メインメニューを開く

第84戦闘飛行隊(だい84せんとうひこうたい Fighter Squadron Eighty Four)はアメリカ海軍の戦闘飛行隊。ニックネームはジョリーロジャース(「海賊旗(ジョリーロジャー)」項目参照)。VF-84と表記されることが多い。映画『ファイナル・カウントダウン』に登場したため、スカル&クロスボーンと呼ばれる特徴的なマーキングとともに知名度が高い飛行隊である。1995年10月1日に解隊。

第84戦闘飛行隊
VF-84のF-14
VF-84のF-14
創設 1955年7月1日
国籍 アメリカ
軍種 海軍
任務 対戦闘機
基地 オシアナ海軍航空基地
ニックネーム ジョリーロジャース
作戦機 FJ-3 (退役済)
F-8 (退役済)
F-4 (退役済)
F-14 (退役済)
主な戦歴 ベトナム戦争
湾岸戦争
VF-84がTARPSで撮影した写真

隊史編集

第84戦闘飛行隊(以下VF-84)は1955年7月1日にオシアナ海軍航空基地英語版FJ-3装備の飛行隊として創設された。当初はVagabonds(放浪者)というニックネームであったが、1959年4月15日にVF-61ジョリーロジャースが解隊されたため、そのニックネームとスカル&クロスボーンのマーキングを引き継ぎ、VF-84ジョリーロジャースが誕生した。当時の使用機種はF-8クルセイダーであったが、1964年F-4に機種変更し、翌年にベトナム戦争に参加、トンキン湾上の空母インディペンデンスから作戦を行った。その後、1976年F-14に機種変更し、翌年12月からVF-41とともにCVW-8として空母ニミッツ艦上に展開した。

1980年にはニミッツとともに映画『ファイナル・カウントダウン』に出演し、一躍有名となる。翌1981年からはTARPSの運用を開始し、これ以降は偵察任務もこなすようになる。

1988年にはニミッツが大西洋艦隊から太平洋艦隊に転属したため、母艦を「セオドア・ルーズベルト」に変更した。また、1991年湾岸戦争時にはVF-84はペルシャ湾に展開、艦隊上空の戦闘空中哨戒や攻撃隊の護衛、TARPSを使用した爆撃効果判定に従事した。

その後、冷戦終結後の海軍部隊削減計画の一環として1995年10月1日にVF-84は解隊された。削減の対象となったのは主にTARPS非装備の飛行隊であり、本来ならばVF-41が解隊されるはずだったが、当時の大西洋艦隊航空団司令がVF-41出身だったためにVF-84が解隊される事になったという。

解隊後、ジョリーロジャースのニックネームとスカル&クロスボーンのマーキングはVF-103に引き継がれた。

登場作品編集

エグゼクティブ・デシジョン』(1996年・アメリカ作品)
劇中にて、テロリストハイジャックされたジャンボジェット機をインターセプトする、アメリカ海軍のF-14戦闘機部隊として登場。当時のVF-84飛行隊長が、隊長機の後部座席に実際に搭乗している。
ファイナル・カウントダウン
第二次世界大戦時にタイムスリップしてしまう、ニミッツ級航空母艦「ニミッツ」に配属されている部隊としてそのまま出演している。
レッド・ストーム作戦発動

関連項目編集