3秒は全出走馬の中でも突出していた(2番目に早いのがシックスセンスの34.2秒)。

レース結果編集

全着順編集

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 4 7 ディープインパクト 3.04.6
2 3 6 アドマイヤジャパン 3.04.9 2馬身
3 2 4 ローゼンクロイツ 3.05.6 4馬身
4 6 11 シックスセンス 3.05.7 1/2馬身
5 7 14 フサイチアウステル 3.06.0 2馬身
6 3 5 アドマイヤフジ 3.06.9 5馬身
7 1 1 コンラッド 3.07.3 2馬身1/2
8 8 15 マルブツライト 3.07.3 ハナ
9 5 9 エイシンサリヴァン 3.07.4 3/4馬身
10 2 3 ミツワハイスカイ 3.07.5 クビ
11 6 12 ピサノパテック 3.07.7 1馬身1/2
12 1 2 ヤマトスプリンター 3.07.8 1/2馬身
13 8 16 マルカジーク 3.08.6 5馬身
14 7 13 ディーエスハリアー 3.09.2 3馬身1/2
15 4 8 シャドウゲイト 3.09.6 2馬身1/2
16 5 10 レットバトラー 3.09.8 1馬身

データ編集

1000m通過タイム 60.9秒
2000m通過タイム 2分4秒3
上がり4ハロン 47.8秒
上がり3ハロン 35.7秒
優勝馬上がり3ハロン 33.3秒

払戻金編集

単勝式 7 100円
複勝式 7 100円
6 400円
4 190円
枠連 3-4 410円
馬連 6-7 1290円
ワイド 6-7 620円
4-7 230円
4-6 1720円
馬単 7-6 1320円
3連複 4-6-7 2730円
3連単 7-6-4 7090円

達成された記録編集

レースにまつわるエピソード編集

  • ディープインパクトはスタート直後に鞍上の武豊との折り合いを欠き、仕方なく武豊は強引に馬込みの中にディープインパクトを入れ、敢えて行き場を無くした。しかし、この行為は前の馬に急接近する可能性もあり、危険な策ではあったが、武豊は「外に出すと本当にディープインパクトが前に行くかもしれないので、半分賭けでインにいれた」と語っている。また、ディープインパクトが折り合いを欠いた原因は、いつも3コーナーから4コーナーにかけてスパートをかけることを覚えているために、1周目のゴール板を正規のゴールと勘違いしてしまったからだと武豊は証言している。
  • ディープインパクトはパドックから本馬場に向かう際、興奮しないように他の馬と一緒に行くことを避け、最後に馬場入りした。
  • 当日のFNS系列の競馬中継も超豪華に放送され、本来ならば放映権、制作を担当する西の関西テレビの競馬中継番組のドリーム競馬に加えて、東のフジテレビの競馬中継番組のスーパー競馬が制作に名乗りを挙げ、その結果夢のコラボレーションが実現。スーパードリーム競馬・第66回菊花賞実況中継として放送された。スタジオは第1コーナーの付近の建物の屋上にてオープン型に設定。司会は宮川一朗太福原直英アナウンサーが務め、解説には杉本清井崎脩五郎岡部幸雄が、リポーターには水野麗奈若槻千夏が務めた。実況アナは馬場鉄志が担当し、ゴール前に発言した『世界のホースマンよ見てくれ! これが日本近代競馬の結晶だ!』は同年のFNSアナウンス大賞を受賞した。
  • 騎乗した武豊はレース後、表彰式での勝利騎手インタビューで「三冠の重圧は相当なものだったでしょう」とねぎらわれると、「いやもう、今日負けちゃったら向こう正面から帰ろうと思ってました」と返して場内を沸かせた。

脚注編集

[ヘルプ]