第7回全日本女子サッカー選手権大会

第7回全日本女子サッカー選手権大会(だい7かいぜんにほんじょしさっかーせんしゅけんたいかい)は、1986年3月27日から3月30日に開催された全日本女子サッカー選手権大会。この大会から男子と同様の5号ボールを使用。準決勝までは引き続き60分(30分ハーフ)で行ったが、決勝戦は90分(45分ハーフ)となった。また16チーム参加は変わらなかったが、3位決定戦は実施しなかった。

決勝のカードは3大会連続で清水第八スポーツクラブ高槻女子フットボールクラブによる対戦となったが、またも清水第八が勝利して6連覇を成し遂げ、木岡二葉(清水第八)が最優秀選手を受賞。3位は読売サッカークラブ女子・ベレーザ(現・日テレ・ベレーザ)が3年連続の、神戸FCレディースTASAKIペルーレFCの前身)が初めての受賞となった。

成績編集

出場チーム編集

前回優勝編集

北海道地域編集

  • モルテンはばたけサッカークラブ

東北地域編集

関東地域編集

北信越地域編集

  • レディース西条

東海地域編集

  • 静岡紅葵女子サッカークラブ
  • 名古屋女子サッカークラブ

関西地域編集

中国地域編集

  • 米子コスモス

四国地域編集

九州地域編集

開催方式編集

試合規定編集

  • 試合時間
    • 1、2回戦、準々決勝、準決勝:60分(30分ハーフ)
    • 決勝:90分(45分ハーフ)
  • 規定時間内に決しない場合
    • 1、2回戦、準々決勝:PK戦。
    • 準決勝:20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、決しない場合はPK戦。
    • 決勝:20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、決しない場合は両チーム優勝。

試合会場編集

1回戦・準々決勝

準決勝

  • 国立西が丘サッカー場

決勝

結果編集

1回戦編集


清水第八スポーツクラブ 16 - 0 米子コスモス
国立西が丘サッカー場

宮城広瀬高校女子サッカー部 0 - 2 茅ヶ崎フィーバーズ
国立西が丘サッカー場

神戸FCレディース 3 - 0 熊本レディース飽田
国立西が丘サッカー場

名古屋女子サッカークラブ 0 - 5 FCジンナン
国立西が丘サッカー場

読売サッカークラブ女子・ベレーザ 14 - 0 レディース西条
国立西が丘運動場

兵庫教育大学女子サッカー部 3 - 0 愛媛県立宇和島南高校
国立西が丘運動場

陽南中女子サッカークラブ 0 - 0 静岡紅葵女子サッカークラブ
  PK戦  
3 - 5
国立西が丘運動場

モルテンはばたけサッカークラブ 0 - 7 高槻女子フットボールクラブ
国立西が丘運動場

準々決勝編集


清水第八スポーツクラブ 6 - 0 茅ヶ崎フィーバーズ
国立西が丘運動場

神戸FCレディース 1 - 0 FCジンナン
国立西が丘運動場

読売サッカークラブ女子・ベレーザ 3 - 0 兵庫教育大学女子サッカー部
国立西が丘サッカー場

静岡紅葵女子サッカークラブ 0 - 3 高槻女子フットボールクラブ
国立西が丘サッカー場

準決勝編集


清水第八スポーツクラブ 2 - 0 神戸FCレディース
国立西が丘サッカー場

読売サッカークラブ女子・ベレーザ 0 - 1 高槻女子フットボールクラブ
国立西が丘サッカー場

決勝編集


1986年3月30日
14:00
清水第八スポーツクラブ 5 - 1 高槻女子フットボールクラブ
国立霞ヶ丘陸上競技場