第76回ヴェネツィア国際映画祭

第76回ヴェネツィア国際映画祭は2019年8月28日から9月7日まで開催された[2]。2019年6月24日、コンペティション部門の審査員長は監督のルクレシア・マルテルが務めることが発表された[3]。オープニング作品は是枝裕和監督の『真実』である[4]

第76回ヴェネツィア国際映画祭
オープニング真実
クロージングThe Burnt Orange Heresy
会場 イタリアの旗 イタリア ヴェネツィア
創設 1932年
賞名 金獅子賞 - 『ジョーカー
主催者 アレッサンドラ・マストロナルディ英語版[1]
期間 2019年8月29日 - 9月7日
ウェブサイト www.labiennale.org/en/cinema/
ヴェネツィア国際映画祭開催史

公式選出編集

コンペティション編集

金獅子賞を競うメインコンペティションの上映作品は2019年7月25日に発表された[4][5][6]

日本語題 原題 監督 製作国
ホモ・サピエンスの涙 Om det oändliga ロイ・アンダーソン   スウェーデン
  ドイツ
  ノルウェー
アド・アストラ Ad Astra ジェームズ・グレイ   アメリカ合衆国
ベイビーティース Babyteeth シャノン・マーフィー   オーストラリア
エマ、愛の罠英語版 Ema パブロ・ラライン   チリ
Gloria Mundi ロベール・ゲディギャン   フランス
Guest of Honour アトム・エゴヤン   カナダ
A Herdade ティアゴ・ゲデス英語版   ポーランド
  フランス
ジョーカー Joker トッド・フィリップス   アメリカ合衆国
ザ・ランドロマット -パナマ文書流出- The Laundromat スティーヴン・ソダーバーグ   アメリカ合衆国
La mafia non è più quella di una volta フランコ・マレスコ英語版   イタリア
マリッジ・ストーリー Marriage Story ノア・バームバック   アメリカ合衆国
マーティン・エデン Martin Eden ピエトロ・マルチェッロ   イタリア
  フランス
Il sindaco del Rione Sanità マリオ・マルトーネ   イタリア
チェリー・レイン7番地英語版 繼園臺七號 ヨン・ファン英語版   香港
オフィサー・アンド・スパイ J'accuse ロマン・ポランスキー   フランス
  イタリア
異端の鳥 Nabarvené ptáče ヴァーツラフ・マルホール英語版   チェコ
  スロバキア
  ウクライナ
完全な候補者英語版 The Perfect Candidate ハイファ・アル=マンスール   サウジアラビア
  ドイツ
サタデー・フィクション 兰心大剧院 ロウ・イエ   中国
真実 La vérité (オープニング作品) 是枝裕和   日本
  フランス
ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏 Waiting for the Barbarians シーロ・ゲーラ   イタリア
  アメリカ合衆国
WASP ネットワーク Wasp Network オリヴィエ・アサヤス   フランス
  ブラジル

非コンペティション編集

コンペティション外上映として以下の作品が選ばれた[7][5][8]

フィクション
日本語題 原題 監督 製作国
Adults in the Room コスタ=ガヴラス   フランス
  ギリシャ
The Burnt Orange Heresy (クロージング作品) ジュゼッペ・カポトンディ英語版   イギリス
  イタリア
キング The King デヴィッド・ミショッド   イギリス
  ハンガリー
モスル あるSWAT部隊の戦い Mosul マシュー・マイケル・カーナハン   アメリカ合衆国
セバーグ(セバーグ~素顔の彼女~) Seberg ベネディクト・アンドリューズ英語版   アメリカ合衆国
  イギリス
Vivere フランチェスカ・アルキブージ   イタリア
オール・マイ・クレイジー・ラブ Tutto il mio folle amore ガブリエレ・サルヴァトレス   イタリア
ノンフィクション
日本語題 原題 監督 製作国
45 Seconds of Laughter ティム・ロビンス   アメリカ合衆国
市民K Citizen K アレックス・ギブニー   イギリス
  アメリカ合衆国
Citizen Rosi ディディ・ニョッキ
キャロライナ・ロッシ
  イタリア
コレクティブ 国家の嘘 Colectiv アレクサンダー・ナナウ   ルーマニア
  ルクセンブルク
I diari di Angela - Noi due cineasti. Capitolo secondo イェルバン・ジャニキアン
アンジェラ・リッチ・ルッキ
  イタリア
女王イメルダ -政界の果てしない闇- The Kingmaker ローレン・グリーンフィールド英語版   アメリカ合衆国
Il pianeta in mare アンドレア・セグレ   イタリア
Roger Waters: Us + Them ロジャー・ウォーターズ   イギリス
国葬 Государственные похороны セルゲイ・ロズニツァ   オランダ
  リトアニア
Woman ヤンアルテュス ベルトラン英語版
Anastasia Mikova
  フランス
スペシャル・スクリーニング
日本語題 原題 監督 製作国
Electric Swan Konstantina Kotzamani   フランス
  ギリシャ
  アルゼンチン
アイズ ワイド シャット Eyes Wide Shut スタンリー・キューブリック   イギリス
  アメリカ合衆国
アレックス Irréversible - Inversion intégrale ギャスパー・ノエ   フランス
Never Just a Dream: Stanley Kubrick and Eyes Wide Shut マット・ウェルス英語版   イギリス
ニュー・ポープ 悩める新教皇 The New Pope (episodes 2 and 7) パオロ・ソレンティーノ   イタリア
  フランス
  スペイン
No One Left Behind ギジェルモ・アリアガ   メキシコ
ZeroZeroZero (episodes 1 and 2) ステファノ・ソリマ   イタリア

オリゾンティ編集

オリゾンティ部門には以下の作品が選ばれた[5][9]

コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
متری شش و نیم サイード・ルスタイ   イラン
アトランティス Atlantis ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ   ウクライナ
羊飼いと風船 气球 ペマ・ツェテン   中国
Bik eneich - Un fils Mehdi M. Barsaoui   チュニジア
  フランス
  レバノン
  クウェート
Blanco en blanco テオ・コート   スペイン
  チリ
  フランス
  ドイツ
ბოროტმოქმედი ドミトリー・マムリヤ   ジョージア
  ロシア
Giants Being Lonely Grear Patterson   アメリカ合衆国
明日になれば アフガニスタン、女たちの決断 Hava, Maryam, Ayesha サハラ・カリミ   アフガニスタン・イスラム共和国
おもかげ Madre ロドリゴ・ソロゴイェン   スペイン
  フランス
Mes jours de gloire アントワン・デ・バリー英語版   フランス
Moffie オリバー・ハーマヌス英語版   南アフリカ共和国
ネヴィア Nevia ヌンツィア・デ・ステファノ   イタリア
ペリカン・ブラッド Pelikanblut カトリン・ゲッベ   ドイツ
  ブルガリア
Revenir ジェシカ・パルド   フランス
Rialto ピーター・マッキー・バーンズ英語版   アイルランド
ചോല サナル・クマール・シャシダラン英語版   インド
ソーレ-太陽- Sole カルロ・シローニ   イタリア
評決 Verdict レイムンド・リバイ・グティエレス   フィリピン
Zumiriki オスカー・アレグリア英語版   スペイン
短編コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Nach zwei Stunden waren zehn Minuten vergangen Steffen Goldkamp   ドイツ
Fiebre austral トーマス・ウッドロフ英語版   チリ
Darling Saim Sadiq   パキスタン
  アメリカ合衆国
Delphine クロエ・ロビショウ英語版   カナダ
The Diver ジェイミー・ヘルマー英語版
Michael Leonard
  フランス
  オーストラリア
Cães que ladram aos pássaros レオノール・テレス英語版   ポルトガル
Give Up the Ghost Grear Patterson   ヨルダン
  スウェーデン
Kingdom Come シーン・ロバート・ダン英語版   イギリス
Morae キム・ギョンイクレイ英語版   韓国
Sh_t Happens アントワン・デ・バリー英語版   チェコ
  スロバキア
Supereroi senza superpoteri ベアトリス・バルダッチ英語版   イタリア
Le coup des larmes クレマンス・ポエジー   フランス
Roqaia Diana Saqeb Jamal   アフガニスタン・イスラム共和国
  バングラデシュ
短編非コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Condor One ケビン・エバーソン英語版   アメリカ合衆国
GUO4 ピーター・ストリックランド英語版   ハンガリー

ヴェネツィア・クラシックス編集

ヴェネツィア・クラシックス部門には以下の作品が選ばれた[10][11][12]

修復作品
日本語題 原題 監督 製作国 製作年
クラッシュ Crash デヴィッド・クローネンバーグ   カナダ 1996
アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生 Ensayo de un crimen ルイス・ブニュエル   メキシコ 1955
ある官僚の死 La muerte de un burócrata トマス・グティエレス・アレア   キューバ 1966
春の調べ Extase グスタフ・マハティ   チェコ 1933
フランシスカ Francisca マノエル・ド・オリヴェイラ   ポルトガル 1981
殺し La commare secca ベルナルド・ベルトルッチ   イタリア 1962
あの家は黒い خانه سیاه است フォルーグ・ファッロフザード   イラン 1962
縮みゆく人間 The Incredible Shrinking Man ジャック・アーノルド   アメリカ合衆国 1957
Maria Zef Vittorio Cottafavi   イタリア 1981
Mauri Merata Mita   ニュージーランド 1988
ニューヨーク・ニューヨーク New York, New York マーティン・スコセッシ   アメリカ合衆国 1977
アウト・オブ・ブルー Out of the Blue デニス・ホッパー   カナダ
  アメリカ合衆国
1980
赤いカリーナ Калина красная ワシーリー・シュクシン   ソビエト連邦 1973
Sodrásban イシュトヴァーン・ガール英語版   ハンガリー 1964
暗殺のオペラ Strategia del ragno ベルナルド・ベルトルッチ   イタリア 1970
マールリークの丘ペルシア語版 تپه‌های مارلیک エブラーヒーム・ゴレスターン英語版   イラン 1964
Tiro al piccione ジュリアーノ・モンタルド英語版   イタリア 1961
Le Passage du Rhin アンドレ・カイヤット   フランス
  ドイツ
  イタリア
1960
Way of a Gaucho ジャック・ターナー   アメリカ合衆国 1952
白い酋長 Lo sceicco bianco フェデリコ・フェリーニ   イタリア 1952
ドキュメンタリー
日本語題 原題 監督 製作国
800 mal Einsam - ein Tag mit dem Filmemacher Edgar Reitz アンナ・ヘップ   ドイツ
Andrey Tarkovsky: A Cinema Prayer Andrey Tarkovsky Jr.   ロシア
Babenco - Alguém tem que ouvir o coração e dizer: parou バーバラ・パズ英語版   ブラジル
Boia, maschere e segreti: L'horror italiano degli anni sessanta スティーブ・デラ・カーサ   イタリア
Fellini fine mai エウジェニオ・カプッチョ   イタリア
Fulci for Fake Simone Scafidi   イタリア
Life As a B-movie: Piero Vivarelli ファブリツィオ・ラウレンティ
Niccolò Vivarelli
  イタリア
Leap of Faith: William Friedkin on The Exorcist アレクサンドル・O・フィリップ英語版   アメリカ合衆国
Se c'è un aldilà sono fottuto: Vita e cinema di Claudio Caligari シモン・イソラ
Fausto Trombetta
  イタリア

SCONFINI編集

SCONFINI部門には以下の作品が選ばれた[13][14]

日本語題 原題 監督 製作国
American Skin ネイト・パーカー   アメリカ合衆国
Beyond the Beach: The Hell and the Hope Graeme A. Scott
バディー・スクワイアズ
  イギリス
Chiara Ferragni – Unposted エリサ・アモルーゾ英語版   イタリア
Effetto domino アレサンドロ・ロゼット英語版   イタリア
Il varco Federico Ferrone
Michele Manzolini
  イタリア
Les épouvantails ヌーリ・ブジド英語版   チュニジア
  モロッコ
  ルクセンブルク

独立部門編集

国際批評家週間編集

第34回国際批評家週間には以下の作品が選ばれた[15]

コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Jeedar el sot Ahmad Ghossein   レバノン
  フランス
  カタール
Partenonas Mantas Kvedaravičius   リトアニア
  アルゼンチン
  フランス
El príncipe Sebastian Muñoz   チリ
  アルゼンチン
  ベルギー
Psykosia Marie Grahtø   デンマーク
  フィンランド
Rare Beasts ビリー・パイパー   イギリス
Sayidat al Bahr シャハド・アミーン英語版   UAE
  イラク
  サウジアラビア
Tony Driver Ascanio Petrini   イタリア
  メキシコ
非コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Bombay Rose ギタンジャリ・ラオ英語版   インド
  イギリス
  フランス
Sanctorum ジョシュア・ギル英語版   メキシコ
  ドミニカ共和国
  カタール

ヴェニス・デイズ編集

第16回ヴェニス・デイズには以下の作品が選ばれた[16]

公式セレクション
日本語題 原題 監督 製作国
5 è il numero perfetto Igort   イタリア
  ベルギー
  フランス
Un divan à Tunis Manele Labidi Labbé   チュニジア
  フランス
Barn Dag Johan Haugerud   ノルウェー
  スウェーデン
Un monde plus grand Fabienne Berthaud   フランス
  ベルギー
聖なる犯罪者 Corpus Christi ヤン・コマサ英語版   ポーランド
  フランス
Lingua Franca Isabel Sandoval   アメリカ合衆国
  フィリピン
ບໍ່ມີວັນຈາກ マッティ・ドゥ英語版   ラオス
You Will Die at 20 Amjad Abu Alala   スーダン
  フランス
  エジプト
  ドイツ
  ノルウェー
ある船頭の話 オダギリジョー   日本
ラ・ヨローナ 〜彷徨う女〜英語版 La Llorona ハイロ・ブスタマンテ英語版   グアテマラ
  フランス
非コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Les chevaux voyageurs バルタバス英語版   フランス
スペシャル・イベント
日本語題 原題 監督 製作国
Burning Cane フィリップ・ヨーマンズ英語版   アメリカ合衆国
House of Cardin P・デイビット・エバーソール英語版
Todd Hughes
  アメリカ合衆国
Mondo Sexy Mario Sesti   イタリア
Mio fratello rincorre i dinosauri Stefano Cipani   イタリア
  スペイン
Il prigioniero Federico Olivetti   イタリア
Scherza con i fanti ジャンフランコ・パノーン英語版   イタリア
Miu Miu Women's Tales
日本語題 原題 監督 製作国
#17 Shako Mako ヘイリー・ゲイツ英語版   イタリア
  アメリカ合衆国
#18 Brigitte リン・ラムジー   イタリア
  イギリス

審査員編集

メインコンペティション[17]
オリゾンティ[17]
ルイジ・デ・ラウレンティス賞[17]
ヴェネツィア ・バーチャル・リアリティ[17]
ヴェネツィア・クラシックス[17]

受賞結果編集

公式部門編集

コンペティション
オリゾンティ
Lion of the Future
  • ルイジ・ディ・ラウエンティス第1回作品賞 - 『You Will Die at 20』 - Amjad Abu Alala
ヴェネツィア・クラシック賞
特別賞

独立部門編集

ヴェニス・デイズ
独立賞

参考文献編集

  1. ^ Venezia 76: ecco la madrina Alessandra Mastronardi” (イタリア語). La Repubblica (2019年8月27日). 2019年8月27日閲覧。
  2. ^ Regulations of the 76th International Film Festival”. labiennale.org. 2019年1月21日閲覧。
  3. ^ a b Wiseman, Andreas (2019年6月24日). “Venice Film Festival Appoints ‘Zama’ Director Lucrecia Martel As Jury President”. Deadline Hollywood. 2019年6月24日閲覧。
  4. ^ a b Vivarelli, Nick (2019年7月18日). “Hirokazu Kore-eda’s ‘The Truth’ With Catherine Deneuve, Juliette Binoche to Open Venice Film Festival”. Variety. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ a b c Vivarelli, Nick (2019年7月25日). “Joker,’ ‘Ad Astra,’ ‘The Laundromat,’ ‘Marriage Story’ to Compete in Venice”. Variety. 2019年7月25日閲覧。
  6. ^ Venezia 76 Competition”. labiennale.org (2019年7月25日). 2019年7月25日閲覧。
  7. ^ Vivarelli, Nick (2019年7月22日). “‘The Burnt Orange Heresy,’ With Mick Jagger and Donald Sutherland, to Close Venice”. Variety. 2019年7月22日閲覧。
  8. ^ Out of Competition”. labiennale.org (2019年7月25日). 2019年7月25日閲覧。
  9. ^ Orizzonti”. labiennale.org (2019年7月25日). 2019年7月28日閲覧。
  10. ^ Pre-opening event of the 76th Festival on Tuesday 27 August”. labiennale.org (2019年7月11日). 2019年7月22日閲覧。
  11. ^ Barraclough, Leo (2019年7月24日). “Venice Classics Includes Films By Martin Scorsese, Dennis Hopper, David Cronenberg”. Variety. 2019年7月24日閲覧。
  12. ^ Venice Classics”. labiennale.org (2019年7月25日). 2019年7月28日閲覧。
  13. ^ Sconfini”. labiennale.org (2019年7月25日). 2019年7月28日閲覧。
  14. ^ Vivarelli, Nick (2019年8月7日). “Venice Adds Nate Parker’s ‘American Skin’ to Lineup”. Variety. 2019年8月7日閲覧。
  15. ^ Vivarelli, Nick (2019年7月19日). “Billie Piper’s Directorial Debut, ‘Rare Beasts,’ to Bow in Venice Critics’ Week”. Variety. 2019年7月19日閲覧。
  16. ^ Vivarelli, Nick (2019年7月23日). “Transgender Immigrant Pic ‘Lingua Franca,’ Thriller ‘Only Beasts’ to Bow at Venice Days”. Variety. 2019年7月23日閲覧。
  17. ^ a b c d e Le giurie internazionali della Biennale Cinema 2019” [The international juries of the 2019 Cinema Biennale] (イタリア語) (2019年8月24日). 2019年8月25日閲覧。