メインメニューを開く

第74回国民体育大会は2019年に予定されている国民体育大会である。冬季大会北海道で開催され、愛称はイランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体。本大会は茨城県で開催され、愛称はいきいき茨城ゆめ国体。本大会の閉会後には第19回全国障害者スポーツ大会いきいき茨城ゆめ大会が開催される。

第74回国民体育大会
イランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体(冬季大会)
いきいき茨城ゆめ国体(本大会)
開催都道府県 北海道(冬季大会)
茨城県(本大会)
競技数 (正式競技)40競技
(特別競技)1競技
(公開競技)5競技
開会式 9月28日
閉会式 10月8日
開会宣言 大井川和彦知事
主競技場 笠松運動公園陸上競技場
テンプレートを表示

本大会は天皇徳仁が即位してから初の大会となる。

目次

冬季大会編集

イランカラㇷ゚テくしろさっぽろ国体は、平成31年(2019年)1月から2月にかけて北海道釧路市および札幌市で開催された。「イランカラㇷ゚テ」はアイヌ語の「こんにちは」。スローガンは「北国の 雪と氷に 刻む夢」[1][2]

会期編集

  • スケート・アイスホッケー競技会 2019年1月30日 - 2月3日(5日間)
  • スキー競技会 2019年2月14日 - 2月17日(4日間)

実施競技・会場一覧編集

競技名 会場地 会場
スケート スピード詳細   釧路市 柳町スピードスケート場
フィギュア詳細   春採アイスアリーナ
ショートトラック詳細  
アイスホッケー詳細   釧路アイスアリーナ、柳町アイスホッケー場
スキー ジャイアントスラローム詳細   札幌市 サッポロテイネ
スペシャルジャンプ詳細   宮の森ジャンプ競技場
コンバインド詳細  
白旗山競技場
クロスカントリー詳細  

本大会編集

本大会は天皇陛下御即位記念の副題がつく。茨城県では1974年の第29回大会以来45年ぶりに開催される。大会愛称は「いきいき茨城ゆめ国体」、スローガンは「翔(と)べ 羽ばたけ そして未来へ」[3]、大会マスコットは「いばラッキー」[4]。イメージソングは、水戸市出身のシンガーソングライター磯山純が歌う『そして未来へ』。

開催予定地編集

[5]

以下特別競技・公開競技

全国障害者スポーツ大会編集

全国障害者スポーツ大会のいきいき茨城ゆめ大会は、10月8日の国体閉会後、10月12日 - 14日の3日間の会期で茨城県で開催される。スローガンは国体本大会と共通の「翔(と)べ 羽ばたけ そして未来へ」[6]。開閉会式は国体と同じくひたちなか市笠松運動公園陸上競技場で行われる。実施競技と会場は下記のとおり[7]

競技名 会場地 会場



  陸上競技
ひたちなか市 笠松運動公園陸上競技場
  水泳
ひたちなか市 山新スイミングアリーナ
  アーチェリー つくば市 茎崎運動公園多目的広場
  卓球

日立市 日立市池の川さくらアリーナ
サウンドテーブルテニス
フライングディスク
水戸市 ケーズデンキスタジアム水戸
  ボウリング 取手市 フジ取手ボウル



  バスケットボール 水戸市 アダストリアみとアリーナ
  車いすバスケットボール つくば市 つくばカピオ
  ソフトボール 常陸太田市 山吹運動公園野球場
  グランドソフトボール 常陸太田市 里美運動公園多目的スポーツ広場
  バレーボール ひたちなか市 ひたちなか市総合運動公園総合体育館
結城市 かなくぼ総合体育館
ひたちなか市 松戸体育館
  サッカー ひたちなか市 ひたちなか市総合運動公園
  フットベースボール 常陸太田市 山吹運動公園運動広場

正式競技のほかに、オープン競技としてグラウンド・ゴルフ、車いすダンス、スポーツ吹矢卓球バレー、ハンドアーチェリー、ブラインドテニスが実施される[7]

脚注編集

外部リンク編集