メインメニューを開く

第8軍 (ドイツ軍)Deutsche 8. Armee)は第一次世界大戦第二次世界大戦時のドイツ軍の部隊である。

目次

第一次世界大戦編集

第8軍
創設 1913年
廃止 1918年
所属政体   ドイツ帝国
所属組織 ドイツ帝国
部隊編制単位
担当地域 東部戦線
主な戦歴 東部戦線
テンプレートを表示

第一次世界大戦において第8軍はロシア帝国軍の攻撃(XIX計画)を防衛するために東プロイセンに配置された。グンビンネンの戦いの後、第8軍司令官マクシミリアン・フォン・プリットヴィッツ上級大将は退却を命じた。

この退却により、プリットヴィッツは解任され、後任に予備役であったパウル・フォン・ヒンデンブルクが復帰、参謀長にエーリヒ・ルーデンドルフが着任した。ヒンデンブルクの元、第8軍はタンネンベルクの戦い、マズルク湖(Masurian Lakes)の戦いに参加した。

司令官編集

着任 離任 階級(当時) 氏名
1913年 1914年 元帥 マクシミリアン・フォン・ プリットヴィッツ(Maximilian von Prittwitz)
1914年 1914年 元帥 パウル・フォン・ヒンデンブルク
1914年 1916年 大将 フリッツ・フォン・ベロウ(Fritz von Below)
1918年 1918年 大将 ヒューゴ・フォン・カッセン(Hugo von Kathen)

第二次世界大戦編集

第8軍
創設 1939年8月1日
廃止 1945年5月8日
所属政体   ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 ポーランド、東部戦線
主な戦歴 ポーランド侵攻東部戦線
テンプレートを表示

1939年8月1日、ヨハネス・ブラスコヴィッツ歩兵大将を司令官として、第8軍は編成されたその後、東部戦線で復活するまで、第8軍はフランス侵攻の為に、第2軍に再編成された。

第8軍は降伏時、ハンガリーオーストリアで防衛戦を行っていた。

司令官編集

着任 離任 階級(当時) 氏名
1939年8月1日 1939年10月20日 歩兵大将 ヨハネス・ブラスコヴィッツ
1943年8月22日 1944年12月27日 歩兵大将 オットー・ヴェーラー
1944年12月28日 1945年5月8日 山岳兵大将 ハンス・クライジング
(Hans Kreysing)