メインメニューを開く

第74回国民体育大会(だい74かいこくみんたいいくたいかい)は2019年に開催された国民体育大会である。冬季大会北海道で開催され、愛称はイランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体。本大会は茨城県で開催され、愛称はいきいき茨城ゆめ国体。本大会の閉会後には第19回全国障害者スポーツ大会いきいき茨城ゆめ大会が開催される予定だったが中止となった[2][3]

第74回国民体育大会
イランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体(冬季大会)
いきいき茨城ゆめ国体(本大会)
Ikiiki Ibaraki Yume Kokutai Athletics, Main Gate.jpg
開催都道府県 北海道(冬季大会)
茨城県(本大会)
参加人数 約2万[1]
競技数 (正式競技)40競技
(特別競技)1競技
(公開競技)5競技
開会式 9月28日
閉会式 10月8日
開会宣言 大井川和彦知事
選手宣誓 野口啓代[1]
最終炬火ランナー 宮内柊人・井田真由[1]
主競技場 笠松運動公園陸上競技場
テンプレートを表示

本大会は天皇徳仁が即位してから初の大会となる[1]

冬季大会編集

イランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体は、平成31年(2019年)1月から2月にかけて北海道釧路市および札幌市で開催された。「イランカラㇷ゚テ」はアイヌ語の「こんにちは」。スローガンは「北国の 雪と氷に 刻む夢」[4][5]

会期編集

  • スケート・アイスホッケー競技会 2019年1月30日 - 2月3日(5日間)
  • スキー競技会 2019年2月14日 - 2月17日(4日間)

実施競技・会場一覧編集

競技名 会場地 会場
スケート スピード詳細   釧路市 柳町スピードスケート場
フィギュア詳細   春採アイスアリーナ
ショートトラック詳細  
アイスホッケー詳細   釧路アイスアリーナ、柳町アイスホッケー場
スキー ジャイアントスラローム詳細   札幌市 サッポロテイネ
スペシャルジャンプ詳細   宮の森ジャンプ競技場
コンバインド詳細  
白旗山競技場
クロスカントリー詳細  

本大会編集

 
炬火と掲揚台(笠松運動公園陸上競技場
 
自転車競技女子個人ロード・レース(つくば市

本大会は天皇陛下御即位記念の副題がつく。茨城県では1974年の第29回大会以来45年ぶりに開催される。大会愛称は「いきいき茨城ゆめ国体」、スローガンは「翔(と)べ 羽ばたけ そして未来へ」[6]、大会マスコットは「いばラッキー」[7]。イメージソングは、水戸市出身のシンガーソングライター磯山純が歌う『そして未来へ』。PR担当は県の公認バーチャルYouTuber茨ひよりが務める[8]

開催地編集

[9]

以下特別競技・公開競技

新記録編集

日本記録編集

  • 山口真未・梶原悠未 - 自転車競技トラックレース女子チームスプリント 54秒960(10月1日)[11]
  • 持田龍之輔 - 重量挙げ成年男子109kg級ジャーク 221kg(10月3日)[12]

大会記録編集

  • 大橋悠依 - 競泳成年女子200m個人メドレー 2分9秒00(9月14日)[13]
  • 松井、長谷川、北山、樋口 - 競泳成年男子200mリレー 1分28秒58(9月15日)[14]
  • 今井月 - 競泳成年女子50m自由形 25秒00(9月16日)[15]
  • 山本凌雅 - 陸上競技成年男子三段跳 16m85(10月4日)[16]

成績編集

冬季大会終了時点(参考)[17]
順位 男女総合 女子総合
都道府県 得点 都道府県 得点
1 北海道 441.0 長野県 164.5
2 長野県 368.5 北海道 107.0
3 茨城県 172.0 茨城県 90.0
総合成績[18]
順位 天皇杯 皇后杯
都道府県 得点 都道府県 得点
1 茨城県 2569.0 茨城県 1331.0
2 東京都 2217.0 東京都 1331.0
3 愛知県 1789.0 愛知県 1043.5

全国障害者スポーツ大会編集

 
予定会場の1つだった、つくばカピオ

全国障害者スポーツ大会のいきいき茨城ゆめ大会は、10月8日の国体閉会後、10月12日 - 14日の3日間の会期で茨城県で開催される予定だったが、台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから大会が中止された[2][3]。正式競技のうち3分の2以上が実施不可となった場合、大会を延期せず中止するという日本障がい者スポーツ協会の規定があり、10月10日までに13競技中9競技が中止を表明したため、同日中止が決定した[19]。中止決定が直前になったため、すでに約2,500人の選手・関係者が茨城県入りしており、多くは10月11日に帰県したが、台風の通過を待って帰る判断を下した県が4つあった[20]。障害者スポーツ大会の中止は史上初めてのことである[3][19]

実施予定だった競技と会場は下記のとおり[21]

競技名 会場地 会場



  陸上競技
ひたちなか市 笠松運動公園陸上競技場
  水泳
ひたちなか市 山新スイミングアリーナ
  アーチェリー つくば市 茎崎運動公園多目的広場
  卓球

日立市 日立市池の川さくらアリーナ
サウンドテーブルテニス
フライングディスク
水戸市 ケーズデンキスタジアム水戸
  ボウリング 取手市 フジ取手ボウル



  バスケットボール 水戸市 アダストリアみとアリーナ
  車いすバスケットボール つくば市 つくばカピオ
  ソフトボール 常陸太田市 山吹運動公園野球場
  グランドソフトボール 常陸太田市 里美運動公園多目的スポーツ広場
  バレーボール ひたちなか市 ひたちなか市総合運動公園総合体育館
結城市 かなくぼ総合体育館
ひたちなか市 松戸体育館
  サッカー ひたちなか市 ひたちなか市総合運動公園
  フットベースボール 常陸太田市 山吹運動公園運動広場

正式競技のほかに、オープン競技としてグラウンド・ゴルフ、車いすダンス、スポーツ吹矢卓球バレー、ハンドアーチェリー、ブラインドテニスが実施される予定だった[21]

2019年(令和元年)11月には、「まぼろし〜の『いきいき茨城ゆめ大会』展」と題して、本大会の計画資料や歓迎旗、授与するはずだったメダルなどの展示を茨城県庁25階で開催した[22]。展示のみならず、会場で配布予定だった缶バッジのプレゼントや、大会グッズの販売も併せて行われた[22]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 勝村真悟 (2019年9月29日). “《茨城国体》開会式 茨城県精鋭、晴れやかに 闘志と共に燃える炬火”. 茨城新聞. 2019年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」の中止について”. いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会 実行委員会事務局. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c 茨城県、障害者スポーツ大会を中止=台風の接近で”. 時事通信社 (2019年10月10日). 2019年10月10日閲覧。
  4. ^ 第74回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会”. 釧路市. 2018年4月8日閲覧。
  5. ^ 第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会”. 札幌市. 2018年4月8日閲覧。
  6. ^ “「いきいき茨城ゆめ国体」 19年大会の愛称決まる”. 茨城新聞. (2014年2月19日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=13927266463501 
  7. ^ “いばラッキー、ゆめ国体アピール 大阪・茨木市を訪問し子供たちと触れ合う”. 産経新聞. (2015年1月8日). http://www.sankei.com/region/news/150108/rgn1501080051-n1.html 
  8. ^ エステート松下 編集部 (2019年2月27日). ““いきいき茨城ゆめ国体・大会”のPR担当に、茨城県公認VTuber・茨ひよりちゃんが大抜擢、開催期間中は彼女の活躍から目が離せない!?”. ファミ通.com. 2019年10月6日閲覧。
  9. ^ 第74回国民体育大会 競技会場一覧(競技別) (PDF)”. 2016年1月8日閲覧。
  10. ^ 黒崎哲夫 (2019年9月26日). “《茨城国体》笠松運動公園はどっち ひたちなか?那珂?”. 茨城新聞. 2019年10月8日閲覧。
  11. ^ 男子チームパシュート予選は福岡が1位通過、女子チームスプリント梶原&山口が日本新/茨城国体 自転車トラック競技3日目”. More CADENCE. JKA (2019年10月1日). 2019年10月10日閲覧。
  12. ^ 持田龍之輔が圧巻V 世界選手権から帰国直後でジャーク日本新…国体重量挙げ”. スポーツ報知 (2019年10月3日). 2019年10月10日閲覧。
  13. ^ 競泳の大橋2冠 茨城国体、200個メは大会新記録”. 日本経済新聞 (2019年9月14日). 2019年10月10日閲覧。
  14. ^ 競泳・成年男子200リレー 新潟が優勝大会新記録を樹立 茨城国体”. 新潟日報 (2019年9月15日). 2019年10月10日閲覧。
  15. ^ 今井月、専門外で好記録「接戦で勝てたのは自信になった」/競泳”. サンケイスポーツ (2019年9月16日). 2019年10月10日閲覧。
  16. ^ アーチェリーは古川が優勝=茨城国体”. 時事通信社 (2019年10月4日). 2019年10月10日閲覧。
  17. ^ 第74回国民体育大会冬季大会都道府県総合成績一覧(参考)”. 第74回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会釧路市実行委員会 (2019年2月17日). 2019年10月10日閲覧。
  18. ^ 第74回国民体育大会 天皇杯/皇后杯 総合得点一覧表 確定”. Kyodo News Digita (2019年10月8日). 2019年10月10日閲覧。
  19. ^ a b 水谷エリナ・藤共生 (2019年10月11日). “障害者スポーツ大会中止 台風19号接近で 大会史上初「残念」”. 東京新聞. 2019年10月18日閲覧。
  20. ^ 水谷エリナ・藤共生 (2019年10月11日). “台風19号 障害者スポーツ大会の中止 困惑も選手団帰路に”. 東京新聞. 2019年10月18日閲覧。
  21. ^ a b いきいき茨城ゆめ大会 競技会場”. 茨城県. 2018年4月11日閲覧。
  22. ^ a b 障害者スポーツ大会 幻のメダルなど展示 県庁”. 東京新聞 (2019年11月4日). 2019年11月14日閲覧。

外部リンク編集