メインメニューを開く

第8機械化歩兵師団(だい8きかいかほへいしだん、朝鮮語: 제8기계화보병사단、第八機械化步兵師團)は大韓民国陸軍の機械化歩兵師団の1つ。

第8機械化歩兵師団
8th Infantry Division (South Korea).png
創設 1949年6月20日
所属政体 Flag of South Korea.svg大韓民国
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
部隊編制単位 師団
兵科 機械化歩兵
愛称 だるま(오뚜기
標語 不轉常立百戰百勝
上級単位 第5軍団
主な戦歴 朝鮮戦争
テンプレートを表示

歴史編集

第8機械化歩兵師団の始まりは1949年6月に江陵で編成された第8師団であった。隷下に第10連隊、第21連隊があり、38度線に配備された他の師団と違い、2個連隊編成であった。同年9月から太白山脈に浸透した北朝鮮遊撃隊を掃討した。

1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発し、第8師団の正面には北朝鮮第5師団が侵攻し、東海岸には第766連隊と第549陸戦隊が上陸して退路を断たれる形となった。

1950年6月29日、陸軍本部の後退命令を受けて秩序よく後退し、堤川に集結した。丹陽で第8師団を5日間阻止して7月11日に竹嶺に後退した。竹嶺-豊基-栄州で抵抗しながら後退し、17日まで栄州を確保した。

1950年7月下旬、第8師団に16連隊が編入され3個連隊編成となり第1軍団に配属される。

1950年8月初旬、安東撤収作戦で大損害を受ける。洛東江を渡河後、義城方面の守備に就くが北朝鮮第8師団の攻勢で後退する。陸軍本部の命令で永川方面に後退して首都師団の担当正面を肩代わりした。

1950年9月、第15師団の攻勢で永川を失陥した。ここで第8師団は第2軍団に配属され、数個連隊の増援を受けて第15師団を撃破した(永川の戦い)。9月15日の仁川上陸作戦を発端に反抗作戦が開始され第8師団も北進に参加する。

1950年10月、中共軍の第1次攻勢で院里まで押される。さらに11月の中共軍の第2次攻勢で壊走した。第2軍団は崩壊し、西部の韓国軍師団で建制を保っていたのは第1師団だけであった。

1951年1月、中共軍の正月攻勢で第2軍団が解体されるとアメリカ第10軍団に配属される。

1951年2月、ラウンドアップ作戦により横城まで北上中に中共軍の2月攻勢を受けて大損害を被る。この戦闘で第8師団の残存兵力は、将校263名、兵士3000余名に過ぎず、この中の半数以上は師団の勤務要員であった[1]。将兵の死亡または行方不明は7142名であり、そのうち将校は323名で、この中には第10連隊の連隊長(權泰順大領)とすべての参謀、第16連隊副連隊長、7名の大隊長と30名の中隊長が含まれていた[1]。装備は、砲14門、対戦車砲5門、トラック68両、無線機249機、迫撃砲87門、ロケット砲137門、機関銃164挺、自動火器102挺、カービン銃2389挺、小銃4096挺であった[1]。第8師団は大邱で再編成される。

1951年4月、湖南方面でゲリラ討伐に当たる。討伐後は再び第10軍団に配属された。

1951年12月、白野戦戦闘司令部に編入され智異山の南部軍討伐に参加。討伐を終えると第10軍団に編入されパンチボール北側のアメリカ第1海兵師団と交代した。

1953年、第2軍団に編入され金城正面の首都師団と交代した。

1997年6月20日、永川市と姉妹提携を結んだ[2]

編制編集

  • 第10機械化歩兵旅団(旧第10連隊)
    • 第139機械化歩兵大隊(旧2大隊)
    • 第81戦車大隊(旧直轄戦車大隊)
    • 第83戦車大隊(旧3大隊)
  • 第16機械化歩兵旅団(旧第16連隊)
    • 第136機械化歩兵大隊(旧1大隊)
    • 第137機械化歩兵大隊(旧2大隊)
    • 第19戦車大隊(旧首都防衛司令部隷下部隊)
  • 第21機械化歩兵旅団(旧第21連隊)
    • 第135機械化歩兵大隊(旧1大隊)
    • 第138機械化歩兵大隊(旧3大隊)
    • 第82戦車大隊(旧2大隊)
  • 砲兵旅団
    • 第50砲兵大隊(全軍最初の創設6個砲兵台のうち一箇所)
    • 第73砲兵大隊
    • 第75砲兵大隊
    • 第95砲兵大隊(第8026部隊)
  • 直轄隊
    • 偵察隊(捜索隊より変更)
    • 本部勤務隊
    • 情報通信大隊
    • 装甲捜索大隊(捜索隊より再編)
    • 義務勤務大
    • 整備大隊
    • 普及輸送大隊
    • 憲兵隊
    • 工兵隊の
    • 化学兵器支援隊
    • 防空大隊
    • 新兵教育隊(10連隊1大隊より直轄隊に変更)

師団長編集

氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
漢字/片仮名表記 原語表記
1 李亨根 이형근 1949.6.20 - 1950.6.10 日本陸士56期 駐米武官 第2師団長
2 李成佳 이성가 1950.6.10 - 1950.8.4 南京陸軍軍校
軍英1期
太白山地区戦闘司令官 第1軍団参謀長
3 崔徳新 이성가 1950.8.4 - 1950.8.24 中央軍校10期 第1軍団参謀長 第11師団長
4 李成佳 이성가 1950.8.24 - 1950.12 南京陸軍軍校
軍英1期
浦項地区戦闘司令官 第9師団長
5 崔栄喜 최영희 1950.12 - 1952.4 軍英1期 第1師団副師団長 国防部長官補佐官
兼政訓局長
6 李炯錫 이경석 1952.4 - 5 陸士45期 第2軍団参謀長 第27師団長
7 金益烈 김익렬 1952.5 - 1953.5 予備士
軍英1期
第11師団副師団長 第7師団長
8 宋堯讃 송요찬 1953.5[3] 朝鮮日本兵2期 首都師団長 第3軍団長
11 李致業 이치업 1955[4] 軍英1期 陸軍本部輸送監 第27師団長
12 朴始昌 박시창 1955? - 1956? 黄埔5期
警士3期
第3師団長代理 第1軍団副軍団長
13 安椿生 안춘생 1956.7 - 1957 中央軍校10期 教育総監部副総長 第2軍副司令官
14 姜泰敏 강태민 1957 - 1959? 同徳台3期 第3軍団副軍団長 軍捜査副司令官
15 金貞武[5] 김정무 1959? - ? 陸士2期 准将
16 鄭剛 정강 ? - 1961.11[6] 警士2期 予備役 准将
17 崔周鍾 최주종 1961.11 - 1964 同徳台3期
軍英1期
31師団長 第5管区司令官
18 鄭寅晥 정인완 1964[7] - 1965 陸士7期 第30師団長 国防大学院附[8]
19 張庚石 장경석 1965 警士5期 陸大副総長 予備役 准将
反革命容疑で更迭
20 楊鳳稙 양봉직 1966.7[9] - 1968? 警士6期 准将
21 ? ? 1968 - 1969
22 陳鐘埰 진종채 1969[10] - 1972? 陸士8期 情報司令官
23 朴魯栄朝鮮語版 박노영 1972[11] - 1974 予現2次 駐越韓国軍司令部参謀長
24 金炳胤 김병윤 1974[12] 陸士9期
25 柳根桓朝鮮語版 류근환 1976? - 甲種2期 情報司令官朝鮮語版
28 崔甲錫 최갑석 1978.10 - 1980.1 現地任官 元虎管理団長 陸本監察官直[13]
29 柳俊馨[14] 류준형 1980.1 - 1981.7.13 ? 国連軍事停戦委員会韓国代表 陸軍第2副軍団長[15]
30 鄭東鎬 정동호 1981.7.13 - 1983[16] 陸士13期 大統領警護室長 第5軍団長 ハナフェ
31 文英一 문영일 1983 - 陸士14期 ハナフェ
32 金道洙 김도수 - 1986 陸士14期
33 李鎮百 이진백 1986 - 1988[17] 甲種153期 空輸旅団長 情報司令官
34 ? 1988 -
35 張昶珪 장창규 - 陸士21期 101連隊長
36 鄭永武 정영무 - 1993.10 陸士22期 5空輸旅団長[18] 3軍参謀長
37 呉南泳 오남영 1993.10[19] - 1995.4 陸士24期 陸軍本部管理参謀部長
38 鄭重民 정중민 1995.4 - 1997.4[20] 陸士25期
39 金弼洙 김필수 1997.4 - 陸士26期 韓米連合司企画参謀部次長 首防副司令官[21]
40 韓哲鏞 한철용 1997 - 1998 陸士26期 陸軍本部情報処長 国情院国防補佐官
41 金善奎 김선규 1998 - 陸士28期 国防部政策企画局長[22]
42 ? - 2003.4
43 金永厚朝鮮語版 김영후 2003.4[23] - 2005 陸士31期 陸軍本部軍需企画処長 陸軍本部軍需参謀部長
44 チェ・ペクジン 최북진 2005 - 2007.5.3 陸士32期 陸大総長
45 金光栄 김광영 2007.5.3[24] - 2009.4.27 陸士34期 合同参謀本部戦力企画次長 陸軍本部戦力企画参謀部長[25]
46 金有根 김갑수 2009.4.27 - 2011.4.29 陸士36期 陸本戦力企画処長 合参企画本部長
47 趙顯千 조현천 2011.4.29 - 2013.4.26 陸士38期 陸本人事企画処長 学生軍事学校長朝鮮語版 アルジャフェ
48 チェガル・ヨンジュン 제갈용준 2013.4.26 - 2014.10.17 陸士37期 3軍管理処長
49 キム・カプス 김갑수 2014.10.17 - 陸士42期
50 パン・チュンクァン 방종관 2016.10.25[26] - 陸士44期

脚注編集

  1. ^ a b c 韓国国防軍史研究所 編著『韓国戦争第4巻 国連軍の再反攻と共産軍の春季攻勢』翻訳・編集委員会訳、かや書房、2004年、46頁。
  2. ^ “国立永川護国院で第59周年永川大捷記念行事開催(국립영천호국원에서 제59주년 영천대첩기념행사 개최)”. 永川市民新聞. (2009年9月17日). http://ysmnews.net/default/index_view_page.php?board_data=aWR4JTNENDU0NA==%7C%7C&search_items=cGFydF9pZHglM0QyMTc=%7C%7C 2016年6月11日閲覧。 
  3. ^ “(393)” (朝鮮語). 中央日報. (1972年11月15日). http://news.joins.com/article/1334699 2018年7月12日閲覧。 
  4. ^ 李致業” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  5. ^ “6・25戦争「永川大捷碑」起工...来年8月に完工(6·25전쟁 '영천대첩비 '기공… 내년 8월 완공)”. 東亜日報. (2000年11月12日). http://news.donga.com/View?gid=7602894&date=20001102 2016年6月8日閲覧。 
  6. ^ “[オピニオン]ギムウンス回顧録 ー 第2の人生を歩んできた 5.16(14)([오피니언] 김웅수 회고록ー제2 인생을 걷게 한 5.16 (14))”. 米州韓国日報. (2008年3月13日). http://www.koreatimes.com/article/438290 2016年6月8日閲覧。 
  7. ^ 鄭寅晥” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  8. ^ “首都師団長に柳炳賢准将、艦隊司令官に張志洙少将”. 中央日報. (1966年7月20日). http://www.joins.com/V2/?mseq=11&pseq=11174&jseq=69259 2016年7月27日閲覧。 
  9. ^ 楊鳳稙” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  10. ^ 陳鐘埰” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  11. ^ 朴魯榮” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  12. ^ 金炳胤” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  13. ^ “「強い訓練が軍内事故防止の道」国軍史の生き証人・崔甲錫将軍ヒューマンストーリー出版("강한 훈련이 군내 사고 예방의 길" 국군史의 산증인 최갑석 장군 휴먼스토리 출간)”. コナスネット. (2005年7月9日). http://konas.net/article/article.asp?idx=6989 2016年6月8日閲覧。 
  14. ^ “咸鏡知事に柳俊馨氏(함남지사에 유준형씨)”. 中央日報. (1997年9月27日). http://news.joins.com/article/3524512 2016年6月8日閲覧。 
  15. ^ 柳俊馨” (韓国語). 韓国人物情報・ビジョンコリア. 2017年8月20日閲覧。
  16. ^ 鄭東鎬” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2016年1月1日閲覧。
  17. ^ “「呉部長テロ」誰が指揮したのか|調査された将星と下士官たち(「오 부장 테러」 누가 지휘했나”. 中央日報. (1988年8月29日). http://news.joins.com/article/2270591 2016年6月8日閲覧。 
  18. ^ “国防改革委員長 鄭永武さん(국방개혁위원장 정영무씨)”. ソウル新聞. (2002年1月22日). http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20020122014009 2016年6月8日閲覧。 
  19. ^ “3軍中少将​​級32人進級。補職人事(総合)(3軍 中.소장(少將)급 32명 진급.보직인사(종합))”. 聯合ニュース. (1999年10月18日). http://ruliweb.daum.net/news/view/MD19931018153400842.daum 2016年6月8日閲覧。 
  20. ^ 정중민 사단장님. - 8사단(오뚜기부대) 갤러리
  21. ^ “[キム・ピルス機務司令官プロフィール]機務司キャリアない意外な抜擢([김필수 기무사령관 프로필] 기무사 경력없어 의외의 발탁)”. 中央日報. (1999年10月27日). http://news.joins.com/article/3832062 2016年6月8日閲覧。 
  22. ^ “[カバー・革新士官学校]「富強な韓国導く人材の産室になるはず」革新士官学校金善奎院長([커버 · 혁신사관학교] "부강한 한국 이끌 인재의 산실 될 터"혁신사관학교 김선규 원장)”. デイリー韓国. (2006年12月18日). http://daily.hankooki.com/lpage/cover/200612/wk2006121815014982190.htm 2016年6月8日閲覧。 
  23. ^ “現役軍人初の「赤十字大将」受け(현역 군인 첫 ‘적십자대장’ 받아)”. 京畿日報. (2008年10月23日). http://www.kyeonggi.com/news/articleView.html?idxno=308499 2016年6月8日閲覧。 
  24. ^ “陸軍8師団長金光栄少将就任(육군8사단장 김광영 소장 취임)”. KBN. (2007年5月3日). http://kbn-tv.co.kr/read.php3?no=197769&read_temp=20070503&section=15 2016年6月8日閲覧。 
  25. ^ メンバーの詳細” (韓国語). KIM & LEE LLC. 2016年6月1日閲覧。
  26. ^ “陸軍8師団第49・50代師団長、離・就任式行う(육군 8사단 제49·50대 사단장 이·취임식 가져)”. 抱川新聞. (2010年10月26日). http://www.kyeonggi.com/news/articleView.html?idxno=308499 2017年8月20日閲覧。 

参考文献編集

  • 白善燁『若き将軍の朝鮮戦争』草思社、2000年。ISBN 4-7942-0974-6
  • 田中恒夫『朝鮮戦争 多富洞の戦い』かや書房、1998年。ISBN 4-9061-2434-8
  • 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上・中・下巻』原書房、1979年。

関連項目編集