メインメニューを開く

第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会

第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、2007年12月27日2008年1月7日まで花園ラグビー場にて行われた全国高校ラグビー選手権である。平成19年度全国高等学校総合体育大会として開催された。

目次

概要編集

今大会では、大会キャラクターとして鹿谷弥生ミスマガ2007 グランプリ)が起用された。また今大会から尾道が現在に至るまで連続出場を続けている。(2014年現在)

日程編集

※準々決勝組み合わせ抽選会以降は第1グラウンド(所謂、花園ラグビー場)で行われる

出場校編集

※シード校については、校名の後ろに(A)(B)と記載。

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄


※改組中につき、新旧高校の合同チームとして出場

試合時間編集

※全試合30分ハーフで行う。同点で終了した場合は1.トライ数2.ゴール数3.抽選の順にて次回出場校を決める。

試合編集

1回戦編集

12月27日
  • 西陵(愛知)41-7玉龍(鹿児島)
  • 長崎北陽台(長崎)43-7東海大翔洋(静岡)
  • 八幡工(滋賀)33-12岡谷工(長野)
  • 大阪朝高(大阪第二地区)19-14新潟工(新潟)
  • 平工(福島)60-0和歌山工(和歌山)
  • 東農大二(群馬)22-0名護(沖縄)
  • 尾道(広島)36-0関商工(岐阜)
  • 四日市農芸(三重)44-12関西(岡山)
12月28日 
  • 日本航空二(石川)34-8城東(徳島)
  • 国学院栃木(栃木)24-10荒尾(熊本)
  • 札幌山の手(南北海道)56-5倉吉東(鳥取)
  • 江の川(島根)6-0日川(山梨)
  • 秋田中央(秋田)29-10萩工・萩商工(山口)
  • 北見北斗(北北海道)42-0土佐塾(高知)
  • 高鍋(宮崎)43-7富山工(富山)
  • 青森北(青森)69-3高松北(香川)
  • 若狭(福井)14-10山形中央(山形)
  • 本郷(東京第二地区)44-14北条(愛媛)
  • 正智深谷(埼玉)29-7関西学院(兵庫)

2回戦編集

※太字はシード校

  • 天理(奈良)56-0札幌山の手
  • 伏見工(京都)27-7正智深谷
  • 流経大柏(千葉)56-0江の川
  • 長崎北陽台38-5仙台育英(宮城)
  • 青森北26-10秋田中央
  • 日本航空二26-7若狭
  • 尾道14-12東海大仰星(大阪第一地区)
  • 佐賀工(佐賀)35-8国学院栃木
  • 桐蔭学園(神奈川)90-0北見北斗
  • 盛岡工(岩手)26-7平工
  • 茗渓学園(茨城)26-0本郷
  • 国学院久我山(東京第一地区)10-5四日市農芸
  • 大阪朝鮮高27-7八幡工
  • 大阪工大高(大阪第三地区)60-0高鍋
  • 大分舞鶴(大分)53-0東農大二
  • 東福岡(福岡)65-0西陵
※前年度優勝校の東海大仰星が敗れた、前年度優勝校が初戦敗退したのは99年度大会の啓光学園(12-13長崎南山)以来15校目

3回戦編集

  • 東福岡80-7大阪朝鮮高
  • 桐蔭学園31-5日本航空二
  • 尾道20-14盛岡工
  • 流経大柏30-17大阪工大高
  • 長崎北陽台15-5大分舞鶴
  • 佐賀工10-10茗渓学園 ※抽選
  • 天理25-0国学院久我山
  • 伏見工26-15青森北

準々決勝編集

  • 桐蔭学園19-15流経大柏
  • 長崎北陽台14-10天理
  • 東福岡24-17佐賀工
  • 伏見工26-15尾道

準決勝編集

  • 東福岡29-10桐蔭学園
  • 伏見工17-8長崎北陽台

決勝編集

  • 東福岡12-7伏見工
※東福岡は初優勝。福岡代表としては第47回大会の福岡電波(現福岡工大城東)以来、40大会ぶり。関西勢による本大会の連続優勝記録は10年連続で止まった。

記録編集

関連試合編集

第31回高校東西対抗試合編集

[1] 大会で特に活躍した選手を選抜した上で東西に分かれて行う、いわば高校ラグビー版オールスターゲームである。

東軍監督下村大介、西軍監督梅本勝、2008年1月12日 国立競技場 試合結果西軍 12-12 東軍

主な出場選手

関連項目編集

脚注編集

外部リンク 編集