メインメニューを開く
ジャパンフットボールリーグ > 第7回ジャパンフットボールリーグ

第7回ジャパンフットボールリーグは、1998年度に開催されたジャパンフットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。東京ガスサッカー部が優勝した。

第7回ジャパンフットボールリーグ
シーズン 1998
優勝 東京ガスサッカー部
試合数 240
得点王 ヴァルディネイ (33得点)
1997

概要編集

このシーズンから国士舘大学サッカー部が参加する事になった。学生のクラブとして初の社会人を対象とした全国リーグへの参加となったが、これには部員数を多く抱え大学側が出場機会の少ない選手達の実戦の場を求めた事情や、JFL側にもクラブの解散、廃部が相次いだ事情などが重なり実現したものである。

優勝争いは東京ガス川崎フロンターレがデッドヒートを演じ最終節まで縺れ込んだが、首位の川崎が1-2でソニー仙台に敗れたのに対し、東京ガスはアマラオ岡元勇人のゴールで2-1でアルビレックス新潟を退けJFL最後のシーズンで初優勝した。2位の川崎はJ1参入決定戦への出場が決まった。

このシーズンは1998 FIFAワールドカップの開催のため、5月の第10節終了後、2か月の中断期間があった。またこの年度を持ってジャパンフットボールリーグは廃止され、翌シーズンからはJリーグ ディビジョン2(J2)と日本フットボールリーグへ再編された。

大会概要編集

参加クラブ編集

年間順位編集

順位 クラブ 勝点 勝利 延長勝 PK勝 敗戦 得点 失点 得失差
1位 東京ガス 69 21 3 0 6 67 17 +50
2位 川崎フロンターレ 68 22 1 0 7 72 24 +48
3位 モンテディオ山形 64 20 2 0 8 69 38 +31
4位 ヴァンフォーレ甲府 59 16 5 1 8 74 40 +34
5位 本田技研 54 16 3 0 11 57 45 +12
6位 大分FC 45 14 1 1 14 51 51 ±0
7位 ブランメル仙台 43 10 5 3 12 55 53 +2
8位 サガン鳥栖 39 11 3 0 16 40 55 -15
9位 大塚FCヴォルティス徳島 38 11 2 1 16 58 48 +10
10位 デンソー 38 11 2 1 16 48 59 -11
11位 アルビレックス新潟 34 10 2 0 18 39 47 -8
12位 大宮アルディージャ 31 9 2 0 19 51 56 -5
13位 ソニー仙台 23 7 1 0 22 42 71 -29
14位 水戸ホーリーホック 23 7 1 0 22 37 69 -32
15位 国士舘大学 21 5 3 0 22 42 76 -34
16位 ジャトコ 18 4 3 0 23 44 97 -53
J1参入決定戦出場
J2リーグ入会
日本フットボールリーグ参加

表彰編集

選手名 所属クラブ 備考
最優秀選手賞 ヴァルディネイ 川崎フロンターレ
得点王 33得点
新人王 佐藤由紀彦 モンテディオ山形
フェアプレー個人賞 安間貴義 本田技研 30試合出場、2得点、警告・退場・出場停止なし
ベストGK賞 堀池洋充 東京ガス

ベスト11編集

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 堀池洋充 東京ガス
DF 藤山竜仁
サンドロ
長橋康弘 川崎フロンターレ
若松大樹 モンテディオ山形
MF 佐藤由紀彦
加賀見健介 東京ガス
中西哲生 川崎フロンターレ
鬼木達
FW ヴァルディネイ
バロン ヴァンフォーレ甲府

参加チームの1999年の動向編集

Jリーグ・ディビジョン2へ参加編集

  • 東京ガス
  • 川崎フロンターレ[1]
  • モンテディオ山形
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 大分FC
  • ブランメル仙台
  • サガン鳥栖
  • アルビレックス新潟
  • 大宮アルディージャ

日本フットボールリーグへ参加編集

  • 本田技研
  • 大塚製薬
  • デンソー
  • ソニー仙台
  • 水戸ホーリーホック[2]
  • 国士舘大学
  • ジヤトコ

その他編集

脚注編集

  1. ^ J1参入決定戦1回戦で敗北。
  2. ^ JリーグにはJ2参入を申し込んでいたが準備・資金力不足を理由として出場が見送られたため新JFLに廻った。

関連項目編集