メインメニューを開く

第7歩兵師団(だい7ほへいしだん、제7보병사단、第七步兵師團)は大韓民国陸軍の師団の1つ。

第7歩兵師団
7사단.jpg
創設 1949年1月7日
所属政体 Flag of South Korea.svg大韓民国
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
部隊編制単位 師団
兵科 歩兵
愛称 七星(칠성
上級単位 第2軍団
主な戦歴 朝鮮戦争
テンプレートを表示

歴史編集

1949年1月7日、龍山で第7旅団が創設される。同年2月1日、首都旅団に改称[1]。同年5月12日、首都師団に発展し、6月20日に第7師団に改称された[2]

創設当時は第1連隊、第9連隊、第17連隊、第19連隊で編制されていたが、部隊異動によって1950年6月の時点で第1連隊(連隊長:咸俊鎬大領)、第9連隊(連隊長:尹春根中領)、第25連隊(連隊長:金炳徽中領)、第8砲兵大隊、工兵大隊で編制されていた。

朝鮮戦争開戦時、第7師団はソウル北方の議政府方面を守備していた。この方面に人民軍は第3師団(師団長:李永鎬少将)、第4師団(師団長:李権武少将)、第105戦車旅団(旅団長:柳京洙少将)を投入した。また第25連隊は移動中で忠清北道温陽に留まっており、第7師団は2個連隊で人民軍を阻止しなければならなかった。

ソウル陥落後に混成第7師団に再編され、漢江で人民軍を阻止した(漢江の戦い)。漢江防御線が崩壊すると、閔耭植大領が第7師団の残兵を集めて閔支隊を編成した。閔支隊は湖南地方の遅滞や釜山橋頭堡の戦いに参加し、第5連隊に改編された。

1950年9月、第3連隊、第5連隊、第8連隊で第7師団は再編成される。仁川上陸作戦後の北進に参加。北進中に第8連隊(連隊長:金龍周中領)が平壌に入城。平壌占領後は第8軍の予備として平壌地域に残った。

1950年11月3日、飛虎山(622高地)で第38軍の1個師を撃退[3]

1950年11月、クリスマス攻勢に参加するが、中国軍の第2次攻勢を受けて後退。

1951年、アメリカ軍第10軍団(軍団長:アーモンド少将)に編入。

1951年5月、中国軍の5月攻勢を受けて大損害を被り再編成に努めていたが、31日にはアメリカ軍第1海兵師団の作戦地域を引き継ぎ戦線に復帰した[4]

1951年9月26日、白石山(1142高地)を占領するが、人民軍の反撃を受けて後退[5]

1951年12月25日から1952年1月13日までクリスマス高地(1090高地)の戦いが展開される[5]。第3連隊(連隊長:李召東大領)が中国軍第204師と攻防戦を展開し、最終的に高地を確保することに成功した。

1953年7月、鮮于高地(938高地)を喪失[6]

師団長編集

氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
漢字/片仮名表記 原語表記
1 李俊植 이준식 1949.1.7 - 5.9
1949.6.20 - 1950.6.10
雲南陸軍講武堂 ? 5月准将
2 劉載興 유재흥 1950.6.10 - 7.3 日本陸士55期
軍英1期
第2師団長 第1軍団副軍団長
3 閔耭植 민기식 1950.7.3 - 7.11 建国大学
軍英1期
閔支隊長 戦時特命検閲部補佐官
4 申尚澈 신상철 1950.9 - 1950.12.15 日本航士58期
軍英1期
陸軍本部人事局長 空軍本部作戦局長
5 金炯一 김형일 1950.12.15 - 軍英1期 特務部隊長 陸軍本部情報局長
6 金容培 김용배 1951.5.28 - 軍英1期 副師団長 西南地区戦闘司令官
7 李成佳 이성가 1951.9.1[7] - 1952.9.1 中央陸軍軍校 太白山戦闘司令官 陸軍本部前方指揮所長
8 任忠植 임충식 1952.9.1[8] - 1953.7.1 警士1期 第2師団副師団長 憲兵司令官
9 金容培 김용배 1953.7.1 - 1954 軍英1期 陸軍本部人事局長 陸軍本部人事局長
10 李成佳 이성가 1954 - 1955.7 軍英1期
11 金益烈 김익렬 1955.7 - 1957.9.1 軍英1期 第8師団長 陸軍本部輸送監
12 朴正煕 박정희 1957.9.1 - 1958.6.17 同徳台2期
日本陸士57期
警士2期
第6軍団副軍団長 第1軍参謀長 58.3.1少将
13 河甲淸 하갑정 1958.6.17 - 1959 警士2期 特務部隊長朝鮮語版
14 孫熙善[9] 손희선 1959 - 1961 警士2期 陸軍本部企画制御室長
15 盧載鉉 노재현 1961 - 1963 警士3期 30師団長 陸軍本部監察監
16 高光道 고광도 1963 - 1964 警士3期
17 鄭昇和 정승화 1964 陸士5期 陸軍防諜部隊隊長 国防部人事局長
18 鄭鳳旭 정봉욱 1964 - 1967.7 平壌学院[10] ? 三士官学校長 元人民軍中佐
19 白南台 백남대 1967.7 - 陸士5期 39師団長
20 李在田 이재전 1969 - 陸士8期 第1軍参謀 韓米第1軍団朝鮮語版副軍団長
21 車圭憲朝鮮語版 차규헌 1970[11] - 1972 陸士8期 駐越鳩部隊司令官 陸軍本部作戦参謀部次長 ハナフェ
22 金容今[12] 김용금 1972 - 1975[13] 陸士7期 陸軍軍需司令部参謀長 国防部人事局長
23 河小坤 하소곤 1975 - 1977.7.16[14] 甲種1期 第3軍司令部作戦処長 第1軍参謀長
24 キム・ヘチャン 김해창 1977.7.16 - 1978.10.25 陸士10期
25 盧武植 노무식 1978.10.25 - 1980.7.10 陸士12期 ソウル大軍団長 陸軍本部作戦参謀部長[15]
26 裵秉魯 배병노 1980.7.10 - 1982[16] 護士3期 陸軍福祉勤務管理団長 陸軍歩兵学校長
27 閔泰求朝鮮語版 민태구 1982 - 1984.1.17 陸士13期 国防部第1次官補
28 丁萬吉 정만길 1984.1.17 - 1986.1.17 陸士16期 第5空輸旅団長 政策企画次長[17]
29 閔炳宣 민병선 1986.1.17 - 1988.1.17 甲種117期 合参本部計画調整室長 3軍副軍団長
30 金鎭渲 김진선 1988[18] - 1990.1.19 陸士19期 体育部隊長 人事参謀部長
31 鄭然友 정연우 1990.1.19 - 1992 甲種157期 陸軍本部人事運営監 陸軍歩兵学校長[19]
32 林鍾燮 임종섭 1992 - 1993 陸士22期 陸軍本部人事参謀部長[20]
33 李南信 이남신 1993 - 1995 陸士23期 第1司令部人事処長 陸軍本部監察官
34 金鍾煥 김종환 1995 - 1997 陸士25期 第5軍団軍団長
35 權泳基 권영기 1997 - 1998.4 甲種222期 第1軍参謀長
36 朴興烈朝鮮語版 박흥렬 1998.4 - 2001.3 陸士28期 陸軍本部人事運営処長 陸軍本部人事参謀部長
37 金洪榮 김홍영 2001.3 - 2002.3.11 陸士25期
40 崔鍾一 최종일 2007.5 - 2009.9.28 陸士34期 国防部国防政策室国際政策次長 韓米連合軍司令部作戦参謀部次長
41 イ・サンヒョン 이상현 2009.9.28 - 2011.4.29 陸士36期 韓米連合軍司令部作戦参謀部作戦処長 第3軍参謀長
42 ウォン・ホンギュ 원홍규 2011.4.29 - 三士16期 三士生徒隊長 陸軍本部監察室長
43 具洪謀[21] 구홍모 - 2014.10.17 陸士40期 合同参謀本部作戦1処長 合同参謀本部作戦部長
44 ソ・ジョンヨル 서정열 2014.10.17 - 2016.10.25 三士20期 第1軍司令部火力部長 三士官学校長
45 キム・ジョンチョル 김종철 2016.10.25 - 陸士44期 大統領警護室軍事管理官[22]

出典編集

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』、1976年、213頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』、1976年、214頁。
  3. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第3巻 中共軍の介入と国連軍の後退』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2002年、362頁。
  4. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第4巻 国連軍の再反攻と共産軍の春季攻勢』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2004年、265頁。
  5. ^ a b 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第5巻 休戦会談の開催と陣地戦への移行』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2007年、345頁。
  6. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第6巻 休戦』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2010年、336頁。
  7. ^ 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第5巻 休戦会談の開催と陣地戦への移行』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2007年、156頁。
  8. ^ 6・25戦争史 第10巻 (PDF)” (韓国語). 国防部軍事編纂研究所. pp. 362. 2016年9月6日閲覧。
  9. ^ 陸軍少将孫熙善” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年10月29日閲覧。
  10. ^ 三士官学校の紹介” (韓国語). 陸軍三士官学校を愛する者たちの会. 2016年11月3日閲覧。
  11. ^ 車圭憲” (韓国語). 民族文化大百科事典. 2016年10月29日閲覧。
  12. ^ 人物情報-金容今” (韓国語). 中央日報. 2016年10月29日閲覧。
  13. ^ 陸軍中将金容今” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年10月29日閲覧。
  14. ^ 陸軍少将河小坤” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年11月3日閲覧。
  15. ^ 盧武植” (韓国語). 韓国人物情報・ビジョンコリア. 2017年8月16日閲覧。
  16. ^ 陸軍少将裵秉魯” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年11月3日閲覧。
  17. ^ 丁萬吉” (韓国語). 韓国人物情報・ビジョンコリア. 2017年8月16日閲覧。
  18. ^ “[イ・ホンイクの人物オデッセイ]金鎭渲予備役大将(“[이헌익의 인물 오디세이] 김진선 예비역 대장”)”. 中央日報. (2000年8月7日). http://news.joins.com/article/3953602 2016年10月29日閲覧。 
  19. ^ 陸軍少将鄭然友” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年11月3日閲覧。
  20. ^ “林鍾燮少将4千万ウォン収賄確認...陸軍犯罪捜査隊(“임종섭소장 4천만원수뢰 확인...육군범죄수사대”)”. 韓国経済新聞. (1993年11月1日). http://news.hankyung.com/article/1993110102641 2017年8月16日閲覧。 
  21. ^ 2015年後半の閣僚級将校人事断行” (韓国語). 国防部. 2016年10月29日閲覧。
  22. ^ “第45代陸軍7師団長にキム・ジョンチョル少将就任(“[이헌익의 인물 오디세이] 김진선 예비역 대장”)”. news1. (2016年10月25日). http://news1.kr/articles/?2812323 2016年11月3日閲覧。 

参考文献編集

  • 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』原書房、1976年。

関連項目編集