メインメニューを開く

第79回選抜高等学校野球大会

第79回選抜高等学校野球大会(だい79かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2007年3月23日から4月3日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第79回選抜高等学校野球大会
試合日程 2007年3月23日 - 4月3日
出場校 32校
優勝校 常葉菊川静岡、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 猪飼美穂子(愛知光ヶ丘女子高校卒業)
三浦友里(青森弘前高校3年)
入場行進曲宙船(そらふね)」(TOKIO
国歌独唱 深瀬廉(山形山形東高校卒業)
選手宣誓 飯窪宏太(千葉千葉経大付
始球式 遠藤利明文部科学副大臣
閉会式司会 三浦友里(青森・弘前高校3年)
総入場者数 約415,000人(1試合平均13,387人)
最高入場者数/1日 47,000人
大会本塁打 10本塁打
 < 20062008 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

この大会より出場選手が全員平成生まれとなっている。

概要編集

2007年の公認野球規則の改正に伴い、この大会より高校野球の公式戦で初めて、本塁周辺にダートサークルのラインが引かれた(ルールの詳細は振り逃げの項を参照)。また、従来の高反発球の使用を廃止し、いわゆる「飛ばないボール」が採用された。

出場枠編集

  • 一般枠
    秋季地区大会の上位校から実力優先で選ばれる。各地区の出場枠は次のとおり。北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5、九州4
  • 21世紀枠
    新鮮なチームを出場させることにより、選抜高等学校野球大会の活性化を目指したもの。選考基準は次のとおり。
    1. 秋季都道府県大会ベスト8以内。
    2. 過疎地で部員が少なかったり十分な練習環境を得られないといったハンディや災害などを克服したチーム。
    3. 他の生徒や学校の模範となり地域や他校にいい影響を与えたチーム。
    4. 過去30年間に選抜大会または選手権大会に出場したことがないチーム。もしくは30年以上両大会に出場がないチーム。
  • 神宮大会枠(明治神宮野球大会枠)
    明治神宮大会は秋の各地区大会で優勝した10校が集まって、11月中旬に神宮球場、神宮第2球場でトーナメントで秋の日本一を決める大会で、優勝したチームの地区に一般枠を1校増やすもの。
  • 希望枠
    神宮大会優勝地区以外の一般枠選考で補欠校に選ばれた各地区9校から守備力を重視した1校が選出される。選考方法は、秋季大会での最終戦からさかのぼった各チームの5試合のデータを比較する。「失点」や「被塁打」などが少ない1校を選出する。
  • 「一般選考枠」と「希望枠」での同一都道府県からの3校選出は避ける。「21世紀枠」を含めての同一都道府県の3校選出はあり得る。

選出校編集

地区 選出校 出場回数
北海道 旭川南 北海道 初出場
東北 仙台育英 宮城 6年ぶり9回目
聖光学院 福島 初出場
関東 佐野日大 栃木 13年ぶり3回目
桐生第一 群馬 3年ぶり3回目
千葉経大付 千葉 初出場
成田 千葉 2年連続2回目
日大藤沢 神奈川 9年ぶり3回目
東京 帝京 東京 11年ぶり13回目
東海 常葉菊川 静岡 3年ぶり2回目
中京 岐阜 4年ぶり5回目
北信越 日本文理 新潟 2年連続2回目
創造学園大付 長野 初出場
近畿 北大津 滋賀 2年連続2回目
大阪桐蔭 大阪 3年ぶり3回目
北陽 大阪 13年ぶり8回目
報徳学園 兵庫 3年ぶり16回目
市川 兵庫 初出場
県和歌山商 和歌山 70年ぶり3回目
地区 選出校 出場回数
中国 関西 岡山 3年連続9回目
広陵 広島 3年ぶり21回目
宇部商 山口 2年ぶり7回目
四国 今治西 愛媛 7年ぶり9回目
高知 高知 6年ぶり14回目
室戸 高知 初出場
九州 大牟田 福岡 初出場
小城 佐賀 初出場
熊本工 熊本 3年ぶり20回目
鹿児島商 鹿児島 21年ぶり12回目
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
関東 都留 山梨 初出場
九州 都城泉ヶ丘 宮崎 初出場
希望枠
地区 選出校 出場回数
東海 大垣日大 岐阜 初出場

試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月23日(1)            
 佐野日大 7
3月28日(2)
 大牟田 0  
 佐野日大 8
3月23日(2)
   大阪桐蔭 11  
 大阪桐蔭 7
3月31日(1)
 日本文理 0  
 大阪桐蔭 1
3月23日(3)
   常葉菊川 2  
 常葉菊川 2
3月28日(3)
 仙台育英 1  
 常葉菊川 10
3月24日(1)
   今治西 0  
 今治西 3
4月2日(1)
 都留 2  
 常葉菊川 6
3月24日(2)
   熊本工 4
 県和歌山商 4
3月29日(1):延長12回
 熊本工 6  
 熊本工 6
3月25日(1)
   千葉経大付 3  
 中京 4
3月31日(2)
 千葉経大付 5  
 熊本工 5
3月25日(2)
   室戸 3  
 報徳学園 1
3月29日(2)
 室戸 2  
 室戸 4
3月25日(3)
   宇部商 1  
 宇部商 4x
 日大藤沢 3  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(4)            
 帝京 9
3月29日(3)
 小城 1  
 帝京 12
3月26日(1)
   市川 4  
 聖光学院 2
4月1日(1)
 市川 4  
 帝京 7
3月26日(2):延長12回
   広陵 1  
 広陵 2
3月30日(1)
 成田 1  
 広陵 5
3月26日(3)
   北陽 3  
 北陽 1
4月2日(2)
 鹿児島商 0  
 帝京 4
3月27日(1)
   大垣日大 5
 旭川南 0
3月30日(2)
 創造学園大付 1  
 創造学園大付 0
3月27日(2)
   関西 12  
 関西 4
4月1日(2)
 高知 2  
 関西 1
3月27日(3)
   大垣日大 9  
 都城泉ヶ丘 2
3月30日(3)
 桐生第一 0  
 都城泉ヶ丘 1
3月28日(1)
   大垣日大 4  
 北大津 4
 大垣日大 7  

決勝編集

4月3日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大垣日大 2 2 0 0 0 1 0 0 0 5 13 3
常葉菊川 1 1 1 0 0 0 1 2 X 6 11 0
  1. (大) : 森田 - 箕浦
  2. (常) : 戸狩、田中 - 石岡
  3. 審判:球審…桂、塁審…浜田・林・新阜
  4. 試合時間:2時間9分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:大島寛之(千葉経大付)
  • 第2号:古谷真紘(日大藤沢)
  • 第3号:林裕行(宇部商)
  • 第4号:八木賢吾(市川)
2回戦
  • 第5号:中田翔(大阪桐蔭)
  • 第6号:中田翔 (大阪桐蔭)
準々決勝
  • 第7号:中村晃(帝京)
  • 第8号:杉谷翔貴(帝京)
決勝
  • 第9号:町田友潤(常葉菊川)
  • 第10号:中川雅也(常葉菊川)

表彰編集

  • 優勝校には主催社である毎日新聞社社長から優勝旗、優勝杯(優勝カップ)、優勝メダルが授与される。
  • 敗れた準優勝校にも同じく毎日新聞社社長から準優勝旗、準優勝メダルが授与される。
  • 参加校には参加章が授与される。
  • 一般選考、21世紀枠、希望枠、明治神宮野球大会枠ですべての選考から漏れたとしても、「補欠校」として毎日新聞社から記念ボールが贈呈される。
  • 出場校には後日、選抜旗が贈られる。
  • 選抜大会出場校での人文字(航空写真)撮影後、毎日新聞社のヘリコプターから毎日新聞社社長のメッセージ、記念ボールなど記念品などがヘリコプターから投下される。
  • 3月に毎日新聞大阪本社で行われる選抜高等学校野球大会の組み合わせ抽選会の全試合の抽選終了後、出場32校の主将による選手宣誓の抽選で「選手宣誓」と書かれたくじを引いた主将には主催者の毎日新聞から記念品が贈られる。

エピソード編集

  • 1978年の選抜大会で優勝した浜松商の主将だった森下知幸が常葉菊川を率いて優勝し、史上13人目の選手・監督両方での優勝経験者となった。
  • 大阪桐蔭が1回戦で新潟の日本文理に勝利したことにより、大阪代表は春夏の大会で自県含む全都道府県と旧外地から勝利を記録した第1号となった。旧外地と自県を含まない場合は、この4年前の春に達成した広島が第1号となる。
  • ジャニーズ事務所所属グループによる入場行進曲は、2019年に2度目の起用となった『世界に一つだけの花』(SMAP)まで途絶えることに。

関連項目編集

外部リンク編集