メインメニューを開く

第72回選抜高等学校野球大会(だい72かい せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2000年3月25日から4月4日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第72回選抜高等学校野球大会
試合日程 2000年3月25日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 東海大相模神奈川、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 中山潤子(愛知東邦高校卒業)
大野鉄也(神奈川六ツ川高校3年)
入場行進曲First Love』(宇多田ヒカル
国歌独唱 坂上賀奈子(埼玉大宮光陵高校卒業)
選手宣誓 林公則(作新学院
始球式 中曽根弘文文部大臣
閉会式司会 大野鉄也(神奈川・六ツ川高校3年)
総入場者数 約415,000人(1試合平均13,387人)
最高入場者数/1日 61,000人
大会本塁打 14本塁打
 < 19992001 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

この大会から、延長引き分け再試合規定が改定され、延長戦が従来の18回制から15回制に短縮変更された[1][2]

日程編集

  • 3月25日 - 開会式。
  • 4月4日 - 決勝戦。閉会式。

出場校編集

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州


組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(1)            
 国学院栃木 10
3月30日(2)
 育英 6  
 国学院栃木 6
3月25日(2)
   九州学院 5  
 九州学院 8
4月2日(1)
 享栄 0  
 国学院栃木 3
3月25日(3)
   福島商 1  
 福島商 7
3月30日(3)
 南陽工 3  
 福島商 4
3月26日(1):延長11回
   北照 3  
 橿原 4
4月3日(1)
 北照 8  
 国学院栃木 2
3月26日(2)
   智弁和歌山 10
 広陵 3
3月31日(1)
 竜ヶ崎一 2  
 広陵 0
3月26日(3)
   柳川 3  
 東海大仰星 2
4月2日(2)
 柳川 5  
 柳川 0
3月27日(1):[4]
   智弁和歌山 1  
 丸亀 8
3月31日(2)
 智弁和歌山 20  
 智弁和歌山 9
3月27日(2)
   国士舘 6  
 高岡第一 0
 国士舘 2  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月27日(3):延長10回            
 東海大相模 6x
3月31日(3)
 今治西 5  
 東海大相模 3
3月28日(1)
   東洋大姫路 2  
 秋田経法大付 1
4月2日(3)
 東洋大姫路 4  
 東海大相模 9
3月28日(2)
   作新学院 3  
 佐賀商 5
4月1日(1)
 創価 1  
 佐賀商 1
3月28日(3)
   作新学院 8  
 作新学院 5
4月3日(2)
 愛産大三河 3  
 東海大相模 11
3月29日(1)
   鳥羽 1
 上宮太子 3
4月1日(2)
 明徳義塾 9  
 明徳義塾 8
3月29日(2)
   四日市工 7  
 四日市工 14
4月2日(4)
 戸畑 1  
 明徳義塾 5
3月29日(3)
   鳥羽 12  
 鳥羽 7
4月1日(3)
 埼玉栄 2  
 鳥羽 8
3月30日(1):延長10回
   長野商 6  
 長野商 6
 岩国 5  

決勝編集

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
智弁和歌山 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 11 1
東海大相模 1 1 0 0 0 0 0 2 X 4 6 0
  1. (智) : 白野 - 後藤
  2. (東) : 筑川 - 菊地
  3. 審判:球審…岡本、塁審…杉中・濱田・清水幹
  4. 試合時間:2時間1分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:吉村泰輔(南陽工)
  • 第2号:池邉啓二(智弁和歌山)
  • 第3号:今森省吾(東海大相模)
  • 第4号:金谷晋吾(東洋大姫路)
  • 第5号:鈴木潤一(東洋大姫路)
  • 第6号:清水信任(明徳義塾)
2回戦
  • 第7号:池邉啓二(智弁和歌山)
  • 第8号:今森省吾(東海大相模)
  • 第9号:櫛田亮二(佐賀商)
  • 第10号:亀倉誠仁(作新学院)
  • 第11号:室川倫人(長野商)
準々決勝
  • 第12号:寺井健雄(東海大相模)
  • 第13号:清水信任(明徳義塾)
準決勝
  • 第14号:小関武史(智弁和歌山)


脚注編集

  1. ^ 福島県高野連
  2. ^ この規定自体は2018年より再試合を除く決勝戦以外でのタイブレーク制導入により、延長回数は無制限に戻したため、現在は決勝戦のみに適用されている。
  3. ^ 敦賀気比福井)の出場辞退による代替出場
  4. ^ 1試合安打記録:41本(智弁和歌山24本、丸亀17本) 選抜大会記録

関連項目編集

外部リンク編集