第8回日本選手権水泳競技大会

第8回日本選手権水泳競技大会(だい8かいにほんせんしゅけんすいえいきょうぎたいかい)は、1932年(昭和7年)9月30日から10月22日まで3日間の日程で明治神宮水泳場を会場に開催された[1]。主催は日本水上競技連盟

概要編集

1932年ロサンゼルスオリンピックの後に開催されたため、男子オリンピック代表選手のほとんどが疲労の影響で棄権した[2]

大会結果編集

男子編集

種目
自由形
100m 新井茂雄
静浦
1分01秒6 志村義久
稲泳会
1分02秒2 梅田利兵衛
高師
1分03秒2
200m 新間六炳
静中
2分16秒4 新井茂雄
静浦
2分18秒8 富樫誠助
鶴岡工
2分19秒4
400m 新間六炳
静中
4分56秒4 石原田愿
明治大学
4分57秒0 米山弘
稲泳会
4分59秒4
1500m 北村久寿雄
高知商業
20分02秒2 横山清一
高知商業
20分27秒4 知念繁雄
佐世保
20分42秒8
背泳ぎ
100m 清川正二
名古屋
1分10秒8
日本新
大野大蔵
商船
1分18秒0 竹内八郎
法政大学
1分29秒4
200m 清川正二
名古屋
2分36秒6
日本新
武村清
明治大学
2分46秒2 上野大蔵
商船
2分47秒6


平泳ぎ
100m 小池禮三
沼商
1分16秒0 奥藤修
明治大学
1分18秒0 高畑秋介
東京大学
1分21秒8
200m 小池禮三
沼商
2分49秒6 高畑秋介
甲陽
2分58秒0 北村肇造
浜一中
3分06秒6

女子編集

種目
自由形
100m 小島一枝
椙山
1分15秒4 渡部こまつ
淑徳
1分18秒6 松澤初穂
女子体
1分18秒8
200m 小島一枝
椙山
2分49秒4
日本新
守岡初子
茨木
2分55秒0 渡部こまつ
淑徳
3分02秒6
400m 守岡初子
茨木
6分10秒0 古閑久子
熊本中央
6分45秒4 鈴木里子
京都武徳会
6分51秒4
背泳ぎ
100m 横田みさを
京都武徳会
1分29秒4 高野菊枝
淑徳
1分32秒4
平泳ぎ
200m 前畑秀子
椙山女専
3分09秒6
日本新
久原きく子
京都武徳会
3分29秒2 成瀬キヌエ
田丸
3分43秒8

参考文献編集

  • 日本水泳連盟 『水連四十年史』 1969年、107-108頁

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集