メインメニューを開く

第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会

第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会(だい70かい ぜんにほん バレーボールこうとうがっこうせんしゅけんたいかい)は、2018年1月4日から1月8日まで東京体育館で開催された大会である。

概要編集

日程編集

出典:公益財団法人日本バレーボール協会|JVA

出場校編集

男子編集

北海道・東北

関東

東海・北信越

近畿

中国

四国

九州

女子編集

北海道・東北

関東

東海・北信越

  • 長野県代表 松商学園(2年連続16回目)
  • 新潟県代表 中越(初出場)
  • 富山県代表 富山第一(5年連続10回目)
  • 石川県代表 金沢商(16年連続43回目)
  • 福井県代表 福井工大福井(4年連続4回目)
  • 静岡県代表 富士見(5年連続10回目)
  • 愛知県代表 豊橋中央(8年ぶり14回目)
  • 岐阜県代表 益田清風(3年ぶり3回目)
  • 三重県代表 三重(2年ぶり2回目)

近畿

  • 滋賀県代表 近江(2年連続12回目)
  • 奈良県代表 奈良女子(2年連続28回目)
  • 和歌山県代表 和歌山信愛(4年連続33回目)
  • 京都府代表 京都橘(19年連続21回目)
  • 大阪府代表I 金蘭会(7年連続7回目)
  • 大阪府代表II 四天王寺(2年ぶり43回目)
  • 兵庫県代表 氷上(2年連続34回目)

中国

  • 鳥取県代表 岩美(初出場)
  • 島根県代表 安来(2年連続35回目)
  • 岡山県代表 就実(4年連続41回目)
  • 広島県代表 進徳女子(5年連続9回目)
  • 山口県代表 誠英(28年連続38回目)

四国

  • 香川県代表 高松商(2年連続3回目)
  • 徳島県代表 城南(6年連続10回目)
  • 愛媛県代表 松山東雲(2年連続4回目)
  • 高知県代表 高知南(初出場)

九州

  • 福岡県代表 誠修(7年ぶり17回目)
  • 佐賀県代表 佐賀清和(3年連続11回目)
  • 長崎県代表 聖和女子学院(14年ぶり4回目)
  • 熊本県代表 鎮西(2年ぶり2回目)
  • 大分県代表 東九州龍谷(18年連続33回目)
  • 宮崎県代表 都城商(3年ぶり7回目)
  • 鹿児島県代表 鹿児島南(14年ぶり34回目)
  • 沖縄県代表 西原(3年連続7回目)

男子結果編集

準決勝編集

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
1月7日   TBD TBD              
1月7日   TBD TBD              

決勝編集

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
1月8日   TBD TBD              

女子結果編集

準決勝編集

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
1月7日   下北沢成徳 1–3 金蘭会 22−25 25−21 19−25 19−25      
1月7日   誠英 2–3 東九州龍谷 27−25 24−26 25−20 20−25 11−15    

決勝編集

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
1月8日   金蘭会 3–0 東九州龍谷 25−20 25−18 25−23        

外部リンク編集