メインメニューを開く

第74回ヴェネツィア国際映画祭は2017年8月30日から9月9日まで開催された[2]。2017年7月5日、コンペティション部門の審査員長は女優のアネット・ベニングが務めることが発表された[3]。オープニング作品はアレクサンダー・ペイン監督の『ダウンサイズ』である[4]

第74回ヴェネツィア国際映画祭
オープニングダウンサイズ
クロージングアウトレイジ 最終章
会場 イタリアの旗 イタリア ヴェネツィア
創設 1932年
賞名 金獅子賞 - 『シェイプ・オブ・ウォーター
主催者 アレッサンドロ・ボルギ[1]
期間 2017年8月30日 - 9月9日
ウェブサイト Website
ヴェネツィア国際映画祭開催史

最高賞である金獅子賞ギレルモ・デル・トロ監督によるアメリカ映画『シェイプ・オブ・ウォーター』に贈られた[5]

公式選出編集

コンペティション編集

メイン・コンペティションには以下の作品が選ばれた:[6]

日本語題 原題 監督 製作国
愛と銃弾 Ammore e malavita アントニオ・マネッティ
マルコ・マネッティ
英語版
  イタリア
嘉年华 ヴィヴィアン・チュイ英語版   中国
  フランス
ジュリアン Jusqu'à la Garde グザヴィエ・ルグラン   フランス
ダウンサイズ Downsizing アレクサンダー・ペイン   アメリカ合衆国
エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館 Ex Libris: The New York Public Library フレデリック・ワイズマン   アメリカ合衆国
Una famiglia セバスティアーノ・リソイタリア語版   イタリア
魂のゆくえ First Reformed ポール・シュレイダー   アメリカ合衆国
運命は踊る Foxtrot サミュエル・マオズ   イスラエル
  ドイツ
  スイス
ともしび Hannah アンドレア・パラオロ英語版   イタリア
  ベルギー
  フランス
La villa ロベール・ゲディギャン   フランス
ヒューマン・フロー 大地漂流 Human Flow 艾未未   ドイツ
  アメリカ合衆国
判決、ふたつの希望 L'insulte ジアド・ドゥエイリ   フランス
  レバノン
荒野にて Lean on Pete アンドリュー・ヘイ英語版   イギリス
ロング, ロングバケーション The Leisure Seeker パオロ・ヴィルズィ英語版   イタリア
Mektoub, My Love: Canto Uno アブデラティフ・ケシシュ   フランス
  イタリア
マザー! mother! ダーレン・アロノフスキー   アメリカ合衆国
シェイプ・オブ・ウォーター The Shape of Water ギレルモ・デル・トロ   アメリカ合衆国
サバービコン 仮面を被った街 Suburbicon ジョージ・クルーニー   アメリカ合衆国
スウィート・カントリー Sweet Country ワーウィック・ソーントン英語版   オーストラリア
三度目の殺人 是枝裕和   日本
スリー・ビルボード Three Billboards Outside Ebbing, Missouri マーティン・マクドナー   イギリス

非コンペティション編集

コンペティション外上映として以下の作品が選ばれた:[7][6]

日本語題 原題 監督 製作国
Brawl in Cell Block 99 S・クレイグ・ザラー英語版   アメリカ合衆国
Il colore nascosto delle cose シルヴィオ・ソルディーニ英語版   イタリア
Cuba and the Cameraman ジョン・アルパート英語版   アメリカ合衆国
The Devil and Father Amorth ウィリアム・フリードキン   アメリカ合衆国
Diva! Franceso Patierno   イタリア
Happy Winter Giovanni Totaro   イタリア
Jim & Andy: The Great Beyond – the story of Jim Carrey & Andy Kaufman featuring a very special, contractually obligated mention of Tony Clifton クリス・スミス   アメリカ合衆国
  カナダ
La mélodie Rachid Hami   フランス
Loving Pablo フェルナンド・レオン・デ・アラノア英語版   スペイン
  ブルガリア
マンハント 追捕 ジョン・ウー   香港
  中国
My Generation David Batty   イギリス
Our Souls at Night リテーシュ・バトラ英語版   アメリカ合衆国
アウトレイジ 最終章 北野武   日本
Piazza Vittorio アベル・フェラーラ   イタリア
The Private Life of a Modern Woman ジェームズ・トバック英語版   アメリカ合衆国
This is Congo Daniel McCabe   コンゴ民主共和国
Le Fidèle ミヒャエル・R・ロスカム英語版   ベルギー
  フランス
  オランダ
Ryuichi Sakamoto: CODA Ryuichi Sakamoto - Coda スティーブン・ノムラ・シブル   アメリカ合衆国
  日本
Il signor Rotpeter Antonietta De Lillo   イタリア
Victoria & Abdul スティーヴン・フリアーズ   イギリス
Wormwood エロール・モリス英語版   アメリカ合衆国
Zama ルクレシア・マルテル   アルゼンチン
  ブラジル

オリゾンティ編集

オリゾンティ部門には以下の作品が選ばれた:[6]

日本語題 原題 監督 製作国
Les Bienheureux Sofia Djama   フランス
  ベルギー
Caniba ヴェレナ・パラヴェル英語版
ルーシァン・キャスティーヌ=テイラー英語版
  フランス
隣人たち Ha Ben Dod ツァヒ・グラッド   イスラエル
Disappearance Ali Asgari   イラン
  カタール
Espèces menacées ジル・ブルドス英語版   フランス
  ベルギー
Gatta Cenerentola Alessandro Rak
Ivan Cappiello
Marino Guarnieri
Dario Sansone
  イタリア
Invisible パブロ・ジョルジェーリ   アルゼンチン
  ブラジル
  ウルグアイ
  ドイツ
  フランス
Krieg Rick Ostermann   ドイツ
Los Versos del Olvido Alireza Khatami   フランス
  ドイツ
  オランダ
  チリ
Marvin アンヌ・フォンテーヌ   フランス
Nico, 1988 スザンナ・ニッキャレッリ   イタリア
  ベルギー
泳ぎすぎた夜 La Nuit où j'ai nagé ダミアン・マニヴェル
五十嵐耕平
  フランス
  日本
Bedoone Tarikh, Bedoone Emza ヴァヒド・ジャリルヴァンド英語版   イラン
The Rape of Recy Taylor ナンシー・ビュアスキー   アメリカ合衆国
Haedut Amichai Greenberg   イスラエル
  オーストリア
Brutti e cattivi Cosimo Gomez   イタリア
  フランス
Undir trénu Hafsteinn Gunnar Sigurðsson   アイスランド
  デンマーク
  ポーランド
  ドイツ
La Vita in Comune エドアルド・ウィンスピア英語版   イタリア
West of Sunshine Jason Raftopoulos   オーストラリア

イル・シネマ・ネル・ジャルディーノ編集

イル・シネマ・ネル・ジャルディーノ部門には以下の作品が選ばれた:[8]

日本語題 原題 監督 製作国
Controfigura Rä di Martino   イタリア
  フランス
  スイス
  モロッコ
Manuel Dario Albertini   イタリア
Nato a Casal di Principe Bruno Oliviero   イタリア
  スペイン
Suburra - La serie ミケーレ・プラチド
アンドレア・モライヨーリ英語版
ジュゼッペ・カポトンディ英語版
  イタリア
Tueurs François Troukens
ジャン=フランソワ・アンジャン
  ベルギー
  フランス
Woodshock ケイト・ミュラヴィー英語版
ローラ・ミュラヴィー英語版
  アメリカ合衆国

独立部門編集

国際批評家週間編集

国際批評家週間部門には以下の作品が選ばれた:[9]

日本語題 原題 監督 製作国
Il Cratere Luca Bellino
Silvia Luzi
  イタリア
Drift Helena Wittmann   ドイツ
Körfez Emre Yeksan   トルコ
  ドイツ
  ギリシャ
Temporada de caza Natalia Garagiola   アルゼンチン
  アメリカ合衆国
  ドイツ
  フランス
  カタール
Pin Cushion Deborah Haywood   イギリス
Veleno Diego Olivares   イタリア
Sarah joue un loup garou Katharina Wyss   スイス
  ドイツ
Team Hurricane Annika Berg   デンマーク
Les garçons sauvages Bertrand Mandico   フランス

ヴェニス・デイズ編集

14回目となるヴェニス・デイズ部門には以下の作品が選ばれた:[10]

公式選出編集

日本語題 原題 監督 製作国
Candelaria Jhonny Hendrix Hinestroza   コロンビア
  ドイツ
  ノルウェー
  アルゼンチン
  キューバ
L'equilibrio ヴィンチェンツォ・マッラ英語版   イタリア
Eye on Juliet キム・グエン   カナダ
Life Guidance ルース・メイダー英語版   オーストリア
Ga'agua ザヴィ・ガヴィソン英語版   イスラエル
Looking for Oum Kulthum シリン・ネシャット英語版   ドイツ
  オーストラリア
  イタリア
  レバノン
  カタール
M サラ・フォレスティエ   フランス
Samui Song ペンエーグ・ラッタナルアーン   タイ
  ドイツ
  ノルウェー
Il contagio マッテオ・ボトルーニョ
ダニエレ・コルッチーニ
  イタリア
米花之味 宋鵬飛   中国
Volubilis フォージ・ベンサイーディ英語版   モロッコ
  フランス
  カタール
Dove cadono le ombre Valentina Pedicini   イタリア

審査員編集

メインコンペティション[11]
オリゾンティ[12]

受賞結果編集

公式部門編集

コンペティション[5]
オリゾンティ
Lion of the Future
ヴェネツィア・クラシック賞
  • ドキュメンタリー映画賞 - 『The Prince and the Dybbuk』 - Elwira Niewiera、Piotr Rosolowski
  • 修復映画賞 - 『炎628』 - エレム・クリモフ
特別賞

独立部門編集

第32回ヴェネツィア国際批評家週間[13]
ヴェニス・デイズ[14]

コラテラル賞編集

受賞結果は以下の通りである:[15]

Arca CinemaGiovani Award
Brian Award
  • Les Bienheureux』 - Sofia Djama
"Civitas Vitae prossima" Award
Fair Play Cinema Award
FEDIC賞
FIPRESCI賞
Fondazione Mimmo Rotella Award
Enrico Fulchignoni – CICT-UNESCO Award
Future Film Festival Digital Award
Green Drop Award
HRNs Award – Special Prize for Human Rights
Interfilm Award
  • Oblivion Verses』 - Alireza Khatami
Lanterna Magica Award (CGS)
La Pellicola d’Oro Award
Leoncino d'Oro Agiscuola per il Cinema Award
Lizzani Award
Lina Mangiacapre Award
  • Les Bienheureux』 - Sofia Djama
Mouse d’Oro Award
NuovoImaie Talent Award
  • Best Actress: Federica Rosellini - 『Where the Shadows Fall
  • Best Actor: Mimmo Borrelli - 『Equilibrium
Open Award
  • Gatta Cenerentola』 - Alessandro Rak、Ivan Cappiello、Marino Guarnieri、Dario Sansone
Francesco Pasinetti Awards
クィア獅子賞
Sfera 1932 Award
  • La mélodie』 - Rachid Hami
SIGNIS Award
C. Smithers Foundation Award – CICT-UNESCO
Sorriso Diverso Venezia 2017 Award - Ass Ucl
サウンドトラック・スターズ賞
UNIMED Award
Fragiacomo Award
ロベール・ブレッソン賞
フランカ・ソッツァーニ賞

参考文献編集

  1. ^ Alessandro Borghi condurrà le serate di apertura e chiusura alla Mostra di Venezia”. repubblica. 2017年7月17日閲覧。
  2. ^ 74th Venice International Film Festival”. Venice Biennale. 2017年4月24日閲覧。
  3. ^ Tartaglione, Nancy (2017年7月5日). “Annette Bening Named President Of Venice Film Festival Jury; 1st Woman Since 2006”. Deadline.com. 2017年7月5日閲覧。
  4. ^ 'Downsizing,' Starring Matt Damon, to Open Venice Film Festival”. The Hollywood Reporter. 2017年7月17日閲覧。
  5. ^ a b Venice: Guillermo del Toro Wins Golden Lion for 'The Shape of Water'”. The Hollywood Reporter. 2017年9月9日閲覧。
  6. ^ a b c Venice Competition Includes Films From George Clooney, Guillermo del Toro, Darren Aronofsky”. The Hollywood Reporter. 2017年7月27日閲覧。
  7. ^ a b Venice to Honor Jane Fonda, Robert Redford; Their ‘Our Souls at Night’ to World Premiere”. Variety. 2017年7月18日閲覧。
  8. ^ Venice Film Festival Sets Lido Launch For Aronofsky, Clooney, Del Toro, Payne & More As Awards Buzz Begins – Full List”. Deadline (2017年7月27日). 2017年9月7日閲覧。
  9. ^ Venice Critics' Week Lineup Announced; Opener Is Britain's Pin Cushion”. Variety. 2017年7月27日閲覧。
  10. ^ Venice Days: Works by Chloe Sevigny, Canada’s Kim Nguyen, China’s Pengfei in Lineup”. Variety (2016年7月25日). 2016年8月24日閲覧。
  11. ^ La Biennale di Venezia - The four International Juries of Venezia 74”. www.labiennale.org. 2017年7月23日閲覧。
  12. ^ Presenting the international juries of the 74th Venice Film Festival”. cineuropa.org. 2017年7月26日閲覧。
  13. ^ Temporada de caza by Argentinian director Natalia Garagiola wins the SIAE Audience Award”. sicvenezia. 2017年9月9日閲覧。
  14. ^ Candelaria is the winner of the 2017 GdA Director's Award”. giornatedegliautori. 2017年9月9日閲覧。
  15. ^ COLLATERAL AWARDS OF THE 74TH VENICE FILM FESTIVAL”. 2017年9月9日閲覧。
  16. ^ Festival di Venezia 2017: George Clooney ha già vinto”. 2017年9月4日閲覧。
  17. ^ Mostra del Cinema: premio «Bresson» 2017 a Gianni Amelio”. 2017年9月4日閲覧。
  18. ^ Festival del Cinema di Venezia 2017: i Vincitori dei Premi non Ufficiali”. 2017年9月4日閲覧。

外部リンク編集